初期描画における表象活動に関する発達心理学的研究

この論文をさがす

著者

    • 山形, 恭子, 1941- ヤマガタ, キョウコ

書誌事項

タイトル

初期描画における表象活動に関する発達心理学的研究

著者名

山形, 恭子, 1941-

著者別名

ヤマガタ, キョウコ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

乙第10060号

学位授与年月日

1999-03-23

注記・抄録

博士論文

新制・論文博士

乙第10060号

論文博第368号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0005.jp2)
  3. 序章 シンボル形成と絵画・描画 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.はじめに / p1 (0007.jp2)
  5. 第1章 描画発達の理論と問題点 / p3 (0009.jp2)
  6. 1.描画発達と発達段階 / p3 (0009.jp2)
  7. 2.初期描画「なぐり描き」研究とその問題点 / p4 (0010.jp2)
  8. 第2章 本研究の目的,方法ならびに構成 / p15 (0021.jp2)
  9. 1.研究目的 / p15 (0021.jp2)
  10. 2.本研究の方法 / p15 (0021.jp2)
  11. 3.本研究の構成 / p16 (0022.jp2)
  12. 第3章 初期描画における表象活動の発達-対人場面の分析を中心に- / p18 (0024.jp2)
  13. 1.研究1 / p18 (0024.jp2)
  14. 2.研究2 / p32 (0038.jp2)
  15. 3.本章のまとめ / p43 (0049.jp2)
  16. 第4章 絵本に対する落書きの分析 / p45 (0051.jp2)
  17. 1.研究3 / p45 (0051.jp2)
  18. 2.研究4 / p60 (0066.jp2)
  19. 3.本章のまとめ / p66 (0072.jp2)
  20. 第5章 構成活動の成立過程に関する研究 / p67 (0073.jp2)
  21. 1.研究5 / p67 (0073.jp2)
  22. 2.研究6 / p84 (0090.jp2)
  23. 3.研究7 / p92 (0098.jp2)
  24. 4.研究8 / p99 (0105.jp2)
  25. 5.本章のまとめ / p110 (0116.jp2)
  26. 第6章 描線の発達と対象表現の成立との関連性 / p112 (0118.jp2)
  27. 1.研究9 / p112 (0118.jp2)
  28. 2.本章のまとめ / p120 (0126.jp2)
  29. 第7章 言語,象徴遊び,描画におけるシンボルの発達水準の分析 / p121 (0127.jp2)
  30. 1.研究10 / p121 (0127.jp2)
  31. 2.本章のまとめ / p136 (0142.jp2)
  32. 第8章 全体的考察 / p137 (0143.jp2)
  33. 1.対象表現成立までの発達過程 / p137 (0143.jp2)
  34. 2.対象表現の成立過程に関する理論的モデル / p143 (0149.jp2)
  35. 3.今後の研究課題 / p146 (0152.jp2)
  36. 終章 結語 / p149 (0155.jp2)
  37. 1.むすびにかえて / p149 (0155.jp2)
  38. 本研究の要約 / p150 (0156.jp2)
  39. 引用文献 / p152 (0158.jp2)
6アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170504
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000170778
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000334818
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ