大腸菌グルコース応答の分子機構 大腸菌 グルコース 応答 分子 機構

この論文をさがす

著者

    • 木全恵子 キマタ, ケイコ

書誌事項

タイトル

大腸菌グルコース応答の分子機構

タイトル別名

大腸菌 グルコース 応答 分子 機構

著者名

木全恵子

著者別名

キマタ, ケイコ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第4256号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

名古屋大学博士学位論文 学位の種類:博士(理学) (課程) 学位授与年月日:平成11年3月25日 副論文・参考論文はPDFに含まれていません。

目次

  1. 目次 / p2 (0003.jp2)
  2. 概略 / p3 (0004.jp2)
  3. 序章 / p6 (0006.jp2)
  4. 1)グルコース効果とカタボライト抑制 / p7 (0007.jp2)
  5. 2)PTS系とinducer exclusion / p10 (0009.jp2)
  6. 3)cAMP receptor protein (CRP) / p12 (0010.jp2)
  7. 4)グルコース効果における問題点と本研究の目的 / p13 (0010.jp2)
  8. Figures / p16 (0012.jp2)
  9. 第I章 大腸菌グルコース効果におけるCRP-cAMPの役割 / p19 (0015.jp2)
  10. 1.要旨 / p20 (0016.jp2)
  11. 2.序論 / p21 (0017.jp2)
  12. 3.実験材料、方法 / p23 (0018.jp2)
  13. 4.結果 / p26 (0019.jp2)
  14. 5.考察 / p31 (0022.jp2)
  15. Figures,Tables / p34 (0023.jp2)
  16. 第II章 大腸菌グルコーストランスポーター遺伝子ptsGの転写制御におけるグルコース誘導性転写制御因子Mlcの役割 / p44 (0033.jp2)
  17. 1.要旨 / p45 (0034.jp2)
  18. 2.序論 / p46 (0035.jp2)
  19. 3.実験材料、方法 / p48 (0036.jp2)
  20. 4.結果 / p54 (0039.jp2)
  21. 5.考察 / p61 (0042.jp2)
  22. Figures, Tables / p65 (0044.jp2)
  23. 終章 今後の課題と展望 / p78 (0057.jp2)
  24. Figures / p82 (0060.jp2)
  25. 参考文献 / p83 (0061.jp2)
  26. 副論文、及び、参考論文 / p96 (0068.jp2)
  27. 謝辞 / p97 (0069.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000172959
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000173235
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000337273
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ