氾濫原管理のための氾濫解析手法の精度向上と応用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 末次, 忠司 ツエツギ, タダシ

書誌事項

タイトル

氾濫原管理のための氾濫解析手法の精度向上と応用に関する研究

著者名

末次, 忠司

著者別名

ツエツギ, タダシ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

乙第6791号

学位授与年月日

1999-01-14

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0004.jp2)
  3. 1.1 本研究の背景と目的 / p1 (0004.jp2)
  4. 1.2 本論文の内容及び構成 / p3 (0005.jp2)
  5. 参考文献 / p6 (0007.jp2)
  6. 第2章 氾濫原管理の必要性 / p7 (0007.jp2)
  7. 2.1 戦後の水害被害の変遷 / p7 (0007.jp2)
  8. 2.2 歴史的に見た流域治水 / p18 (0013.jp2)
  9. 2.3 アメリカにおける氾濫原管理 / p23 (0015.jp2)
  10. 2.4 氾濫原管理のあり方 / p31 (0019.jp2)
  11. 2.5 まとめ / p33 (0020.jp2)
  12. 参考文献 / p33 (0020.jp2)
  13. 第3章 氾濫実績から見た氾濫解析手法 / p35 (0021.jp2)
  14. 3.1 氾濫現象の分析 / p35 (0021.jp2)
  15. 3.2 地形特性と氾濫形態 / p43 (0025.jp2)
  16. 3.3 氾濫解析モデル / p50 (0029.jp2)
  17. 3.4 氾濫解析手法 / p54 (0031.jp2)
  18. 3.5 まとめ / p63 (0035.jp2)
  19. 参考文献 / p63 (0035.jp2)
  20. 第4章 水理模型実験による氾濫解析モデルの精度向上 / p65 (0036.jp2)
  21. 4.1 氾濫水理模型実験 / p65 (0036.jp2)
  22. 4.2 氾濫解析モデルに関する検討 / p74 (0041.jp2)
  23. 4.3 まとめ / p80 (0044.jp2)
  24. 参考文献 / p80 (0044.jp2)
  25. 第5章 新たな氾濫解析手法の精度検証及び感度分析 / p81 (0044.jp2)
  26. 5.1 新手法の精度検証 / p81 (0044.jp2)
  27. 5.2 新手法の感度分析 / p84 (0046.jp2)
  28. 5.3 まとめ / p88 (0048.jp2)
  29. 参考文献 / p88 (0048.jp2)
  30. 第6章 氾濫解析の氾濫原管理への適用 / p89 (0048.jp2)
  31. 6.1 河川ネットワークへの適用 / p89 (0048.jp2)
  32. 6.2 防災樹林帯への適用 / p100 (0054.jp2)
  33. 6.3 ハザード・シミュレータへの適用 / p119 (0063.jp2)
  34. 6.4 まとめ / p125 (0066.jp2)
  35. 参考文献 / p126 (0067.jp2)
  36. 第7章 結論 / p127 (0067.jp2)
  37. 謝辞 / p130 (0069.jp2)
  38. 本論文中に使用した記号の説明 / p131 (0069.jp2)
  39. 図表リスト / p133 (0070.jp2)
  40. [参考I]水害被害一覧表 / p137 (0074.jp2)
  41. [参考II]自然災害、水害、洪水による死亡に関する分析 / p139 (0075.jp2)
  42. [参考III]差分に伴う数値粘性項の発生について / p145 (0078.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171846
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000172120
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000336160
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ