水道原水のオゾン・生物活性炭処理プロセスにおける水質制御に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 津倉, 洋 ツグラ, ヒロシ

書誌事項

タイトル

水道原水のオゾン・生物活性炭処理プロセスにおける水質制御に関する研究

著者名

津倉, 洋

著者別名

ツグラ, ヒロシ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第6995号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 要旨 / (0004.jp2)
  2. 目次 / (0006.jp2)
  3. 第1章 総論 / p1 (0009.jp2)
  4. 第1節 研究の背景 / p1 (0009.jp2)
  5. 1.1 日本の水道水源の水質状況と水質保全対策 / p1 (0009.jp2)
  6. 1.2 高度浄水処理システムの課題 / p5 (0013.jp2)
  7. 第2節 研究の目的 / p6 (0014.jp2)
  8. 第3節 論文の構成 / p7 (0015.jp2)
  9. 参考文献 / p9 (0017.jp2)
  10. 第2章 高度浄水処理技術に関する研究の現状と課題 / p11 (0019.jp2)
  11. 第1節 緒論 / p11 (0019.jp2)
  12. 第2節 オゾン・生物活性炭処理プロセス / p12 (0020.jp2)
  13. 2.1 オゾン処理プロセス / p12 (0020.jp2)
  14. 2.2 生物活性炭処理プロセス / p15 (0023.jp2)
  15. 第3節 浄水プロセスにおける水質計測と制御 / p20 (0028.jp2)
  16. 3.1 浄水プロセスの水質計測技術 / p20 (0028.jp2)
  17. 3.2 浄水プロセスの水質制御技術 / p23 (0031.jp2)
  18. 第4節 本研究の課題 / p25 (0033.jp2)
  19. 第5節 参考文献 / p28 (0036.jp2)
  20. 第3章 オゾン・生物活性炭処理システムの処理性評価と水質制御因子 / p38 (0046.jp2)
  21. 第1節 緒論 / p38 (0046.jp2)
  22. 第2節 オゾン・生物活性炭処理システムの構成と設計諸元 / p39 (0047.jp2)
  23. 2.1 オゾン・生物活性炭処理システムの構成 / p39 (0047.jp2)
  24. 2.2 高度浄水処理実験プラントの設計諸元 / p42 (0050.jp2)
  25. 第3節 オゾン・生物活性炭処理の実験装置と実験方法 / p45 (0053.jp2)
  26. 3.1 オゾン・生物活性炭処理の実験装置 / p45 (0053.jp2)
  27. 3.2 オゾン・生物活性炭処理の実験方法 / p45 (0053.jp2)
  28. 第4節 実験結果および考察 / p47 (0055.jp2)
  29. 4.1 オゾン処理プロセスの浄化特性と水質制御因子 / p47 (0055.jp2)
  30. 4.2 生物活性炭処理プロセスの浄化特性と水質制御因子 / p53 (0061.jp2)
  31. 第5節 結論 / p77 (0085.jp2)
  32. 参考文献 / p78 (0086.jp2)
  33. 第4章 オゾン処理槽内有機物量と溶存オゾン量の同時測定システムの開発 / p81 (0089.jp2)
  34. 第1節 緒論 / p81 (0089.jp2)
  35. 第2節 有機物量と溶存オゾン量の同時測定方法 / p82 (0090.jp2)
  36. 2.1 水中オゾン濃度の測定法 / p82 (0090.jp2)
  37. 2.2 チオ硫酸ナトリウムによる脱オゾン方法 / p84 (0092.jp2)
  38. 2.3 有機物量と溶存オゾン量の算定式の導出 / p88 (0096.jp2)
  39. 第3節 同時測定システムの開発と性能検証 / p93 (0101.jp2)
  40. 3.1 有機物量と溶存オゾン量めど宇治測定システムの開発 / p93 (0101.jp2)
  41. 3.2 同時測定装置の性能検証 / p96 (0104.jp2)
  42. 第4節 オゾン・生物活性炭処理プロセスにおける連続測定性能 / p100 (0108.jp2)
  43. 第5節 結論 / p105 (0113.jp2)
  44. 参考文献 / p106 (0114.jp2)
  45. 第5章 オゾン・生物活性炭処理プロセスにおける水質制御方法の構築 / p107 (0115.jp2)
  46. 第1節 緒論 / p107 (0115.jp2)
  47. 第2節 オゾン反応の基礎式 / p108 (0116.jp2)
  48. 第3節 オゾン処理プロセスの動力学式の導出 / p110 (0118.jp2)
  49. 第4節 高度浄水処理実験プラントを用いた水質制御方法の検討 / p115 (0123.jp2)
  50. 4.1 オゾン処理プロセスの水質制御 / p115 (0123.jp2)
  51. 4.2 オゾン処理塔内のE260指標の変化 / p118 (0126.jp2)
  52. 4.3 定常状態のE260指標 / p123 (0131.jp2)
  53. 第5節 オゾン・生物活性炭処理プロセスの水質制御システムの構築 / p126 (0134.jp2)
  54. 5.1 オゾン処理プロセスの水質制御方法 / p126 (0134.jp2)
  55. 5.2 臭素酸除去・低減化のオゾン処理制御法 / p126 (0134.jp2)
  56. 5.3 オゾン・生物活性炭処理プロセスの水質制御方法 / p127 (0135.jp2)
  57. 第6節 結論 / p129 (0137.jp2)
  58. 参考文献 / p130 (0138.jp2)
  59. 第6章 総括と展望 / p133 (0142.jp2)
  60. 使用記号および用語 / p140 (0149.jp2)
  61. 謝辞 / p142 (0151.jp2)
  62. 本論文に関係ある主要な原著論文 / p143 (0152.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171014
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171288
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000335328
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ