緑膿菌アルカリプロテアーゼの分子遺伝学的研究

この論文をさがす

著者

    • 宮島, 義郎 ミヤジマ, ヨシロウ

書誌事項

タイトル

緑膿菌アルカリプロテアーゼの分子遺伝学的研究

著者名

宮島, 義郎

著者別名

ミヤジマ, ヨシロウ

学位授与大学

東亜大学

取得学位

博士 (学術)

学位授与番号

甲第5号

学位授与年月日

1998-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 本論 / p9 (0009.jp2)
  4. 第I部 変異タンパクの菌体内蓄積 / p9 (0009.jp2)
  5. 第1章 活性部位の変異 / p9 (0009.jp2)
  6. 1-1 実験の目的 / p9 (0009.jp2)
  7. 1-2 実験方法 / p9 (0009.jp2)
  8. 1-3 結果 / p11 (0010.jp2)
  9. 1-4 考察 / p14 (0012.jp2)
  10. 第2章 Ca-結合部位の変異 / p17 (0013.jp2)
  11. 2-1 実験の目的 / p17 (0013.jp2)
  12. 2-2 実験方法 / p17 (0013.jp2)
  13. 2-3 結果 / p17 (0013.jp2)
  14. 2-4 考察 / p20 (0015.jp2)
  15. 第II部 変異タンパクの分泌生産 / p23 (0016.jp2)
  16. 第1章 活性部位変異による影響 / p23 (0016.jp2)
  17. 1-1 実験の目的 / p23 (0016.jp2)
  18. 1-2 実験方法 / p24 (0017.jp2)
  19. 1-3 結果 / p28 (0019.jp2)
  20. 1-4 考察 / p30 (0020.jp2)
  21. 第2章 AP活性に及ぼすCa-結合部位の役割 / p32 (0021.jp2)
  22. 2-1 実験の目的 / p32 (0021.jp2)
  23. 2-2 実験方法 / p32 (0021.jp2)
  24. 2-3 結果 / p33 (0021.jp2)
  25. 2-4 考察 / p34 (0022.jp2)
  26. 総括 / p37 (0023.jp2)
  27. 補遺 / p41 (0025.jp2)
  28. 〔1〕使用菌株とプラスミド / p41 (0025.jp2)
  29. 1-1 菌株とプラスミド / p41 (0025.jp2)
  30. 1-2 酵素 / p44 (0027.jp2)
  31. 〔2〕菌の培養 / p47 (0028.jp2)
  32. 2-1 培地の種類 / p47 (0028.jp2)
  33. 2-2 E.coliの培養 / p48 (0029.jp2)
  34. 2-3 ファージの培養 / p49 (0029.jp2)
  35. 2-4 コロニーセレクション / p49 (0029.jp2)
  36. 〔3〕プラスミド抽出 / p51 (0030.jp2)
  37. 3-1 E.coliからの抽出 / p51 (0030.jp2)
  38. 3-2 ファージプラスミドの抽出 / p52 (0031.jp2)
  39. 〔4〕制限酵素反応 / p54 (0032.jp2)
  40. 〔5〕5'リン酸基の除去と標識 / p55 (0032.jp2)
  41. 5-1 脱リン酸化反応 / p55 (0032.jp2)
  42. 5-2 リン酸化反応 / p55 (0032.jp2)
  43. 〔6〕核酸の電気泳動と回収 / p57 (0033.jp2)
  44. 6-1 アガロース電気泳動 / p57 (0033.jp2)
  45. 6-2 DNA・断片の回収 / p57 (0033.jp2)
  46. 〔7〕DNAシーケンシング / p61 (0035.jp2)
  47. 7-1 試料の調製 / p61 (0035.jp2)
  48. 7-2 本体操作 / p62 (0036.jp2)
  49. 〔8〕DNA合成 / p64 (0037.jp2)
  50. 〔9〕コンピテントセルの作製 / p66 (0038.jp2)
  51. 〔10〕形質転換法 / p67 (0038.jp2)
  52. 10-1 日本鎖プラスミド(pCU系)の導入 / p67 (0038.jp2)
  53. 10-2 一本鎖プラスミド(ファージプラスミド)の導入 / p67 (0038.jp2)
  54. 〔11〕ファージの力価測定 / p69 (0039.jp2)
  55. 〔12〕スキムミルクアガーアッセイ / p70 (0040.jp2)
  56. 〔13〕プロテアーゼ活性法 / p70 (0040.jp2)
  57. 13-1 ソニックによる菌体抽出物の調製 / p70 (0040.jp2)
  58. 13-2 活性の錠法 / p71 (0040.jp2)
  59. 〔14〕SDS-ポリアクリルアミドゲル電気泳動 / p72 (0041.jp2)
  60. 〔15〕ウエスタンブロッティング / p74 (0042.jp2)
  61. 15-1 メンブランへの転写 / p74 (0042.jp2)
  62. 15-2 抗体染色 / p74 (0042.jp2)
  63. 〔16〕活性部位の変異 / p76 (0043.jp2)
  64. 1)EcoRI-PstIフラグメントの調製 / p76 (0043.jp2)
  65. 2)pAPEIの構築と形質転換 / p78 (0044.jp2)
  66. 3)KpnI-PstIフラグメントの調製 / p79 (0044.jp2)
  67. 4)mp19APKPの構築と形質転換 / p79 (0044.jp2)
  68. 5)変異オリゴヌクレオチドの合成 / p81 (0045.jp2)
  69. 6)切り出し及び脱保護 / p81 (0045.jp2)
  70. 7)mp19APKP-mの構築と形質転換 / p82 (0046.jp2)
  71. 8)pAPEI-mの構築と形質転換 / p82 (0046.jp2)
  72. 9)DNAシーケンシングによる変異の確認 / p83 (0046.jp2)
  73. 〔17〕Ca-結合部位の変異 / p84 (0047.jp2)
  74. 1)変異オリゴヌクレオチドの合成 / p84 (0047.jp2)
  75. 2)切り出し及び脱保護 / p84 (0047.jp2)
  76. 3)mp19APKP-mの構築と升須転換 / p86 (0048.jp2)
  77. 4)pAREI-mの構築と形質転換 / p86 (0048.jp2)
  78. 5)DNAシーケンシングによる変異の確認 / p87 (0048.jp2)
  79. 謝辞 / p89 (0049.jp2)
  80. 参考文献 / p91 (0050.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000154215
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001093225
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318529
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ