対話型協調作業における創造性を支援するシステムに関する研究 タイワガタ キョウチョウ サギョウ ニオケル ソウゾウセイ ヲ シエンスル システム ニカンスル ケンキュウ

この論文をさがす

著者

    • 西本, 一志 ニシモト, カズシ

書誌事項

タイトル

対話型協調作業における創造性を支援するシステムに関する研究

タイトル別名

タイワガタ キョウチョウ サギョウ ニオケル ソウゾウセイ ヲ シエンスル システム ニカンスル ケンキュウ

著者名

西本, 一志

著者別名

ニシモト, カズシ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

乙第7592号

学位授与年月日

1998-09-25

注記・抄録

博士論文

14401乙第07592号

博士(工学)

大阪大学

1998-09-25

14135

目次

  1. 目次 / p6 (0008.jp2)
  2. 内容梗概 / p1 (0003.jp2)
  3. 関連発表論文 / p5 (0005.jp2)
  4. 1 序論 / p1 (0010.jp2)
  5. 1.1 本研究の目的 / p1 (0010.jp2)
  6. 1.2 本研究の背景 / p2 (0011.jp2)
  7. 1.3 本論文の構成 / p6 (0013.jp2)
  8. 2 連想検索による異質性を含む情報の抽出手法 / p9 (0014.jp2)
  9. 2.1 はじめに / p9 (0014.jp2)
  10. 2.2 有効な異質性とその獲得のための門外漢モデル / p10 (0015.jp2)
  11. 2.3 実験システムの基本的な構成 / p13 (0016.jp2)
  12. 2.4 実験 / p17 (0018.jp2)
  13. 2.5 おわりに / p25 (0022.jp2)
  14. 3 異質性を含む情報の発散的思考への影響 / p27 (0023.jp2)
  15. 3.1 はじめに / p27 (0023.jp2)
  16. 3.2 情報提供エージェントの構成 / p28 (0024.jp2)
  17. 3.3 実験と結果 / p35 (0027.jp2)
  18. 3.4 情報提供エージェントの影響の検討 / p38 (0029.jp2)
  19. 3.5 関連研究 / p46 (0033.jp2)
  20. 3.6 おわりに / p48 (0034.jp2)
  21. 4 自由対話における話題転換の無遅延検出 / p51 (0035.jp2)
  22. 4.1 はじめに / p51 (0035.jp2)
  23. 4.2 関連研究と予備的考察 / p53 (0036.jp2)
  24. 4.3 局所結束性 / p58 (0039.jp2)
  25. 4.4 広域結束性 / p60 (0040.jp2)
  26. 4.5 セグメント分割手法 / p65 (0042.jp2)
  27. 4.6 実験 / p67 (0043.jp2)
  28. 4.7 おわりに / p77 (0048.jp2)
  29. 5 マルチエージェントによる対話支援環境の実現 / p79 (0049.jp2)
  30. 5.1 はじめに / p79 (0049.jp2)
  31. 5.2 グループ思考モデルと基本タスク / p80 (0050.jp2)
  32. 5.3 グループ思考支援環境:AIDE / p83 (0051.jp2)
  33. 5.4 グループ思考支援とマルチエージェントアーキテクチャ / p95 (0057.jp2)
  34. 5.5 おわりに / p98 (0059.jp2)
  35. 6 音楽における対話行為の支援 / p99 (0059.jp2)
  36. 6.1 はじめに / p99 (0059.jp2)
  37. 6.2 音機能固定マッピング / p101 (0060.jp2)
  38. 6.3 ジャズのための音機能固定マッピング楽器 / p103 (0061.jp2)
  39. 6.4 試作楽器の構成 / p108 (0064.jp2)
  40. 6.5 実験 / p113 (0066.jp2)
  41. 6.6 おわりに / p118 (0069.jp2)
  42. 7 音楽における創造性支援に向けて / p121 (0070.jp2)
  43. 7.1 はじめに / p121 (0070.jp2)
  44. 7.2 Music-AIDEの支援方針 / p122 (0071.jp2)
  45. 7.3 Music-AIDEの構成 / p124 (0072.jp2)
  46. 7.4 Music-AIDE試用実験と考察 / p127 (0073.jp2)
  47. 7.5 おわりに / p130 (0075.jp2)
  48. 8 結論 / p133 (0076.jp2)
  49. 8.1 本論文のまとめ / p133 (0076.jp2)
  50. 8.2 応用分野 / p135 (0077.jp2)
  51. 8.3 今後の研究課題 / p140 (0080.jp2)
  52. 謝辞 / p143 (0081.jp2)
  53. 参考文献 / p145 (0082.jp2)
7アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171984
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000172258
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000336298
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ