混合連続分布型HMMにおける話者適応化手法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 大倉, 計美 オオクラ, カズミ

書誌事項

タイトル

混合連続分布型HMMにおける話者適応化手法に関する研究

著者名

大倉, 計美

著者別名

オオクラ, カズミ

学位授与大学

大阪府立大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第922号

学位授与年月日

1998-01-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 序論 / p1 (0004.jp2)
  3. 2 移動ベクトル場平滑化話者適応化方式 / p7 (0007.jp2)
  4. 2.1 序言 / p7 (0007.jp2)
  5. 2.2 移動ベクトル場平滑化話者適応化方式 / p8 (0008.jp2)
  6. 2.3 音素認識実験 / p16 (0012.jp2)
  7. 2.4 文節音声認識実験 / p26 (0017.jp2)
  8. 2.5 不特定話者モデルを初期モデルとしたVFSの性能評価 / p26 (0017.jp2)
  9. 2.6 結言 / p28 (0018.jp2)
  10. 3 信頼度に基づく移動ベクトル選択を用いたVFS話者適応化方式 / p31 (0019.jp2)
  11. 3.1 序言 / p31 (0019.jp2)
  12. 3.2 MAP-VFS手法と移動ベクトル選択手法 / p32 (0020.jp2)
  13. 3.3 信頼度に基づく移動ベクトル選択手法の評価 / p39 (0023.jp2)
  14. 3.4 結言 / p46 (0027.jp2)
  15. 4 識別誤り情報に基づく平滑化制御を用いたVFS話者適応化方式 / p47 (0027.jp2)
  16. 4.1 序言 / p47 (0027.jp2)
  17. 4.2 平滑化制御法 / p48 (0028.jp2)
  18. 4.3 平滑化制御アルゴリズムの評価 / p58 (0033.jp2)
  19. 4.4 結言 / p60 (0034.jp2)
  20. 5 複数代表話者の話者空間移動ベクトルに基づく話者適応化方式 / p61 (0034.jp2)
  21. 5.1 序言 / p61 (0034.jp2)
  22. 5.2 TRAVERSEアルゴリズム / p62 (0035.jp2)
  23. 5.3 TRAVERSEアルゴリズムの評価 / p66 (0037.jp2)
  24. 5.4 TRAVERSEと移動ベクトル場平滑化話者適応化方式との比較 / p70 (0039.jp2)
  25. 5.5 結言 / p73 (0040.jp2)
  26. 6 結論 / p75 (0041.jp2)
  27. A HMM / p79 (0043.jp2)
  28. A.1 HMMの概要 / p79 (0043.jp2)
  29. A.2 HMMの基本アルゴリズム / p81 (0044.jp2)
  30. 参考文献 / p89 (0048.jp2)
  31. 謝辞 / p95 (0051.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000154356
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001093359
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318670
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ