高粘性液体およびその混合系の構造緩和

この論文をさがす

著者

    • 納堂, 高明 ノウドウ, タカアキ

書誌事項

タイトル

高粘性液体およびその混合系の構造緩和

著者名

納堂, 高明

著者別名

ノウドウ, タカアキ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第4320号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒言 / p1 (0006.jp2)
  3. 1-1 構造緩和とは / p1 (0006.jp2)
  4. 1-2 これまでの構造緩和に関する研究 / p2 (0007.jp2)
  5. 1-3 本論文の目的および構成 / p5 (0010.jp2)
  6. 第2章 構造緩和に関連した一般論 / p7 (0012.jp2)
  7. 2-1 複素音速度と縦波弾性率 / p7 (0012.jp2)
  8. 2-2 換算弾性率 / p9 (0014.jp2)
  9. 2-3 緩和時間の分布関数および平均緩和時間 / p11 (0016.jp2)
  10. 2-4 換算変数法 / p13 (0018.jp2)
  11. 第3章 測定装置および試料 / p14 (0019.jp2)
  12. 3-1 はじめに / p14 (0019.jp2)
  13. 3-2 光偏向法 / p15 (0020.jp2)
  14. 3-3 高分解能Bragg反射法 / p17 (0022.jp2)
  15. 3-4 ブリュアン散乱法 / p20 (0025.jp2)
  16. 3-5 その他の測定装置 / p23 (0028.jp2)
  17. 3-6 試料 / p25 (0030.jp2)
  18. 第4章 超音波緩和からみた高粘性液体の構造緩和 / p27 (0032.jp2)
  19. 4-1 はじめに(一成分系) / p27 (0032.jp2)
  20. 4-2 結果(一成分系) / p29 (0034.jp2)
  21. 4-3 はじめに(混合系) / p38 (0043.jp2)
  22. 4-4 結果(混合系) / p39 (0044.jp2)
  23. 4-5 考察 / p43 (0048.jp2)
  24. 第5章 誘電緩和からみたPEGの構造緩和および超音波緩和との関連 / p48 (0053.jp2)
  25. 5-1 はじめに / p48 (0053.jp2)
  26. 5-2 結果 / p49 (0054.jp2)
  27. 5-3 考察 / p52 (0057.jp2)
  28. 第6章 低周波ラマンスペクトルからみた高粘性液体の局所構造 / p54 (0059.jp2)
  29. 6-1 はじめに / p54 (0059.jp2)
  30. 6-2 結果 / p56 (0061.jp2)
  31. 6-3 考察 / p59 (0064.jp2)
  32. 第7章 高粘性液体の構造緩和について / p61 (0066.jp2)
  33. 7-1 はじめに / p61 (0066.jp2)
  34. 7-2 モード結合理論との関連 / p62 (0067.jp2)
  35. 7-3 協同運動の素過程 / p63 (0068.jp2)
  36. 7-4 高粘性液体の協同運動の描像 / p63 (0068.jp2)
  37. 第8章 結言 / p65 (0070.jp2)
  38. 付録 / p67 (0072.jp2)
  39. 付録A Martin-Brenigによるボゾンピークの解析 / p67 (0072.jp2)
  40. 参考文献 / p72 (0077.jp2)
  41. 謝辞 / p76 (0081.jp2)
  42. 論文目録・国際会議目録 / p77 (0082.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173023
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000173299
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000337337
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ