き裂先端で遷移区間を構成する応力関数のくさび貫入工法と誘発目地工法への適用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 栖原, 秀郎 スハラ, ヒデオ

書誌事項

タイトル

き裂先端で遷移区間を構成する応力関数のくさび貫入工法と誘発目地工法への適用に関する研究

著者名

栖原, 秀郎

著者別名

スハラ, ヒデオ

学位授与大学

岐阜大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第34号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 〔第1章〕はじめに / p1 (0005.jp2)
  4. 1.1 クラック解析の現状と本研究の主題 / p1 (0005.jp2)
  5. 1.2 本研究の特徴 / p2 (0006.jp2)
  6. 1.3 本研究の概要 / p4 (0007.jp2)
  7. 参考文献 / p6 (0008.jp2)
  8. 〔第2章〕重み積分法によるクラック先端応力の有限化 / p7 (0008.jp2)
  9. 2.1 Westergaardの解 / p7 (0008.jp2)
  10. 2.2 平滑化された著者等の従来の開口関数W(z,[数式]) / p9 (0009.jp2)
  11. 2.3 平滑化された指数関数による開口関数H(z) / p9 (0009.jp2)
  12. 参考文献 / p13 (0011.jp2)
  13. 〔第3章〕開口関数H(z)による一様弾性体中の直線状クラックの解析 / p14 (0012.jp2)
  14. 3.1 関数Hj(z,a.b)の特性と境界条件 / p14 (0012.jp2)
  15. 3.2 基本解 / p14 (0012.jp2)
  16. 3.3 計算例 / p29 (0019.jp2)
  17. 3.4 拡張性 / p37 (0023.jp2)
  18. 3.5 まとめ / p37 (0023.jp2)
  19. 参考文献 / p38 (0024.jp2)
  20. 〔第4章〕応力関数の一括構成法と外側クラック(有限連続板)への応用 / p39 (0024.jp2)
  21. 4.1 概要 / p39 (0024.jp2)
  22. 4.2 Westergaardの解とその応用 / p39 (0024.jp2)
  23. 4.3 応力関数基本4形式の一括構成法 / p40 (0025.jp2)
  24. 4.4 外側クラック(有限連続板)への応用 / p42 (0026.jp2)
  25. 4.5 計算例 / p58 (0034.jp2)
  26. 4.6 まとめ / p63 (0036.jp2)
  27. 参考文献 / p63 (0036.jp2)
  28. 〔第5章〕従来の開口関数に基づいた境界辺近傍のクラックの応力関数 / p64 (0037.jp2)
  29. 5.1 自由辺近傍のクラック解析 / p64 (0037.jp2)
  30. 5.2 固定辺近傍のクラック解析 / p74 (0042.jp2)
  31. 5.3 まとめ / p81 (0045.jp2)
  32. 参考文献 / p81 (0045.jp2)
  33. 〔第6章〕実際例との比較検討(1)<くさび貫入工法(KNBB工法)への適用> / p82 (0046.jp2)
  34. 6.1 概要 / p82 (0046.jp2)
  35. 6.2 くさび貫入による岩盤掘削システム / p83 (0046.jp2)
  36. 6.3 解析手法 / p85 (0047.jp2)
  37. 6.4 力学的諸係数および設定条件の決定 / p87 (0048.jp2)
  38. 6.5 解析結果および従来の方法との比較検討 / p90 (0050.jp2)
  39. 6.6 設計法に関する一提案 / p93 (0051.jp2)
  40. 6.7 試験工事との比較検討 / p93 (0051.jp2)
  41. 6.8 まとめ / p95 (0052.jp2)
  42. 参考文献 / p96 (0053.jp2)
  43. 〔第7章〕実際例との比較検討(2)<誘発目地工法への適用> / p97 (0053.jp2)
  44. 7.1 概要 / p97 (0053.jp2)
  45. 7.2 誘発目地工法 / p97 (0053.jp2)
  46. 7.3 従来の設計法 / p98 (0054.jp2)
  47. 7.4 解析手法 / p99 (0054.jp2)
  48. 7.5 力学的諸係数および設定条件の決定 / p100 (0055.jp2)
  49. 7.6 従来の方法と著者等の方法との比較検討 / p101 (0055.jp2)
  50. 7.7 実施工での計測結果との比較検討 / p105 (0057.jp2)
  51. 7.8 まとめ / p105 (0057.jp2)
  52. 参考文献 / p106 (0058.jp2)
  53. 〔第8章〕結論 / p107 (0058.jp2)
  54. 8.1 本研究の成果 / p107 (0058.jp2)
  55. 8.2 今後の課題 / p108 (0059.jp2)
  56. 謝辞 / p109 (0059.jp2)
  57. 本論文に含まれる著者の発表論文ならびに参考論文 / p110 (0060.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000154563
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001093551
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000318877
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ