Effects of chronic stress on hypothalamic interleukin-1β, interleukin-2, and luteinizing hormone-releasing hormone gene expression, and plasma luteinizing hormone concentration in ovariectomized rats 卵巣摘除ラット視床下部におけるインターロイキン-1β, インターロイキン-2および黄体化ホルモン放出ホルモンの発現ならびに血漿黄体化ホルモン濃度に対する慢性ストレスの影響

この論文をさがす

著者

    • 種部, 恭子 タネベ, キョウコ

書誌事項

タイトル

Effects of chronic stress on hypothalamic interleukin-1β, interleukin-2, and luteinizing hormone-releasing hormone gene expression, and plasma luteinizing hormone concentration in ovariectomized rats

タイトル別名

卵巣摘除ラット視床下部におけるインターロイキン-1β, インターロイキン-2および黄体化ホルモン放出ホルモンの発現ならびに血漿黄体化ホルモン濃度に対する慢性ストレスの影響

著者名

種部, 恭子

著者別名

タネベ, キョウコ

学位授与大学

富山医科薬科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第293号

学位授与年月日

1998-03-10

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000154974
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001107930
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000319288
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ