Interleukin-6 in bile as an indicator of posthepatectomy liver function : a study in patients with biliary tract carcinoma 肝切除術後肝機能の指標としての胆汁中interleukin-6 : 胆道癌患者における研究

この論文をさがす

著者

    • 前田, 敦行 マエダ, アツユキ

書誌事項

タイトル

Interleukin-6 in bile as an indicator of posthepatectomy liver function : a study in patients with biliary tract carcinoma

タイトル別名

肝切除術後肝機能の指標としての胆汁中interleukin-6 : 胆道癌患者における研究

著者名

前田, 敦行

著者別名

マエダ, アツユキ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士(医学)

学位授与番号

乙第5554号

学位授与年月日

1999-03-10

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173132
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000173408
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000337446
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ