分子軌道法および分子動力学法を用いた液体水銀の理論的研究

この論文をさがす

著者

    • 墨, 智成 スミ, トモナリ

書誌事項

タイトル

分子軌道法および分子動力学法を用いた液体水銀の理論的研究

著者名

墨, 智成

著者別名

スミ, トモナリ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第4744号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 【目次】 / p1 (0003.jp2)
  2. 第一章 液体金属の研究背景 / p1 (0006.jp2)
  3. 【1.1】液体金属研究の目的 / p2 (0007.jp2)
  4. 【1.2】原子に働く力場に対する理論的取り扱い / p9 (0014.jp2)
  5. 【1.3】液体金属に対するNearly Free Electron(NFE)近似 / p12 (0017.jp2)
  6. 【1.4】液体水銀の原子間相互作用 / p15 (0020.jp2)
  7. 【1.5】本研究の目的 / p18 (0023.jp2)
  8. 【1.6】参考文献 / p21 (0026.jp2)
  9. 第二章 融点近傍における液体水銀の分子動力学計算 / p23 (0028.jp2)
  10. 【2.1】序論 / p24 (0029.jp2)
  11. 【2.2】分子軌道(MO)法および分子動力学(MD)法の計算方法 / p30 (0035.jp2)
  12. 【2.3】計算結果および考察 / p33 (0038.jp2)
  13. 【2.4】結論 / p52 (0057.jp2)
  14. 【2.5】参考文献 / p55 (0060.jp2)
  15. 第三章 金属相から非金属相に渡る密度領域での液体水銀の分子動力学計算 / p58 (0063.jp2)
  16. 【3.1】序論 / p59 (0064.jp2)
  17. 【3.2】Hg₂の分子軌道(MO)計算 / p65 (0070.jp2)
  18. 【3.3】低密度化液体水銀の分子動力学(MD)計算 / p68 (0073.jp2)
  19. 【3.4】結論 / p86 (0091.jp2)
  20. 【3.5】参考文献 / p90 (0095.jp2)
  21. 第四章 多体力を考慮した液体水銀の分子動力学計算 / p92 (0097.jp2)
  22. 【4.1】序論 / p93 (0098.jp2)
  23. 【4.2】分子動力学(MD)法の計算方法 / p95 (0100.jp2)
  24. 【4.3】分子動力学(MD)法の計算結果 / p97 (0102.jp2)
  25. 【4.4】考察および結論 / p102 (0107.jp2)
  26. 【4.5】参考文献 / p103 (0108.jp2)
  27. 第五章 まとめ / p104 (0109.jp2)
  28. 【謝辞】 / p109 (0114.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171720
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171994
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000336034
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ