新規アンフォテリック型抗アレルギー薬HSR-609の中枢作用に関する薬理学的研究

この論文をさがす

著者

    • 垣内, 正人 カキウチ, マサト

書誌事項

タイトル

新規アンフォテリック型抗アレルギー薬HSR-609の中枢作用に関する薬理学的研究

著者名

垣内, 正人

著者別名

カキウチ, マサト

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士(薬学)

学位授与番号

乙第6830号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章 新規抗アレルギー薬HSR-609の構造活性相関的研究 / p4 (0007.jp2)
  4. 1-1.三環系抗ヒスタミン薬の両性イオン化によるH₁受容体選択性の向上 / p5 (0007.jp2)
  5. 1-2.四環系抗ヒスタミン薬の両性イオン化によるH₁受容体選択性の向上 / p9 (0009.jp2)
  6. 1-3.三環系および四環系抗ヒスタミン薬の両性イオン化によるラットのPCA抑制作用の増強とマウスのhexobarbital睡眠に対する作用の軽減 / p11 (0010.jp2)
  7. 1-4.考察 / p12 (0011.jp2)
  8. 1-5.小括 / p14 (0012.jp2)
  9. 第2章 HSR-609および代表的抗アレルギー薬の中枢作用の評価:生化学的研究 / p17 (0013.jp2)
  10. 2-1.実験材料ならびに実験方法 / p18 (0014.jp2)
  11. 2-2.実験結果 / p21 (0015.jp2)
  12. 2-3.考察 / p24 (0017.jp2)
  13. 2-4.小括 / p28 (0019.jp2)
  14. 第3章 HSR-609および代表的抗アレルギー薬の中枢作用の評価:マウスによる行動薬理学的研究 / p29 (0019.jp2)
  15. 3-1.実験材料ならびに実験方法 / p30 (0020.jp2)
  16. 3-2.実験結果 / p31 (0020.jp2)
  17. 3-3.考察 / p35 (0022.jp2)
  18. 3-4.小括 / p39 (0024.jp2)
  19. 第4章 HSR-609および代表的抗アレルギー薬の中枢作用の評価:慢性に脳波電極を植え込んだ無麻酔無拘束動物による行動および脳波学的研究 / p41 (0025.jp2)
  20. 4-1.実験材料ならびに実験方法 / p42 (0026.jp2)
  21. 4-2.実験結果 / p46 (0028.jp2)
  22. 4-3.考察 / p67 (0038.jp2)
  23. 4-4.小括 / p74 (0042.jp2)
  24. 総括ならびに結論 / p76 (0043.jp2)
  25. 使用薬物 / p79 (0044.jp2)
  26. 文献 / p80 (0045.jp2)
  27. 謝辞 / p86 (0048.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171885
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000172159
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000336199
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ