中国における大衆消費社会の形成と消費者行動の実証研究

この論文をさがす

著者

    • 李, 海峰 リ, ハイフォン

書誌事項

タイトル

中国における大衆消費社会の形成と消費者行動の実証研究

著者名

李, 海峰

著者別名

リ, ハイフォン

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士(経営学)

学位授与番号

甲第4595号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. <目次> / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0009.jp2)
  3. 第1節 研究の目的と意義 / p1 (0009.jp2)
  4. 1 問題提起 / p1 (0009.jp2)
  5. 2 研究の目的と意義 / p5 (0013.jp2)
  6. 第2節 研究の方法と分析技法 / p6 (0014.jp2)
  7. 第3節 論文の構成 / p7 (0015.jp2)
  8. 第2章 中国における大衆消費社会の形成 / p9 (0017.jp2)
  9. 第1節 経済発展と消費水準の上昇 / p10 (0018.jp2)
  10. 1 国際比較 / p10 (0018.jp2)
  11. 2 生活水準の向上 / p12 (0020.jp2)
  12. 3 都市・農村間の格差 / p17 (0025.jp2)
  13. 第2節 経済政策と消費社会の変化 / p19 (0027.jp2)
  14. 1 経済改革以前の消費生活環境 / p19 (0027.jp2)
  15. 2 市場経済の導入による都市化現象 / p20 (0028.jp2)
  16. 3 低消費から高消費へ / p21 (0029.jp2)
  17. 第3節 都市における消費水準の上昇と階層間の格差 / p22 (0030.jp2)
  18. 1 都市における消費構造の変化 / p22 (0030.jp2)
  19. 2 都市における収入階層間の格差 / p24 (0032.jp2)
  20. 3 中国における所得分布 / p25 (0033.jp2)
  21. 第4節 大衆消費市場の形成とマーケティングの適応 / p28 (0036.jp2)
  22. 1 流通の革新 / p28 (0036.jp2)
  23. 2 商業の構造的変化 / p30 (0038.jp2)
  24. 3 消費市場の特徴 / p31 (0039.jp2)
  25. 第5節 まとめ / p33 (0041.jp2)
  26. 1 大衆消費社会の形成 / p33 (0041.jp2)
  27. 2 商業企業のマーケティング適応 / p33 (0041.jp2)
  28. 第3章 大衆消費社会の形成と消費者行動の研究 / p38 (0046.jp2)
  29. 第1節 大衆消費社会の出現と消費者行動の研究 / p38 (0046.jp2)
  30. 1 歴史的背景 / p38 (0046.jp2)
  31. 2 理論的背景 / p40 (0048.jp2)
  32. 第2節 都市住民の消費生活の変化とその研究 / p42 (0050.jp2)
  33. 1 ミクロ視点からの研究 / p42 (0050.jp2)
  34. 2 消費生活の国際比較 / p44 (0052.jp2)
  35. 3 マクロ視点からの研究 / p47 (0055.jp2)
  36. 第3節 消費者行動の理論と実証研究 / p49 (0057.jp2)
  37. 1 中国における消費者行動理論の研究 / p49 (0057.jp2)
  38. 2 消費市場の変動と消費者行動の研究 / p50 (0058.jp2)
  39. 3 社会主義国に求められる消費生活のあり方 / p52 (0060.jp2)
  40. 第4節 広告の発展と消費者行動の変化 / p52 (0060.jp2)
  41. 1 企業自主権の拡大と広告の発展 / p52 (0060.jp2)
  42. 2 広告と消費者意識 / p53 (0061.jp2)
  43. 第5節 消費者行動に関する実証研究の必要性 / p54 (0062.jp2)
  44. 第4章 北京市における消費者行動の実証分析 / p58 (0066.jp2)
  45. 第1節 研究のフレームワークと分析技法 / p58 (0066.jp2)
  46. 1 消費者行動についての把握 / p58 (0066.jp2)
  47. 2 分析技法 / p59 (0067.jp2)
  48. 3 データ収集都市北京市の概況 / p60 (0068.jp2)
  49. 4 アンケート調査の内容 / p60 (0068.jp2)
  50. 5 データ収集 / p61 (0069.jp2)
  51. 第2節 分析および結果についての考察 / p62 (0070.jp2)
  52. 1 調査対象者の特徴 / p62 (0070.jp2)
  53. 2 質問項目の回答に基づく分析 / p62 (0070.jp2)
  54. 3 消費者行動の多次元分析 / p65 (0073.jp2)
  55. 4 消費者タイプ / p68 (0076.jp2)
  56. 5 分析結果に関する若干の考察 / p71 (0079.jp2)
  57. 6 消費者属性と消費者タイプ / p72 (0080.jp2)
  58. 第3節 結論と残された研究課題 / p73 (0081.jp2)
  59. 付録:アンケート調査表 / p76 (0084.jp2)
  60. 第5章 中国の都市における消費者行動の実態調査と研究分析 / p79 (0088.jp2)
  61. 第1節 消費者行動の理論と分析方法 / p80 (0089.jp2)
  62. 1 消費者行動の理論 / p80 (0089.jp2)
  63. 2 分析方法 / p82 (0091.jp2)
  64. 第2節 都市における実態調査 / p83 (0092.jp2)
  65. 1 都市の概況 / p83 (0092.jp2)
  66. 2 調査の内容 / p86 (0095.jp2)
  67. 3 調査方法 / p88 (0097.jp2)
  68. 第3節 各都市の調査対象者の特徴分析 / p91 (0100.jp2)
  69. 1 社会的特性 / p91 (0100.jp2)
  70. 2 経済的特性 / p94 (0103.jp2)
  71. 3 情報環境と購買環境 / p97 (0106.jp2)
  72. 第4節 都市における消費動向の分析 / p102 (0111.jp2)
  73. 1 収入とその格差 / p102 (0111.jp2)
  74. 2 耐久消費財購買の変化 / p103 (0112.jp2)
  75. 3 収入階層と耐久消費財の購入 / p105 (0114.jp2)
  76. 4 消費支出の傾向 / p106 (0115.jp2)
  77. 5 貯蓄の目的 / p108 (0117.jp2)
  78. 第5節 経済変動と生活意識の変化 / p110 (0119.jp2)
  79. 1 階層意識の変化 / p110 (0119.jp2)
  80. 2 生活に対する満足度 / p111 (0120.jp2)
  81. 3 住宅に対する満足度 / p112 (0121.jp2)
  82. 4 消費者の意識と行動 / p113 (0122.jp2)
  83. 第6節 消費者行動と広告意識に関する分析 / p116 (0125.jp2)
  84. 1 消費者行動の特徴 / p116 (0125.jp2)
  85. 2 広告に対する消費者意識の特徴 / p119 (0128.jp2)
  86. 第7節 分析結果に関する考察 / p122 (0131.jp2)
  87. 第8節 結論 / p129 (0138.jp2)
  88. 第6章 結論と今後に残された課題 / p135 (0144.jp2)
  89. 第1節 分析結果から得られた結論の要約 / p135 (0144.jp2)
  90. 1 中国における「豊かな生活」の実現 / p135 (0144.jp2)
  91. 2 中国における大衆消費社会の形成 / p136 (0145.jp2)
  92. 3 消費欲求変化の同時性 / p137 (0146.jp2)
  93. 4 「大都市型」「地方都市型」の大衆消費市場の形成 / p138 (0147.jp2)
  94. 5 価値体系の変化 / p138 (0147.jp2)
  95. 6 消費者行動の相違点と類似点 / p139 (0148.jp2)
  96. 7 広告宣伝による消費の変化 / p140 (0149.jp2)
  97. 8 情報の入手源 / p140 (0149.jp2)
  98. 9 企業による消費市場の環境適応 / p141 (0150.jp2)
  99. 第2節 社会主義の特徴を有する大衆消費社会の形成 / p142 (0151.jp2)
  100. 1 生活の平準化への方向 / p142 (0151.jp2)
  101. 2 社会主義的教育思想 / p143 (0152.jp2)
  102. 3 社会主義国におけるマーケティング・システムの構築 / p144 (0153.jp2)
  103. 第3節 本研究の意義と今後に残された課題 / p146 (0155.jp2)
  104. 1 本研究の意義 / p146 (0155.jp2)
  105. 2 今後に残された課題 / p147 (0156.jp2)
  106. <補論I>都市別の消費者の意識と行動の特性分析 / p151 (0160.jp2)
  107. 第1節 消費者意識行動の都市間の差異 / p152 (0161.jp2)
  108. 1 質問項目分析 / p152 (0161.jp2)
  109. 2 消費者意識行動の多次元分析 / p156 (0165.jp2)
  110. 3 消費者の属性とその意識行動 / p160 (0169.jp2)
  111. 4 消費者のパターンとその特徴 / p160 (0169.jp2)
  112. 第2節 分析結果及び若干の考察 / p162 (0171.jp2)
  113. 1 各タイプにおける都市間の比較 / p162 (0171.jp2)
  114. 2 消費者属性とタイプ / p163 (0172.jp2)
  115. 3 分析結果に関する若干の考察 / p164 (0173.jp2)
  116. 第3節 結論 / p166 (0175.jp2)
  117. <補論II>現代中国の都市における大衆消費社会の形成-国際比較の観点から- / p170 (0179.jp2)
  118. 第1節 先進諸国からの影響による変化 / p171 (0180.jp2)
  119. 1 情報型耐久消費財の普及 / p171 (0180.jp2)
  120. 2 消費意識の変化 / p172 (0181.jp2)
  121. 3 “消費革命” / p173 (0182.jp2)
  122. 第2節 広告意識による消費志向の変化 / p175 (0184.jp2)
  123. 1 商品広告による情報環境 / p175 (0184.jp2)
  124. 2 広告に対する意識の変化 / p176 (0185.jp2)
  125. 第3節 消費者の意識と行動の変化 / p178 (0187.jp2)
  126. 1 所得分配と中流意識 / p178 (0187.jp2)
  127. 2 消費指向の変化 / p179 (0188.jp2)
  128. 3 消費パターンの変化 / p181 (0190.jp2)
  129. 4 若年層の消費意識 / p182 (0191.jp2)
  130. 第4節 非物質的指向から物質的指向への変化 / p184 (0193.jp2)
  131. 1 核家族化と生活態度の変化 / p184 (0193.jp2)
  132. 2 物質的指向への変化 / p186 (0195.jp2)
  133. 3 欲求変化の特徴 / p188 (0197.jp2)
  134. 第5節 物質主義および脱物質主義についての分析 / p189 (0198.jp2)
  135. 1 中国におけるイングルハートの仮説の適用 / p189 (0198.jp2)
  136. 2 理論的背景 / p190 (0199.jp2)
  137. 3 理論モデル / p191 (0200.jp2)
  138. 4 結果および考察 / p193 (0202.jp2)
  139. 5 結論 / p196 (0205.jp2)
  140. 第6節 中国の欧米、日本との相違点と類似点 / p197 (0206.jp2)
  141. 参考文献 / p201 (0210.jp2)
  142. 付録1:中国の地図(都市の所在地) / (0217.jp2)
  143. 付録2:都市レベル経済力ランキング(主要31都市) / (0218.jp2)
  144. 付録3-1:アンケート調査項目(中国語) / (0221.jp2)
  145. 付録3-2:アンケート調査項目(日本語) / (0225.jp2)
18アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000172153
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000172428
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000336467
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ