新規免疫抑制化合物FTY720の作用機構の解析 : リンパ球ホーミングの促進による免疫抑制作用の発現

この論文をさがす

著者

    • 柳川, 芳毅 ヤナガワ, ヨシキ

書誌事項

タイトル

新規免疫抑制化合物FTY720の作用機構の解析 : リンパ球ホーミングの促進による免疫抑制作用の発現

著者名

柳川, 芳毅

著者別名

ヤナガワ, ヨシキ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士(薬学)

学位授与番号

乙第5454号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 略号表 / p1 (0006.jp2)
  3. 序論 / p2 (0007.jp2)
  4. 第I章 ラット同種皮膚移植におけるFTY720,CsAとFK506の移植片生着延長作用 / p5 (0010.jp2)
  5. I-1 緒言 / p5 (0010.jp2)
  6. I-2 実験材料および実験方法 / p5 (0010.jp2)
  7. I-3 実験結果 / p8 (0013.jp2)
  8. I-4 考察 / p12 (0017.jp2)
  9. 第II章 ラットにおけるFTY720による末梢血リンパ球減少作用の機序解析 / p13 (0018.jp2)
  10. II-1 緒言 / p13 (0018.jp2)
  11. II-2 実験材料および実験方法 / p14 (0019.jp2)
  12. II-3 実験結果 / p17 (0022.jp2)
  13. II-4 考察 / p28 (0033.jp2)
  14. 第III章 ラットT細胞におけるリンパ球ホーミングレセプターの発現量に対するFTY720の作用 / p31 (0036.jp2)
  15. III-1 緒言 / p31 (0036.jp2)
  16. III-2 実験方法および実験材料 / p31 (0036.jp2)
  17. III-3 実験結果 / p34 (0039.jp2)
  18. III-4 考察 / p38 (0043.jp2)
  19. 第IV章 ラット同種移植における移植片中のIL-2とIFN-γのmRNA発現量およびT細胞浸潤に対するFTY720およびCsAの作用 / p41 (0046.jp2)
  20. IV-1 緒言 / p41 (0046.jp2)
  21. IV-2 実験材料および実験方法 / p41 (0046.jp2)
  22. IV-3 実験結果 / p46 (0051.jp2)
  23. IV-4 考察 / p57 (0062.jp2)
  24. 第V章 総括 / p61 (0066.jp2)
  25. 本論文内容の誌上発表 / p63 (0068.jp2)
  26. 参考文献 / p64 (0069.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000172491
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000172767
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000336805
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ