Multiple but different genetic factors underlie enflurane and isoflurane requirement studied through backcross analysis in C57BL and ddN mice C57BLマウスとddNマウスでは多因子であるが異なる遺伝因子によりエンフルラン必要量とイソフルラン必要量が決定されている

この論文をさがす

著者

    • 蔵谷, 紀文 クラタニ, ノリフミ

書誌事項

タイトル

Multiple but different genetic factors underlie enflurane and isoflurane requirement studied through backcross analysis in C57BL and ddN mice

タイトル別名

C57BLマウスとddNマウスでは多因子であるが異なる遺伝因子によりエンフルラン必要量とイソフルラン必要量が決定されている

著者名

蔵谷, 紀文

著者別名

クラタニ, ノリフミ

学位授与大学

香川医科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第223号

学位授与年月日

1998-03-24

注記・抄録

博士論文

2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000154292
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001093299
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318606
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ