含硫黄配位子を用いた第10族元素と第11族元素を含む複合錯体の構造および金属原子間相互作用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 所, 健児 トコロ, ケンジ

書誌事項

タイトル

含硫黄配位子を用いた第10族元素と第11族元素を含む複合錯体の構造および金属原子間相互作用に関する研究

著者名

所, 健児

著者別名

トコロ, ケンジ

学位授与大学

岐阜大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第49号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章 緒言 / (0007.jp2)
  4. 1.1 はじめに / p1 (0008.jp2)
  5. 1.2 積層型1次元金属錯体ポリマー / p3 (0009.jp2)
  6. 1.3 シス型白金(II)錯体 / p5 (0010.jp2)
  7. 1.4 トランス型白金(II)錯体 / p7 (0011.jp2)
  8. 1.5 ジチオカルバマート配位子 / p14 (0015.jp2)
  9. 1.6 ジチオカルバマートを配位子とする遷移金属錯体 / p15 (0015.jp2)
  10. 1.7 配位子としての遷移金属ジチオカルバマート錯体 / p20 (0018.jp2)
  11. 1.8 本研究の目的と本論文の構成 / p20 (0018.jp2)
  12. 文献 / p23 (0019.jp2)
  13. 第2章 第10族元素ジチオカルバマート錯体と第11族元素イオンからなる複合錯体の合成と構造および金属原子間相互作用 / (0021.jp2)
  14. 2.1 序 / p26 (0022.jp2)
  15. 2.2 反応 / p28 (0023.jp2)
  16. 2.3 複合錯体の合成 / p35 (0027.jp2)
  17. 2.4 複合錯体,〔M₃(S₂CNR₂)₆M'₂〕X₂,の構造 / p41 (0030.jp2)
  18. 2.5 ESCA / p68 (0043.jp2)
  19. 2.6 ¹⁹⁵Pt NMR / p72 (0045.jp2)
  20. 2.7 まとめ / p76 (0047.jp2)
  21. 2.8 考察 / p76 (0047.jp2)
  22. 文献 / p78 (0048.jp2)
  23. 第3章 白金ジチオカルバマート錯体とハロゲン化銅(I)からなる3次元ポリマー構造を有する複合錯体の合成と構造 / (0049.jp2)
  24. 3.1 序 / p80 (0050.jp2)
  25. 3.2〔M(S₂CNR₂)₂Cu₂X₂〕(X=Br,Cl)の合成と単結晶成長 / p83 (0052.jp2)
  26. 3.3〔M(S₂CNR₂)₂Cu₂X₂〕(X=Br,Cl)の構造 / p85 (0053.jp2)
  27. 3.4 考察 / p93 (0057.jp2)
  28. 文献 / p98 (0059.jp2)
  29. 第4章 第10族マレオニトリルジチオラート錯体と銀(I)ホスフィン錯体からなる複合錯体の合成と構造 / (0060.jp2)
  30. 4.1 序 / p99 (0061.jp2)
  31. 4.2 複合錯体の合成 / p102 (0063.jp2)
  32. 4.3 複合錯体の構造 / p104 (0064.jp2)
  33. 4.4 溶液中の挙動 / p115 (0069.jp2)
  34. 4.5 考察 / p122 (0073.jp2)
  35. 文献 / p124 (0074.jp2)
  36. 第5章 総括 / p125 (0074.jp2)
  37. 研究業績 / p130 (0078.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000154578
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001093565
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000318892
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ