体系的量刑論

この論文をさがす

著者

    • 川崎, 一夫 カワサキ, カズオ

書誌事項

タイトル

体系的量刑論

著者名

川崎, 一夫

著者別名

カワサキ, カズオ

学位授与大学

創価大学

取得学位

博士 (法学)

学位授与番号

乙第1号

学位授与年月日

1998-03-18

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0006.jp2)
  2. はしがき / p1 (0004.jp2)
  3. 第一編 刑罰枠 / p1 (0010.jp2)
  4. 第一章 量刑論の発展 / p1 (0010.jp2)
  5. 第一節 概観 / p1 (0010.jp2)
  6. 第二節 判例と量刑論 / p3 (0011.jp2)
  7. 第三節 量刑原則の立法化 / p6 (0013.jp2)
  8. 第四節「量刑学」の展開 / p10 (0015.jp2)
  9. 第二章 量刑過程における立法、司法および行刑の関係 / p16 (0018.jp2)
  10. 第一節 概観 / p16 (0018.jp2)
  11. 第二節「分業的協同作業の原則」に対する違反 / p17 (0018.jp2)
  12. 第三節 量刑と行刑の関係 / p19 (0019.jp2)
  13. 第四節 適正な刑量に到達するための共同責任 / p23 (0021.jp2)
  14. 第三章 量刑の意義 / p28 (0024.jp2)
  15. 第一節 概観 / p28 (0024.jp2)
  16. 第二節 量刑の広狭二義 / p29 (0024.jp2)
  17. 第三節 狭義における量刑と広義における量刑の関係 / p32 (0026.jp2)
  18. 第四章 量刑における三段階 / p35 (0027.jp2)
  19. 第一節 概観 / p35 (0027.jp2)
  20. 第二節 刑罰枠探知段階 / p36 (0028.jp2)
  21. 第三節 責任枠認定段階 / p37 (0028.jp2)
  22. 第四節 予防判断段階 / p38 (0029.jp2)
  23. 第五章 法定刑罰枠の探知 / p40 (0030.jp2)
  24. 第一節 概観 / p40 (0030.jp2)
  25. 第二節 一般的刑罰枠と特別的刑罰枠 / p44 (0032.jp2)
  26. 第三節 西ドイツ刑法典における非列挙的刑罰変更事由 / p47 (0033.jp2)
  27. 第四節 酌量減軽 / p53 (0036.jp2)
  28. 第五節 加減例 / p56 (0038.jp2)
  29. 第六章 西ドイツ刑法典における標準例示 / p64 (0042.jp2)
  30. 第一節 概観 / p64 (0042.jp2)
  31. 第二節 標準例示の法的性格とその取扱 / p66 (0043.jp2)
  32. 第三節 標準例示の役割に対する評価 / p70 (0045.jp2)
  33. 第七章 法効果の誤った適用 / p74 (0047.jp2)
  34. 第一節 概観 / p74 (0047.jp2)
  35. 第二節 規定されていない法効果の適用と適用すべき法効果の看過 / p75 (0047.jp2)
  36. 第三節 誤りに対する取扱 / p79 (0049.jp2)
  37. 第二編 責任枠 / p83 (0051.jp2)
  38. 第一章 量刑過程における責任と予防 / p83 (0051.jp2)
  39. 第一節 概観 / p83 (0051.jp2)
  40. 第二節 責任と予防の関係に関する見解 / p84 (0052.jp2)
  41. 第三節 責任と予防の区別 / p90 (0055.jp2)
  42. 第四節 責任概念の純化 / p92 (0056.jp2)
  43. 第五節 責任概念純化論と量刑の一般原則 / p94 (0057.jp2)
  44. 第六節 責任と予防における評価方向 / p97 (0058.jp2)
  45. 第二章 責任枠の認定 / p102 (0062.jp2)
  46. 第一節 概観 / p102 (0062.jp2)
  47. 第二節 責任枠と刑罰枠 / p103 (0062.jp2)
  48. 第三節「量刑責任」の概念 / p106 (0064.jp2)
  49. 第三章「量刑責任」の構成要素 / p110 (0066.jp2)
  50. 第一節 概観 / p110 (0066.jp2)
  51. 第二節 行為構成要素 / p111 (0066.jp2)
  52. 第三節 結果構成要素 / p113 (0067.jp2)
  53. 第四章 帰責基準 / p122 (0072.jp2)
  54. 第一節 概観 / p122 (0072.jp2)
  55. 第二節 有責な事態を認めるための最低限の条件 / p123 (0072.jp2)
  56. 第三節 有責な事態と故意・過失 / p124 (0073.jp2)
  57. 第五章 量刑問題としての責任錯誤 / p128 (0075.jp2)
  58. 第一節 概観 / p128 (0075.jp2)
  59. 第二節 責任錯誤と責任評価 / p129 (0075.jp2)
  60. 第六章 量刑責任と行為前の態度・行為後の態度 / p133 (0077.jp2)
  61. 第一節 概観 / p133 (0077.jp2)
  62. 第二節 責任評価と予防判断の相違 / p134 (0078.jp2)
  63. 第三節 行為前の態度・行為後の態度と量刑責任 / p136 (0079.jp2)
  64. 第四節 西ドイツにおける学説・判例 / p139 (0080.jp2)
  65. 第七章 量刑責任と二重評価禁止の原則 / p144 (0083.jp2)
  66. 第一節 概観 / p144 (0083.jp2)
  67. 第二節 二重評価禁止の原則の根拠 / p145 (0083.jp2)
  68. 第三節 二重評価禁止の原則の適用 / p146 (0084.jp2)
  69. 第四節 二重評価禁止の原則に関するその他の問題点 / p150 (0086.jp2)
  70. 第三編 予防 / p157 (0089.jp2)
  71. 第一章 量刑と一般予防目的 / p157 (0089.jp2)
  72. 第一節 概観 / p157 (0089.jp2)
  73. 第二節「一般予防」の意義 / p161 (0091.jp2)
  74. 第三節 特別的一般予防 / p164 (0093.jp2)
  75. 第四節「法秩序の防衛」論の台頭 / p166 (0094.jp2)
  76. 第二章 量刑と特別予防目的 / p175 (0098.jp2)
  77. 第一節 概観 / p175 (0098.jp2)
  78. 第二節 特別予防と刑罰枠と責任枠 / p177 (0099.jp2)
  79. 第三節「特別予防的刑罰目的」の意義 / p179 (0100.jp2)
  80. 第四節 特別予防的刑罰目的相互の関係 / p181 (0101.jp2)
  81. 第三章 予防に関する若干の問題 / p185 (0103.jp2)
  82. 第一節 概観 / p185 (0103.jp2)
  83. 第二節 予防と行為者人格 / p186 (0104.jp2)
  84. 第三節 刑罰感受性と刑罰感銘性の区別 / p188 (0105.jp2)
  85. 第四節 予防と予測経過 / p193 (0107.jp2)
  86. 第五節 量刑学と刑事学 / p197 (0109.jp2)
  87. 第四章 予防判断 / p202 (0112.jp2)
  88. 第一節 概観 / p202 (0112.jp2)
  89. 第二節 予防要因の選択 / p203 (0112.jp2)
  90. 第三節 刑種・刑量の決定 / p205 (0113.jp2)
  91. 第四節 予防判断と適用可能な複数の制裁 / p207 (0114.jp2)
  92. 第四編 量刑要因 / p211 (0116.jp2)
  93. 第一章 量刑事実 / p211 (0116.jp2)
  94. 第一節 概観 / p211 (0116.jp2)
  95. 第二節 量刑事態の範囲 / p212 (0117.jp2)
  96. 第三節 量刑資料 / p214 (0118.jp2)
  97. 第四節 量刑要因の比較衡量 / p215 (0118.jp2)
  98. 第二章 各種の量刑要因 / p220 (0121.jp2)
  99. 第一節 概観 / p220 (0121.jp2)
  100. 第二節 行為実行の種類 / p222 (0122.jp2)
  101. 第三節 行為者の前歴 / p226 (0124.jp2)
  102. 第四節 一身的関係と経済的関係 / p230 (0126.jp2)
  103. 第五節 行為後の態度 / p234 (0128.jp2)
  104. 第五編 量刑の規制 / p243 (0132.jp2)
  105. 第一章 量刑に対する法的規制 / p243 (0132.jp2)
  106. 第一節 概観 / p243 (0132.jp2)
  107. 第二節 裁量量刑と適用量刑 / p244 (0133.jp2)
  108. 第三節 適用量刑の重要性 / p246 (0134.jp2)
  109. 第四節 量刑判断 / p249 (0135.jp2)
  110. 第二章 控訴審による量刑コントロール / p256 (0139.jp2)
  111. 第一節 概観 / p256 (0139.jp2)
  112. 第二節 西ドイツにおける量刑コントロール / p258 (0140.jp2)
  113. 第三節 量刑コントロールに関する西ドイツの学説 / p259 (0140.jp2)
  114. 第四節 責任評価と量刑コントロール / p261 (0141.jp2)
  115. 第五節 予防判断と量刑コントロール / p264 (0143.jp2)
  116. 結語 / p268 (0145.jp2)
  117. あとがき / p277 (0149.jp2)
  118. 目次 / p33 (0155.jp2)
  119. 一 序説 / p34 (0156.jp2)
  120. 二 日本の死刑判決に現われた量刑事実 / p36 (0157.jp2)
  121. 三 法定刑罰枠としての死刑と無期刑 / p43 (0160.jp2)
  122. 四 責任枠の認定と死刑 / p46 (0162.jp2)
  123. 五 予防判断と死刑・無期刑 / p49 (0163.jp2)
  124. 六 量刑論からみた死刑存廃論 / p51 (0164.jp2)
  125. 七 結語 / p53 (0165.jp2)
6アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000154140
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001093150
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318454
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ