中世仏教と鎌倉幕府

この論文をさがす

著者

    • 佐々木, 馨 ササキ, カオル

書誌事項

タイトル

中世仏教と鎌倉幕府

著者名

佐々木, 馨

著者別名

ササキ, カオル

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士(文学)

学位授与番号

乙第5425号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0006.jp2)
  3. 一 仏教における「自文化」への道程 / p1 (0006.jp2)
  4. 二 鎌倉仏教研究の軌跡 / p3 (0007.jp2)
  5. 三「顕密体制」論の若干の検討 / p7 (0009.jp2)
  6. 四 本書の視角 / p13 (0012.jp2)
  7. 五 本書の課題と構成 / p14 (0013.jp2)
  8. 第一部 中世仏教の基本構造 / p27 (0019.jp2)
  9. 第一章 中世仏教と神祇 / p28 (0020.jp2)
  10. 一 はじめに / p28 (0020.jp2)
  11. 二 神国思想の生成 / p29 (0020.jp2)
  12. 三 鎌倉初期の神国思想 / p32 (0022.jp2)
  13. 四 承久の変と神国思想 / p39 (0025.jp2)
  14. 五 蒙古襲来と神国思想 / p45 (0028.jp2)
  15. 六 南北朝・室町期の神国思想 / p49 (0030.jp2)
  16. 七 おわりに / p56 (0034.jp2)
  17. 第二章 中世仏教の三つの思想空間-「体制仏教」「反体制仏教」「超体制仏教」- / p63 (0037.jp2)
  18. 一 はじめに / p63 (0037.jp2)
  19. 二 古代における「体制仏教」と「超体制仏教」 / p66 (0039.jp2)
  20. 三 中世における二つの「体制仏教」 / p72 (0042.jp2)
  21. 四 中世における「反体制仏教」 / p91 (0051.jp2)
  22. 五 中世における「超体制仏教」 / p103 (0057.jp2)
  23. 六 おわりに / p108 (0060.jp2)
  24. 第三章 中世仏教の構造的展開 / p114 (0063.jp2)
  25. 一 はじめに / p114 (0063.jp2)
  26. 二 南北朝時代における「反体制仏教」の「体制」化 / p115 (0063.jp2)
  27. 三 室町時代における「体制仏教」と「反体制仏教」 / p121 (0066.jp2)
  28. 四 戦国時代における「反体制仏教」の消失 / p130 (0071.jp2)
  29. 五 おわりに / p133 (0072.jp2)
  30. 第二部 鎌倉幕府と中世仏教 / p137 (0074.jp2)
  31. 第一章「禅密主義」の成立-「武家的体制仏教」の基調- / p138 (0075.jp2)
  32. 一 はじめに / p138 (0075.jp2)
  33. 二 鶴岡八幡宮と寺社奉公 / p140 (0076.jp2)
  34. 三 幕府と鶴岡八幡宮の政教関係 / p150 (0081.jp2)
  35. 四 幕府の宗教史的背景 / p160 (0086.jp2)
  36. 五 おわりに / p166 (0089.jp2)
  37. 第二章 鎌辞幕府と日蓮の蝦夷観 / p171 (0091.jp2)
  38. 一 はじめに / p171 (0091.jp2)
  39. 二 開幕前夜における蝦夷島の発見と平泉藤原氏 / p173 (0092.jp2)
  40. 三 幕府の蝦夷観と津軽安藤氏 / p178 (0095.jp2)
  41. 四 日蓮の蝦夷観 / p185 (0098.jp2)
  42. 五「東夷成敗」と幕末の蝦夷反乱 / p196 (0104.jp2)
  43. 六 おわりに / p200 (0106.jp2)
  44. 第三章 中世東国と仏教 / p208 (0110.jp2)
  45. 一 はじめに / p208 (0110.jp2)
  46. 二 古代東国と仏教 / p210 (0111.jp2)
  47. 三 中世における古代寺院の改宗とその背景 / p221 (0116.jp2)
  48. 四 中世的改宗の痕跡 / p230 (0121.jp2)
  49. 五 おわりに / p238 (0125.jp2)
  50. 第四章「禅密主義」の東国蚕食 / p242 (0127.jp2)
  51. 一 はじめに / p242 (0127.jp2)
  52. 二 幕府の宗教政策における三階梯 / p243 (0127.jp2)
  53. 三 幕府の北方認識における三階梯と宗教的祭祀権の行使 / p254 (0133.jp2)
  54. 四 宗教的祭祀権の行使と時頼の廻国行脚 / p258 (0135.jp2)
  55. 五「自治体史」の中の時頼廻国 / p268 (0140.jp2)
  56. 六『住心院文書』と幕府の宗教的際祀権 / p271 (0141.jp2)
  57. 七 伝承にみる北方民の情念 / p278 (0145.jp2)
  58. 八 おわりに / p281 (0146.jp2)
  59. 第三部 日蓮と鎌倉幕府 / p287 (0149.jp2)
  60. 第一章 日蓮の体制志向とその転回 / p288 (0150.jp2)
  61. 一 はじめに / p288 (0150.jp2)
  62. 二 日蓮の国主観 / p288 (0150.jp2)
  63. 三 日蓮の武士観 / p316 (0164.jp2)
  64. 四 おわりに / p367 (0189.jp2)
  65. 第二章 日蓮の幕政批判-「禅密主義」との対決 / p369 (0190.jp2)
  66. 一 はじめに / p369 (0190.jp2)
  67. 二 日蓮の神祇観 / p370 (0191.jp2)
  68. 三 日蓮の真言密教批判 / p390 (0201.jp2)
  69. 四 おわりに / p415 (0213.jp2)
  70. 結語 / p417 (0214.jp2)
  71. あとがき / p423 (0217.jp2)
  72. 初出一覧 / p428 (0220.jp2)
  73. 索引 / p1 (0226.jp2)
  74. 目次 / p7 (0233.jp2)
  75. はしがき / p3 (0231.jp2)
  76. 第一 鎌倉仏教研究の歩みと本書の視角 / p1 (0235.jp2)
  77. 一 鎌倉新仏教研究における三つのアプローチ / p1 (0235.jp2)
  78. 二 鎌倉仏教の総体的把握 / p20 (0245.jp2)
  79. 三 いわゆる「顕密体制」論をめぐって / p29 (0249.jp2)
  80. 四 本書の視角 / p45 (0257.jp2)
  81. 第二 鎌倉時代における三つの思想空間 / p53 (0261.jp2)
  82. 一 古代における「体制仏教」と「超体制仏教」 / p53 (0261.jp2)
  83. 二 鎌倉時代における「体制仏教」 / p80 (0275.jp2)
  84. 三「反体制仏教」の誕生 / p149 (0309.jp2)
  85. 四「超体制仏教」の中世的転生 / p178 (0324.jp2)
  86. 五 三つの思想空間の相剋-宗教の体制化- / p207 (0338.jp2)
  87. 第三 南北朝期における思想空間の転換 / p240 (0355.jp2)
  88. 一「体制仏教」の展開 / p240 (0355.jp2)
  89. 二「反体制仏教」の価値観の転換 / p261 (0365.jp2)
  90. 三「超体制仏教」の消滅 / p280 (0375.jp2)
  91. 第四 室町・戦国期における二つの思想空間の攻防 / p296 (0383.jp2)
  92. 一「公家的体制仏教」と「武家的体制仏教」の融合 / p296 (0383.jp2)
  93. 二 「反体制仏教」の再生そして終焉 / p307 (0388.jp2)
  94. おわりに / p329 (0399.jp2)
  95. 索引 / p1 (0405.jp2)
  96. 廻国伝説の謎と二つの疑問 / p1 (0413.jp2)
  97. 宗教から見た鎌倉時代 / (0416.jp2)
  98. 鎌倉仏教論の軌跡 / p8 (0417.jp2)
  99. 神と仏が作る三つの思想空間 / p19 (0422.jp2)
  100. 鎌倉幕府の宗教世界 / p27 (0426.jp2)
  101. 時頼の二つの顔 / (0434.jp2)
  102. 武将としての時頼 / p44 (0435.jp2)
  103. 仏教者としての時頼 / p66 (0446.jp2)
  104. 運命の対決 日蓮と時頼 / (0460.jp2)
  105. 対決の前夜 / p96 (0461.jp2)
  106. 『立正安国論』の世界 / p108 (0467.jp2)
  107. 日蓮の弾圧の背景 / p123 (0474.jp2)
  108. 時頼を待つ東の国 / (0478.jp2)
  109. 古代北方の「蝦夷」 / p132 (0479.jp2)
  110. 古代北方の仏教 / p144 (0485.jp2)
  111. 鎌倉幕府の北方経営 / p151 (0488.jp2)
  112. 東国への旅立ち / (0493.jp2)
  113. 東国寺院の中世的改宗 / p162 (0494.jp2)
  114. 廻国の時期と形態 / p178 (0502.jp2)
  115. 廻国は虚構か史実か / (0506.jp2)
  116. 廻国論争の足跡 / p188 (0507.jp2)
  117. 廻国を裏付ける二つの史科 / p194 (0510.jp2)
  118. 廻国の歴史的意義 / (0515.jp2)
  119. 「禅密主義」の東国蚕食 / p206 (0516.jp2)
  120. 時頼の廻国と二つの中世国家 / p213 (0519.jp2)
  121. あとがき / p219 (0522.jp2)
  122. 参考文献 / p223 (0524.jp2)
25アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000172462
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000172737
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000336776
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ