内湾生態系のモデル化と水質管理手法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 天野, 邦彦 アマノ, クニヒコ

書誌事項

タイトル

内湾生態系のモデル化と水質管理手法に関する研究

著者名

天野, 邦彦

著者別名

アマノ, クニヒコ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第9759号

学位授与年月日

1998-01-23

注記・抄録

博士論文

本文データは平成22年度国立国会図書館の学位論文(博士)のデジタル化実施により作成された画像ファイルを基にpdf変換したものである

新制・論文博士

乙第9759号

論工博第3300号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  4. 第2章 鉛直一次元赤潮発生評価モデル / p6 (0009.jp2)
  5. 2.1 はじめに / p6 (0009.jp2)
  6. 2.2 制御実験系(マイクロコズム)内のChattonella antiqua増殖・集積実験 / p7 (0010.jp2)
  7. 2.3 Chattonella antiqua増殖及び集積過程のモデル化 / p22 (0017.jp2)
  8. 2.4 Chattonella antiqua増殖モデルの検証 / p35 (0024.jp2)
  9. 2.5 まとめ / p43 (0028.jp2)
  10. 第3章 内湾におけるChattonella antiqua赤潮発生ポテンシャルに関する評価 / p48 (0030.jp2)
  11. 3.1 はじめに / p48 (0030.jp2)
  12. 3.2 Chattonella antiquaの日周鉛直移動観測 / p48 (0030.jp2)
  13. 3.3 検証計算結果 / p50 (0031.jp2)
  14. 3.4 C.antiquaの日周鉛直移動限界 / p53 (0033.jp2)
  15. 3.5 C.antiqua生態モデルによる数値実験結果 / p54 (0033.jp2)
  16. 3.6 考察 / p63 (0038.jp2)
  17. 3.7 まとめ / p66 (0039.jp2)
  18. 第4章 種間競合及び種組成遷移に関するモデル化 / p69 (0041.jp2)
  19. 4.1 はじめに / p69 (0041.jp2)
  20. 4.2 植物性プランクトンの種組成遷移 / p70 (0042.jp2)
  21. 4.3 家島沖海洋メゾコズムフィールド実験 / p71 (0042.jp2)
  22. 4.4 種間競合及び種組成遷移のモデル / p79 (0046.jp2)
  23. 4.5 種間競合についての数値実験 / p87 (0050.jp2)
  24. 4.6 まとめ / p88 (0051.jp2)
  25. 第5章 秋期の東京湾奥部における底層の無酸素水塊の湧昇に伴う青潮現象 / p91 (0052.jp2)
  26. 5.1 はじめに / p91 (0052.jp2)
  27. 5.2 東京湾における風による成層破壊と鉛直循環による無酸素水塊の湧昇(青潮現象の発生機構に関する知見) / p92 (0053.jp2)
  28. 5.3 三次元流動モデルによる計算方法 / p93 (0053.jp2)
  29. 5.4 モデルによる再現計算結果 / p101 (0057.jp2)
  30. 5.5 考察 / p127 (0077.jp2)
  31. 5.6 まとめ / p130 (0080.jp2)
  32. 第6章 内湾生態系保全にむけて / p133 (0081.jp2)
  33. 第7章 結論 / p140 (0085.jp2)
  34. 謝辞 / p144 (0087.jp2)
10アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000154127
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001093137
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000318441
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ