共同正犯論の比較法的考察 : 日本、ドイツ、中華民国の刑法を中心に

この論文をさがす

著者

    • 余, 振華 ヨ, シンカ

書誌事項

タイトル

共同正犯論の比較法的考察 : 日本、ドイツ、中華民国の刑法を中心に

著者名

余, 振華

著者別名

ヨ, シンカ

学位授与大学

明治大学

取得学位

博士 (法学)

学位授与番号

甲第184号

学位授与年月日

1998-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. 第一章 序説 / p1 (0012.jp2)
  3. 第二章 共同正犯の構造 / p7 (0015.jp2)
  4. 第一節 共同正犯の立法論的考察 / p7 (0015.jp2)
  5. 第一款 共同正犯の立法沿革 / p7 (0015.jp2)
  6. 第二款 共同正犯の立法趨勢 / p15 (0019.jp2)
  7. 第二節 共同正犯の基礎理論 / p19 (0021.jp2)
  8. 第一款 共同正犯の本質論 / p19 (0021.jp2)
  9. 第二款 共同正犯と狭義の共犯との区別理論 / p24 (0024.jp2)
  10. 第三節 共同正犯の処罰根拠論 / p33 (0028.jp2)
  11. 第一款 共同意思主体説 / p34 (0029.jp2)
  12. 第二款 共犯の処罰根拠論 / p36 (0030.jp2)
  13. 第三款 行為支配説 / p39 (0031.jp2)
  14. 第四節 共同正犯問題の展開 / p46 (0035.jp2)
  15. 第三章 共謀共同正犯 / p49 (0036.jp2)
  16. 第一節 問題の所在 / p49 (0036.jp2)
  17. 第二節 共謀共同正犯の理論的形成の考察 / p53 (0038.jp2)
  18. 第一款 日本実定法・判例における「共謀概念」の考察 / p53 (0038.jp2)
  19. 第二款 ドイツ実定法・判例における「共謀概念」の考察 / p55 (0039.jp2)
  20. 第三款 中華民国実定法・判例における「共謀概念」の考察 / p58 (0041.jp2)
  21. 第四款 日、独、華における実定法上の「実行」の考察 / p61 (0042.jp2)
  22. 第三節 共謀共同正犯の現代解釈論 / p63 (0043.jp2)
  23. 第一款 従来の日、独、華における共謀共同正犯の解釈論 / p63 (0043.jp2)
  24. 第二款 共謀共同正犯の現代的解釈 / p70 (0047.jp2)
  25. 第四節 共謀共同正犯の立法化肯否論 / p82 (0053.jp2)
  26. 第一款 日本の共謀共同正犯の立法的問題 / p82 (0053.jp2)
  27. 第二款 中華民国の共謀共同正犯の立法的問題 / p86 (0055.jp2)
  28. 第五節 小括 / p89 (0056.jp2)
  29. 第四章 過失の共同正犯 / p93 (0058.jp2)
  30. 第一節 問題の所在 / p93 (0058.jp2)
  31. 第二節 過失共同正犯肯否論の考察 / p99 (0061.jp2)
  32. 第一款 ドイツについて / p99 (0061.jp2)
  33. 第二款 日本について / p104 (0064.jp2)
  34. 第三款 中華民国について / p115 (0069.jp2)
  35. 第三節 過失共同正犯否定論の考察 / p122 (0073.jp2)
  36. 第一款 ドイツについて / p122 (0073.jp2)
  37. 第二款 日本について / p126 (0075.jp2)
  38. 第三款 中華民国について / p132 (0078.jp2)
  39. 第四節 小結 / p138 (0081.jp2)
  40. 第五章 結果的加重犯の共同正犯 / p143 (0083.jp2)
  41. 第一節 問題の所在 / p143 (0083.jp2)
  42. 第二節 結果的加重犯の本質論 / p148 (0086.jp2)
  43. 第一款 日、独、華における結果的加重犯の立法沿革 / p149 (0086.jp2)
  44. 第二款 結果的加重犯の意義・成立範囲 / p151 (0087.jp2)
  45. 第三款 結果的加重犯の判例・立法例の対応 / p156 (0090.jp2)
  46. 第三節 結果的加重犯の共同正犯の肯定論 / p162 (0093.jp2)
  47. 第一款 日本について / p163 (0093.jp2)
  48. 第二款 ドイツについて / p168 (0096.jp2)
  49. 第三款 中華民国について / p175 (0099.jp2)
  50. 第四節 結果的加重犯の共同正犯の否定論 / p182 (0103.jp2)
  51. 第一款 日本における否定的見解 / p182 (0103.jp2)
  52. 第二款 ドイツにおける否定的見解 / p185 (0104.jp2)
  53. 第三款 中華民国における否定的見解 / p186 (0105.jp2)
  54. 第五節 小結 / p188 (0106.jp2)
  55. 第六章 不作為による共同正犯 / p191 (0107.jp2)
  56. 第一節 問題の所在 / p191 (0107.jp2)
  57. 第二節 不作為による共同正犯の史的考察 / p195 (0109.jp2)
  58. 第一款 不作為犯の立法沿革 / p195 (0109.jp2)
  59. 第二款 不作為による共同正犯の沿革 / p199 (0111.jp2)
  60. 第三節 不作為による共同正犯の成立範囲 / p202 (0113.jp2)
  61. 第一款 共犯論からの区別論 / p203 (0113.jp2)
  62. 第二款 不作為犯論からの区別論 / p207 (0115.jp2)
  63. 第四節 不作為による共同正犯の肯定論 / p211 (0117.jp2)
  64. 第一款 肯定的判例の状況・検討 / p211 (0117.jp2)
  65. 第二款 全面的肯定説の状況・検討 / p214 (0119.jp2)
  66. 第三款 部分的肯定論の状況・検討 / p219 (0121.jp2)
  67. 第五節 不作為による共同正犯の否定論 / p225 (0124.jp2)
  68. 第一款 否定的判例の状況・検討 / p225 (0124.jp2)
  69. 第二款 否定説の状況・検討 / p230 (0127.jp2)
  70. 第六節 小結 / p233 (0128.jp2)
  71. 一 不作為者間による共同正犯 / p233 (0128.jp2)
  72. 二 作為と不作為による共同正犯 / p234 (0129.jp2)
  73. 第七章 結論 / p237 (0130.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000154204
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001093214
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318518
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ