密な砂地盤の受働土圧問題に関する擁壁模型実験とせん断帯を取り入れた二次元・三次元弾塑性有限要素解析

この論文をさがす

著者

    • 森, 洋 モリ, ヒロシ

書誌事項

タイトル

密な砂地盤の受働土圧問題に関する擁壁模型実験とせん断帯を取り入れた二次元・三次元弾塑性有限要素解析

著者名

森, 洋

著者別名

モリ, ヒロシ

学位授与大学

明治大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

甲第189号

学位授与年月日

1998-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. ・・・目次・・・ / (0011.jp2)
  2. 論文の要旨 / p1 (0004.jp2)
  3. 1章 序論 / 1-1 / (0013.jp2)
  4. 1-1 受働土圧に関する従来の研究(実験的検討と弾塑性有限要素解析) / 1-2 / (0014.jp2)
  5. 1-2 本研究の目的 / 1-5 / (0017.jp2)
  6. 1章の参考文献 / 1-5 / (0017.jp2)
  7. 2章 擁壁模型装置 / 2-1 / (0028.jp2)
  8. 2-1 実験装置の概要 / 2-1 / (0028.jp2)
  9. 2-2 擁壁面と側壁面の摩擦角 / 2-1 / (0028.jp2)
  10. 2章の参考文献 / 2-2 / (0029.jp2)
  11. 3章 実験結果 / 3-1 / (0037.jp2)
  12. 3-1 はじめに / 3-1 / (0037.jp2)
  13. 3-2 静止土圧 / 3-1 / (0037.jp2)
  14. 3-3 受働土圧 / 3-2 / (0038.jp2)
  15. 3-4 受働土圧分布形状 / 3-3 / (0039.jp2)
  16. 3-5 せん断帯の発生 / 3-3 / (0039.jp2)
  17. 3-6 粒子径効果 / 3-4 / (0040.jp2)
  18. 3章の参考文献 / 3-5 / (0041.jp2)
  19. 4章 弾塑性有限要素解析 / 4-1 / (0065.jp2)
  20. 4-1 有限要素解析の概要 / 4-1 / (0065.jp2)
  21. 4-2 動的緩和法十リターンマッピング法 / 4-2 / (0066.jp2)
  22. 4-3 混合型構成モデルの定式化 / 4-5 / (0069.jp2)
  23. 4-4 有限変形解析 / 4-7 / (0071.jp2)
  24. 4章の参考文献 / 4-9 / (0073.jp2)
  25. 5章 弾塑性有限要素解析による解析結果 / 5-1 / (0077.jp2)
  26. 5-1 二次元弾塑性解析 / 5-1 / (0077.jp2)
  27. 5-2 三次元弾塑性解析 / 5-4 / (0080.jp2)
  28. 5-3 粒子径効果に関する数値解析 / 5-6 / (0082.jp2)
  29. 5章の参考文献 / 5-8 / (0084.jp2)
  30. 6章 結論 / 6-1 / (0115.jp2)
  31. 謝辞 / 7-1 / (0117.jp2)
  32. APPENDIX / 8-1 / (0118.jp2)
  33. ・はじめに / 8-1 / (0118.jp2)
  34. ・詳細な実験手順(擁壁モデル)と注意点 / 8-1 / (0118.jp2)
  35. ・静止土圧状態 / 8-4 / (0121.jp2)
  36. ・主働土圧状態 / 8-4 / (0121.jp2)
  37. ・受働土圧状態 / 8-7 / (0124.jp2)
  38. ・参考文献 / 8-8 / (0125.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000154209
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001093219
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318523
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ