韮山代官の総合的研究 ニラヤマ ダイカン ノ ソウゴウテキ ケンキュウ

この論文をさがす

著者

    • 仲田, 正之 ナカダ, マサユキ

書誌事項

タイトル

韮山代官の総合的研究

タイトル別名

ニラヤマ ダイカン ノ ソウゴウテキ ケンキュウ

著者名

仲田, 正之

著者別名

ナカダ, マサユキ

学位授与大学

駒沢大学

取得学位

博士 (日本史学)

学位授与番号

乙第60号

学位授与年月日

1998-03-10

注記・抄録

博士論文

乙第60号

平成10年3月10日

博士(日本史学)(乙)

駒澤大学

目次

  1. 目次 / p7 (0005.jp2)
  2. はしがき / p2 (0003.jp2)
  3. 序論 代官研究史上の問題点 / p1 (0010.jp2)
  4. 一 代官研究史 / p3 (0011.jp2)
  5. 二 代官研究の問題点と今後の課題 / p18 (0019.jp2)
  6. 三 本書の構成 / p38 (0029.jp2)
  7. 本論 / p1 (0032.jp2)
  8. 第一章 江川氏の成立と前・中期韮山代官 / p1 (0032.jp2)
  9. はじめに / p1 (0032.jp2)
  10. 第一節 江川氏の成立 / p5 (0034.jp2)
  11. 1 系図 / p5 (0034.jp2)
  12. 2 中世の江川酒 / p13 (0038.jp2)
  13. 3 韮山城跡地囲い込み運動 / p15 (0039.jp2)
  14. 4 中村「御年貢御蔵米払勘定帳」より判明する点 / p18 (0041.jp2)
  15. 5 近世の江川酒と中村 / p24 (0044.jp2)
  16. 6 田中山入会争論より見る中村の権利 / p27 (0045.jp2)
  17. 7 幕末期中村の破綻と江川の由来 / p31 (0047.jp2)
  18. 第二節 前・中期韮山代官 / p37 (0050.jp2)
  19. 1 前・中期韮山代官略歴 / p37 (0050.jp2)
  20. 2 前期韮山代官 / p44 (0054.jp2)
  21. 3 中期韮山代官 / p50 (0057.jp2)
  22. 4 罷免から後期韮山代官確立までの問題点 / p53 (0058.jp2)
  23. 第三節 御囲地と金谷村 / p1 (0062.jp2)
  24. 1 近世武士の土豪性 / p1 (0062.jp2)
  25. 2 金谷村 / p3 (0063.jp2)
  26. 3 御囲地の成立 / p6 (0065.jp2)
  27. 4 御囲地作徳米の実態 / p8 (0066.jp2)
  28. 5 作徳米納入三ヶ村の実態と問題点 / p11 (0067.jp2)
  29. 6 御囲地と負米金のその後 / (0069.jp2)
  30. むすびにかえて / p20 (0072.jp2)
  31. 第二章 後期韮山代官 / p1 (0084.jp2)
  32. はじめに / p1 (0084.jp2)
  33. 第一節 支配・機構 / p1 (0084.jp2)
  34. 1 支配地 / p1 (0084.jp2)
  35. 2 役所・陣屋 / p20 (0094.jp2)
  36. 3 諸役人 / p25 (0096.jp2)
  37. 4 代官所入用と帳面類 / p54 (0111.jp2)
  38. 5 望月鴻助割腹事件とその背景 / p60 (0114.jp2)
  39. 6 川除・助郷 / p70 (0119.jp2)
  40. 第二節 業務・勘定目録 / p1 (0121.jp2)
  41. A 嘉永五 子年御金蔵御勘定目録 / p5 (0123.jp2)
  42. B 嘉永五 子年御勘定目録 / p1 (0139.jp2)
  43. C 当分御預所 嘉永五 子年御勘定目録 / p50 (0164.jp2)
  44. D 国別寄・主要項目寄 / p60 (0169.jp2)
  45. 第三節 施策 / p1 (0171.jp2)
  46. 1 節倹と綱紀粛正 / p3 (0172.jp2)
  47. 2 村方掌握 / p6 (0174.jp2)
  48. 3 貸付金 / p18 (0180.jp2)
  49. 4 殖産興業 / p21 (0181.jp2)
  50. 5 島方支配 / p25 (0183.jp2)
  51. 6 種痘 / p33 (0187.jp2)
  52. 7 農兵 / p37 (0189.jp2)
  53. 第三章 江川英龍の事蹟と天保の改革 / p1 (0199.jp2)
  54. はじめに / p1 (0199.jp2)
  55. 第一節 海防論 / p3 (0200.jp2)
  56. 第二節 蛮社の獄 / p18 (0208.jp2)
  57. 1 幡崎鼎の逮捕と渡辺崋山への接近 / p18 (0208.jp2)
  58. 2 モリソン号事件と備場巡見 / p22 (0210.jp2)
  59. 3 蛮社の獄 / p30 (0214.jp2)
  60. 第三節 徳丸原演練と天保の改革の挫折 / p1 (0219.jp2)
  61. 1 徳丸原演練 / p1 (0219.jp2)
  62. 2 高島秋帆への入門 / p5 (0221.jp2)
  63. 3 高島秋帆の逮捕 / p9 (0223.jp2)
  64. 4 高島秋帆の救解 / p13 (0225.jp2)
  65. 5 天保の改革の挫折と英龍 / p16 (0227.jp2)
  66. 第四節 大塩平八郎建議書類 / p1 (0230.jp2)
  67. 1 大塩平八郎建議書類の盗難 / p7 (0233.jp2)
  68. 2 建議書にみる意外性 / p18 (0239.jp2)
  69. 3 江川英龍の甲州微行 / p43 (0251.jp2)
  70. むすびにかえて / p60 (0260.jp2)
  71. 第四章 韮山塾と砲術研鑚の成果 / p1 (0264.jp2)
  72. はじめに / p1 (0264.jp2)
  73. 第一節 銃砲調達と教授開始 / p3 (0265.jp2)
  74. 1 流派名称と塾名 / p3 (0265.jp2)
  75. 2 銃砲調達 / p5 (0266.jp2)
  76. 3 佐久問象山の入門と教授開始 / p7 (0267.jp2)
  77. 第二節 韮山塾 / p20 (0274.jp2)
  78. 1 韮山塾の形成 / p20 (0274.jp2)
  79. 2 「塾の間」と塾生 / p21 (0274.jp2)
  80. 3 塾法 / p24 (0276.jp2)
  81. 4 砲術の稽古 / p25 (0276.jp2)
  82. 5 資格と諸経費 / p28 (0278.jp2)
  83. 第三節 砲術研鑚の成果 / p31 (0279.jp2)
  84. 1 パン食の導入 / p31 (0279.jp2)
  85. 2 軍用銃の改良 / p33 (0280.jp2)
  86. 3 着発弾の製作 / p37 (0282.jp2)
  87. 4 鋭音号令の考案 / p41 (0284.jp2)
  88. 5 江川英龍の教育 / p44 (0286.jp2)
  89. むすびにかえて / p49 (0288.jp2)
  90. 第五章 江川英龍の事蹟と安政の改革 / p1 (0292.jp2)
  91. はじめに / p1 (0292.jp2)
  92. 第一節 ペリー来航後の活動 / p3 (0293.jp2)
  93. 1 中浜万次郎登用とペリーとの応接 / p3 (0293.jp2)
  94. 2 下田開港と日露通商論 / p10 (0297.jp2)
  95. 3 ロシア船建造 / p18 (0301.jp2)
  96. 4 江川英龍歿時の状況 / p28 (0306.jp2)
  97. 第二節 反射炉と品川台場 / p1 (0316.jp2)
  98. 1 反射炉 / p1 (0316.jp2)
  99. 第三節 芝新銭座大小砲習練場 / p1 (0338.jp2)
  100. 1 改革における実力者松平近直 / p2 (0339.jp2)
  101. 2 江川氏の軍制改革にしめる位置 / p5 (0340.jp2)
  102. 3 芝新銭座大小砲習練場の成立 / p10 (0343.jp2)
  103. 4 芝新銭座大小砲習練場の諸規則 / p12 (0344.jp2)
  104. 5 芝新銭座大小砲習練場の諸役 / p14 (0345.jp2)
  105. 6 門人の総数と幕臣の大量入門 / p18 (0347.jp2)
  106. 7 芝新銭座大小砲習練場の終期 / p31 (0353.jp2)
  107. むすびにかえて / p34 (0355.jp2)
  108. 結論 / p1 (0363.jp2)
  109. 補論 / p1 (0369.jp2)
  110. あとがき / p1 (0369.jp2)
12アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000154413
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001093413
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000318727
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ