新規カリウムチャンネル開口薬KRN4884の薬理学的特性ならびに抗高血圧作用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 川原, 潤一 カワハラ, ジュンイチ

書誌事項

タイトル

新規カリウムチャンネル開口薬KRN4884の薬理学的特性ならびに抗高血圧作用に関する研究

著者名

川原, 潤一

著者別名

カワハラ, ジュンイチ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士(獣医学)

学位授与番号

乙第5485号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0005.jp2)
  3. 緒言 / p1 (0009.jp2)
  4. 第1章 ラット大動脈標本を用いた血管拡張作用についての検討 / p4 (0012.jp2)
  5. 1.序 / p4 (0012.jp2)
  6. 2.材料および方法 / p4 (0012.jp2)
  7. 3.結果 / p6 (0014.jp2)
  8. 4.考察 / p15 (0023.jp2)
  9. 5.小括 / p18 (0026.jp2)
  10. 第2章 ラットを用いた抗高血圧効果の検討 / p20 (0028.jp2)
  11. 1.序 / p20 (0028.jp2)
  12. 2.材料および方法 / p20 (0028.jp2)
  13. 3.結果 / p22 (0030.jp2)
  14. 4.考察 / p27 (0035.jp2)
  15. 5.小括 / p29 (0037.jp2)
  16. 第3章 イヌを用いた抗高血圧効果の検討 / p30 (0038.jp2)
  17. 1.序 / p30 (0038.jp2)
  18. 2.材料および方法 / p30 (0038.jp2)
  19. 3.結果 / p32 (0040.jp2)
  20. 4.考察 / p40 (0048.jp2)
  21. 5.小括 / p43 (0051.jp2)
  22. 第4章 ラット大動脈標本における持続的弛緩反応の検討 / p44 (0052.jp2)
  23. 1.序 / p44 (0052.jp2)
  24. 2.材料および方法 / p44 (0052.jp2)
  25. 3.結果 / p46 (0054.jp2)
  26. 4.考察 / p49 (0057.jp2)
  27. 5.小括 / p50 (0058.jp2)
  28. 第5章 腎臓の血行動態および機能に対する影響 / p52 (0060.jp2)
  29. 1.序 / p52 (0060.jp2)
  30. 2.材料および方法 / p52 (0060.jp2)
  31. 3.結果 / p55 (0063.jp2)
  32. 4.考察 / p69 (0077.jp2)
  33. 5.小括 / p71 (0079.jp2)
  34. 総括 / p73 (0081.jp2)
  35. 謝辞 / p75 (0083.jp2)
  36. 参考文献 / p76 (0084.jp2)
  37. 英文抄録 / p87 (0095.jp2)
  38. Effects of the potassium channel openers KRN4884 and levcromakalim on the contraction of rat aorta induced by A23187,compared with nifedipine / p460 (0100.jp2)
  39. KRN4884,a Novel K Channel Opener:Antihypertensive Effects in Conscious Renal Hypertensive Dogs / p814 (0105.jp2)
  40. Antihypertensive properties of KRN4884,a novel long-lasting potassium channel opener / p1 (0111.jp2)
  41. KRN5702のビーグル犬における静脈内投与急性毒性試験 / p25 (0117.jp2)
  42. KRN5702のビーグル犬における4週間静脈内投与による亜急性毒性試験 / p123 (0131.jp2)
  43. KRN5702のビーグル犬における13週間静脈内投与による亜急性毒性試験および5週間回復試験 / p155 (0149.jp2)
  44. KRN5702のビーグル犬における52週間静脈内投与慢性毒性試験 / p203 (0175.jp2)
  45. 遺伝子組換えヒト由来顆粒球コロニー形成刺激因子(rhG-CSF:KRN8601)の毒性研究(第2報﹡) マウス,ラット皮下投与急性毒性試験及びラットにおける4週間皮下投与亜急性毒性試験 / p270 (0209.jp2)
  46. Recombinant Human Erythropoietin Corrects Anemia of Blood Loss:A Study in the Dog / p97 (0219.jp2)
  47. KRN5702の幼若ラットにおける28日間反復皮下投与毒性試験 / p11 (0226.jp2)
  48. KRN5702製剤のラットにおける13週間間欠皮下投与毒性試験および10週間回復試験 / p29 (0238.jp2)
  49. In vitro and in vivo vasodilating effects of KRN4884,Kil769 and Ki3005,pyridinecarboxamidine derivatives / p561 (0265.jp2)
  50. Cardiovascular Profile of a Novel Potassium Channel Opener,KRN4884 / p118 (0269.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000172522
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000172798
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000336836
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ