通信用光素子モジュール化技術に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 林, 剛 ハヤシ, ツヨシ

書誌事項

タイトル

通信用光素子モジュール化技術に関する研究

著者名

林, 剛

著者別名

ハヤシ, ツヨシ

学位授与大学

慶応義塾大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

乙第3233号

学位授与年月日

1999-01-20

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 主論目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0007.jp2)
  3. 第1章 序論 / 1-1 / (0010.jp2)
  4. 1.1.研究の背景 / I-1 / (0010.jp2)
  5. 1.2.研究の目的と課題、問題解決方法 / I-4 / (0013.jp2)
  6. 1.3.論文の構成 / I-8 / (0017.jp2)
  7. 第1章参考文献 / I-12 / (0021.jp2)
  8. 第2章 高速光モジュール(微小はんだバンプ接続技術) / 2-1 / (0027.jp2)
  9. 2.1.等価回路解析による実装特性の抽出 / II-3 / (0029.jp2)
  10. 2.2.微小はんだバンプ接続によるハイブリッドPIN-amp / II-23 / (0049.jp2)
  11. 2.3.はんだバンプ接続法のLD-ドライバヘの適用性 / II-38 / (0064.jp2)
  12. 第2章参考文献 / II-54 / (0080.jp2)
  13. 第3章 アレイ光素子モジュール(フィルムキャリア接続技術とサブマウント温度モニタ法) / 3-1 / (0086.jp2)
  14. 3.1.LDアレイモジュールの「高周波クロストーク」 / 3-3 / (0088.jp2)
  15. 3.2.LDアレイモジュールの「熱クロストーク」 / 3-23 / (0108.jp2)
  16. 第3章 参考文献 / 3-65 / (0150.jp2)
  17. 第4章 光素子・電気素子混載マルチチップモジュール(はんだバンプによるセルフアライン接続技術) / 4-1 / (0154.jp2)
  18. 4.1.はんだバンプによるセルフアライン接続技術 / 4-2 / (0155.jp2)
  19. 4.2.接続位置精度の向上 / 4-15 / (0168.jp2)
  20. 第4章 参考文献 / 4-29 / (0182.jp2)
  21. 第5章 簡易光モジュール(はんだバンプによるセルフアライン接続を応用した光モジュール技術[フェルール付きチップキャリア]) / 5-1 / (0184.jp2)
  22. 5.1.はんだバンプのセルフアライメント作用を応用したMUレセプタクル形受光モジュール / 5-2 / (0185.jp2)
  23. 5.2.トランスミッタモジュールヘの適用可能性 / 5-16 / (0199.jp2)
  24. 第5章参考文献 / 5-30 / (0213.jp2)
  25. 第6章 結論 / 6-1 / (0215.jp2)
  26. 謝辞 / (0220.jp2)
  27. 研究業績 / (0221.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171489
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171763
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000335803
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ