アスコルビン酸による遺伝子発現制御機構の解析 アスコルビン酸 遺伝子 発現 制御 機構 解析

この論文をさがす

著者

    • 水谷昭文 ミズタニ, アキフミ

書誌事項

タイトル

アスコルビン酸による遺伝子発現制御機構の解析

タイトル別名

アスコルビン酸 遺伝子 発現 制御 機構 解析

著者名

水谷昭文

著者別名

ミズタニ, アキフミ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

甲第4228号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 略語 / (0005.jp2)
  3. 序論 / p1 (0006.jp2)
  4. 第一章 アスコルビン酸により発現制御される遺伝子の検索 / p6 (0011.jp2)
  5. 第一節 モルモットにおけるubiquitin遺伝子の発現 / p6 (0011.jp2)
  6. 1.緒言 / p6 (0011.jp2)
  7. 2.材料、及び実験方法 / p8 (0013.jp2)
  8. 3.結果 / p11 (0016.jp2)
  9. 4.考察 / p15 (0020.jp2)
  10. 図表 / p19 (0024.jp2)
  11. 第二節 ods ratにおいてアスコルビン酸により発現制御される遺伝子の検索 アスコルビン酸によるstearyl-CoA desaturaseの発現調節 / p27 (0032.jp2)
  12. 1.緒言 / p27 (0032.jp2)
  13. 2.材料、及び実験方法 / p29 (0034.jp2)
  14. 3.結果 / p33 (0038.jp2)
  15. 4.考察 / p36 (0041.jp2)
  16. 図表 / p39 (0044.jp2)
  17. 第二章 アスコルビン酸による転写促進機構の解析 / p45 (0050.jp2)
  18. 第一節 アスコルビン酸による活性化マクロファージのNO産生促進 / p45 (0050.jp2)
  19. 1.緒言 / p45 (0050.jp2)
  20. 2.材料、及び実験方法 / p47 (0052.jp2)
  21. 3.結果 / p50 (0055.jp2)
  22. 4.考察 / p53 (0058.jp2)
  23. 図表 / p56 (0061.jp2)
  24. 第二節 アスコルビン酸によるiNOS遺伝子の発現促進機構の解析 アスコルビン酸による転写因子NF-kBの活性化機構 / p63 (0068.jp2)
  25. 1.緒言 / p63 (0068.jp2)
  26. 2.材料、及び実験方法 / p65 (0070.jp2)
  27. 3.結果 / p68 (0073.jp2)
  28. 4.考察 / p73 (0078.jp2)
  29. 図表 / p76 (0081.jp2)
  30. 第三章 総合考察 / p87 (0092.jp2)
  31. 参考文献 / p91 (0096.jp2)
  32. 要約 / p98 (0103.jp2)
  33. 謝辞 / (0106.jp2)
  34. 報文目録 / (0107.jp2)
  35. 報文 / p575 (0108.jp2)
  36. 1.Ascorbate-dependent expression of ubiquitin genes in guinea pigs / p575 (0108.jp2)
  37. 2.Ascorbate-dependent enhancement of nitric oxide formation in activated macrophages / p235 (0112.jp2)
  38. 3.Molecular role of ascorbate in enhancement of NO production in activated macrophages / p1 (0117.jp2)
  39. 参考論文目録 / (0140.jp2)
  40. 参考論文 (トピックス)アスコルビン酸の遺伝子発現調節作用 / p395 (0141.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000172931
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000173207
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000337245
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ