加速器によるニュートリノ振動実験におけるエマルション中でのτ粒子の検出 加速器 ニュートリノ 振動 実験 エマルション中 粒子 検出

この論文をさがす

著者

    • 大林由尚 オオバヤシ, ヨシヒサ

書誌事項

タイトル

加速器によるニュートリノ振動実験におけるエマルション中でのτ粒子の検出

タイトル別名

加速器 ニュートリノ 振動 実験 エマルション中 粒子 検出

著者名

大林由尚

著者別名

オオバヤシ, ヨシヒサ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第4260号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

名古屋大学博士学位論文 学位の種類:博士(理学) (課程) 学位授与年月日:平成11年3月25日 副論文・参考論文はPDFに含まれていません。

目次

  1. 目次 / p5 (0004.jp2)
  2. 1章 Introduction / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 ニュートリノ発見の歴史 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 ニュートリノの反応 / p2 (0007.jp2)
  5. 1.3 ニュートリノ質量 / p3 (0007.jp2)
  6. 1.4 ニュートリノ振動 / p5 (0008.jp2)
  7. 1.5 ニュートリノ振動に関するこれまでの実験結果 / p7 (0009.jp2)
  8. 2章 CHORUS実験 / p15 (0013.jp2)
  9. 2.1 ニュートリノ振動の探索 / p15 (0013.jp2)
  10. 2.2 ニュートリノビーム / p16 (0014.jp2)
  11. 2.3 [数式]反応の識別 / p17 (0014.jp2)
  12. 2.4 [数式]反応の識別 / p20 (0016.jp2)
  13. 2.5 ビーム照射 / p20 (0016.jp2)
  14. 2.6 バックグラウンド / p21 (0016.jp2)
  15. 3章 CHORUS検出器 / p25 (0018.jp2)
  16. 3.1 エマルション / p25 (0018.jp2)
  17. 3.2 ターゲットモジュール / p26 (0019.jp2)
  18. 3.3 トリガーカウンター / p33 (0022.jp2)
  19. 3.4 空芯電磁石スペクトロメーター / p35 (0023.jp2)
  20. 3.5 カロリーメーター / p38 (0025.jp2)
  21. 3.6 μ粒子スペクトロメーター / p38 (0025.jp2)
  22. 3.7 エマルション解析装置 / p38 (0025.jp2)
  23. 3.8 モンテカルロシミュレーション / p41 (0026.jp2)
  24. 4章 ニュートリノ反応の解析 / p45 (0028.jp2)
  25. 4.1 ニュートリノ反応再構成 / p46 (0029.jp2)
  26. 4.2 反応選択 / p48 (0030.jp2)
  27. 4.3 インターフェイスプレートの解析 / p53 (0032.jp2)
  28. 4.4 標的エマルションのアライメント補正 / p56 (0034.jp2)
  29. 4.5 反応点探索 / p57 (0034.jp2)
  30. 4.6 崩壊探索 / p61 (0036.jp2)
  31. 4.7 精密再測定 / p80 (0046.jp2)
  32. 4.8 検出効率の検証 / p82 (0047.jp2)
  33. 4.9 解析期間による崩壊探索手法の組合せ / p85 (0048.jp2)
  34. 5章 解析結果 / p89 (0050.jp2)
  35. 5.1 [数式]振動に対する感度 / p89 (0050.jp2)
  36. 5.2 [数式]事象の検出 / p93 (0052.jp2)
  37. 6章 まとめ / p99 (0055.jp2)
  38. 付録A エマルジョンチェンバーの製作 / p101 (0056.jp2)
  39. Observation of neutrino induced diffractive [数式] production and subsequent decay [数式] / p458 (0063.jp2)
  40. The CHORUS experiment to search for Vμ→Vτ oscillation / p7 (0068.jp2)
  41. A Search for νμ→ντ Oscillation / (0087.jp2)
  42. Search for Vμ→Vт oscillation using the т decay modes into a single charged particle¹ / p205 (0091.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000172963
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000173239
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000337277
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ