Stark変調分光法による2原子分子の励起電子状態における電気的双極子モーメントと分極率の測定に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 武井, 隆明 タケイ, タカアキ

書誌事項

タイトル

Stark変調分光法による2原子分子の励起電子状態における電気的双極子モーメントと分極率の測定に関する研究

著者名

武井, 隆明

著者別名

タケイ, タカアキ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士(理学)

学位授与番号

乙第7498号

学位授与年月日

1998-06-17

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 第1章 序論 / 1-1 / (0006.jp2)
  2. 1-1 孤立系(気相中)分子の電気的性質について / 1-1 / (0006.jp2)
  3. 1-2 Stark効果 / 1-5 / (0010.jp2)
  4. 1-3 電気的永久双極子モーメントや分極率の測定法 / 1-12 / (0017.jp2)
  5. 1-4 なぜStark変調分光法か / 1-15 / (0020.jp2)
  6. 付録1 電子状態の波動関数の検定と双極子モーメント / 1-20 / (0025.jp2)
  7. 第2章 Stark変調スペクトルとその観測系 / 2-1 / (0028.jp2)
  8. 2-1 2原子分子のΣ₀,Π₀,Π₁電子状態とStark効果 / 2-1 / (0028.jp2)
  9. 2-2 Stark変調スペクトル / 2-11 / (0038.jp2)
  10. 2-3 Stark変調スペクトルの観測系 / 2-22 / (0049.jp2)
  11. 第3章 2次Stark効果の場合のStark変調スペクトル / 3-1 / (0053.jp2)
  12. 3-1 2次Stark変調スペクトルの特徴について / 3-2 / (0054.jp2)
  13. 3-2 Stark変調スペクトルによる双極子モーメントの測定結果 / 3-16 / (0068.jp2)
  14. 3-3 スペクトルの回転構造解析への応用 / 3-32 / (0084.jp2)
  15. 第4章 Stark変調スペクトルと分極率(2次Stark効果の場合) / 4-1 / (0092.jp2)
  16. 4-1 I³⁵Cl分子のB³Π₀⁺←X¹Σ₀⁺電子遷移におけるStark変調スペクトルの観測例 / 4-1 / (0092.jp2)
  17. 4-2 2次Stark変調スペクトルに対する分極率の影響 / 4-5 / (0096.jp2)
  18. 4-3 IBr分子のB′O⁺電子状態,ICl分子のB³Π₀⁺電子状態の双極子モーメントへの分極率の影響 / 4-15 / (0106.jp2)
  19. 第5章 1次Stark効果を含む場合のStark変調スペクトル / 5-1 / (0112.jp2)
  20. 5-1 1次Stark変調スペクトル(交流電場のみを印加した場合) / 5-1 / (0112.jp2)
  21. 5-2 Stark変調スペクトルのシミュレーション / 5-4 / (0115.jp2)
  22. 5-3 Stark変調スペクトルのシミュレーション(核スピンによる微細構造を考慮した場合) / 5-13 / (0124.jp2)
  23. 5-4 ICl分子のA³Π₁電子状態の永久双極子モーメントの大きさと向き / 5-32 / (0143.jp2)
  24. 5-5 1次Stark効果を示す電子状態の双極子モーメントの相対的向きの決定について / 5-53 / (0164.jp2)
  25. 第6章 総括 / 6-1 / (0178.jp2)
  26. 付録 核スピンによる微細構造の行列要素(ICl分子を例にして) / A-1 / (0180.jp2)
  27. 参考文献 / R-1 / (0205.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171094
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171368
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000335408
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ