グリコサミノグリカンの生合成の開始と糖鎖伸長に関与する糖転移酵素の研究

この論文をさがす

著者

    • 土田, 和徳 ツチダ, カズノリ

書誌事項

タイトル

グリコサミノグリカンの生合成の開始と糖鎖伸長に関与する糖転移酵素の研究

著者名

土田, 和徳

著者別名

ツチダ, カズノリ

学位授与大学

神戸薬科大学

取得学位

博士(薬学)

学位授与番号

甲第8号

学位授与年月日

1999-03-17

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 略称 / p8 (0007.jp2)
  3. 序論 / p1 (0008.jp2)
  4. 本論 / p6 (0011.jp2)
  5. 第一章 グリコサミノグリカンの糖―タンパク質結合領域に作用するGalNAc転移酵素に関する研究 / p6 (0011.jp2)
  6. 1.緒言 / p6 (0011.jp2)
  7. 2.1 実験材料及び方法 / p11 (0013.jp2)
  8. 3.結果 / p13 (0014.jp2)
  9. 4.考察 / p19 (0017.jp2)
  10. 5.小活 / p21 (0018.jp2)
  11. 第二章 簡易活性測定法を用いたコンドロイチン硫酸の糖鎖伸長に関与するUDP-GalNAc:コンドロイチンGalNAc転移酵素のウシ胎児血清からの検出とその性質について / p22 (0019.jp2)
  12. 1.緒言 / p22 (0019.jp2)
  13. 2.実験材料及び方法 / p24 (0020.jp2)
  14. 3.結果 / p27 (0021.jp2)
  15. 4.考察 / p37 (0026.jp2)
  16. 5.小括 / p39 (0027.jp2)
  17. 第三章 ウシ胎児血清中のGalNAc転移酵素IIとGlcA転移酵素IIの各種クロマトグラフィーの検討と精製 / p40 (0028.jp2)
  18. 緒言 / p40 (0028.jp2)
  19. 第一節 硫酸基転移酵素を除いたウシ胎児血清を用いた転移酵素IIとGlcA転移酵素IIの各種クロマトグラフィーの検討と精製 / p40 (0028.jp2)
  20. 1.はじめに / p40 (0028.jp2)
  21. 2.実験材料及び方法 / p41 (0028.jp2)
  22. 4.小括 / p64 (0040.jp2)
  23. 第二節 ウシ胎児血清を酵素源としたGalNAc転移酵素II、GlcA転移酵素IIの各種クロマトグラフィーの検討と精製及び両酵素の単一タンパク質性の検討 / p65 (0040.jp2)
  24. 1.研究目的 / p65 (0040.jp2)
  25. 2.実験材料及び方法 / p65 (0040.jp2)
  26. 3.結果と考察 / p67 (0041.jp2)
  27. 4.小括 / p90 (0053.jp2)
  28. 総括 / p91 (0053.jp2)
  29. 謝辞 / p92 (0054.jp2)
  30. 参考文献 / p93 (0054.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173139
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000173415
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000337453
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ