β-構造を基本骨格に有する機能性分子を指向したグラミシジンS誘導体の合成研究

この論文をさがす

著者

    • 山田, 圭一 ヤマダ, ケイイチ

書誌事項

タイトル

β-構造を基本骨格に有する機能性分子を指向したグラミシジンS誘導体の合成研究

著者名

山田, 圭一

著者別名

ヤマダ, ケイイチ

学位授与大学

名古屋工業大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第253号

学位授与年月日

1999-03-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章 グラミシジンSの化学 / p4 (0007.jp2)
  4. 1-1.グラミシジンSの単離と構造決定 / p4 (0007.jp2)
  5. 1-2.GS型基本骨格を有するβ-sheetペプチド化合物のde novo設計 / p5 (0007.jp2)
  6. 1-3.まとめ / p7 (0008.jp2)
  7. 参考文献 / p8 (0009.jp2)
  8. 第2章 グラミシジンSの保護オルニチン側鎖の立体化学 / p9 (0009.jp2)
  9. 序論 / p9 (0009.jp2)
  10. 2-1.D-Cha残基を有する保護GS誘導体の合成 / p10 (0010.jp2)
  11. 2-2.保護GS誘導体の¹H NMR化学シフトの比較 / p11 (0010.jp2)
  12. 2-3.保護GS誘導体における化学シフトの温度依存性 / p12 (0011.jp2)
  13. 2-4.保護Orn側鎖の立体化学とN-メチル化の反応挙動の相関関係 / p13 (0011.jp2)
  14. 2-5.保護アミドNHのN-メチル化反応速度 / p14 (0012.jp2)
  15. 結論 / p15 (0012.jp2)
  16. 実験の部 / p16 (0013.jp2)
  17. 参考文献 / p18 (0014.jp2)
  18. 第3章 金属イオン結合能を有するGS誘導体の合成研究 / p19 (0014.jp2)
  19. 序論 / p19 (0014.jp2)
  20. 3-1 金属結合基を有するGS誘導体の合成 / p22 (0016.jp2)
  21. 3-2.Orn側鎖に金属結合基を有するGS誘導体の錯形成挙動 / p26 (0018.jp2)
  22. 結語 / p38 (0024.jp2)
  23. 実験の部 / p39 (0024.jp2)
  24. 参考文献 / p46 (0028.jp2)
  25. 第4章 架橋型グラミシジンS誘導体の合成と性質 / p47 (0028.jp2)
  26. 序論 / p47 (0028.jp2)
  27. 4-1.分子内架橋型GS誘導体の合成と性質 / p48 (0029.jp2)
  28. 4-2.分子内架橋型GS誘導体の抗菌活性 / p52 (0031.jp2)
  29. 4-3.分子内架橋型GS誘導体の立体構造解析 / p53 (0031.jp2)
  30. 4-4.分子間架橋型GS誘導体の合成 / p56 (0033.jp2)
  31. 4-5.分子間架橋型GSの抗菌活性 / p56 (0033.jp2)
  32. 4-6.分子間架橋型GSの立体構造 / p57 (0033.jp2)
  33. 4-7.金属イオン結合基を有する架橋型GS誘導体の合成 / p61 (0035.jp2)
  34. 結語 / p63 (0036.jp2)
  35. 実験の部 / p64 (0037.jp2)
  36. 参考文献 / p72 (0041.jp2)
  37. 第5章 GS型基本骨格を有する機能性分子の合成 / p73 (0041.jp2)
  38. 序論 / p73 (0041.jp2)
  39. 5-1.β-シクロデキストリンモノカルボン酸の合成 / p74 (0042.jp2)
  40. 5-2.CyD残基を有するGS誘導体の合成 / p74 (0042.jp2)
  41. 5-3.CyD残基を有するGS誘導体のゲスト分子包接能力 / p75 (0042.jp2)
  42. 5-4.水溶性GSアナログの合成 / p76 (0043.jp2)
  43. 結語 / p79 (0044.jp2)
  44. 実験の部 / p80 (0045.jp2)
  45. 参考文献 / p83 (0046.jp2)
  46. 第6章 GS基本骨格の構成要素としての非天然アミノ酸の検討 / p84 (0047.jp2)
  47. 序論 / p84 (0047.jp2)
  48. 6-1.α-alkoxyglycineの立体化学と絶対配置の決定 / p86 (0048.jp2)
  49. 6-2.α-alkoxyglycine誘導体の合成 / p87 (0048.jp2)
  50. 6-3.酵素によるα-alkoxyglycine誘導体の加水分解反応 / p89 (0049.jp2)
  51. 結論 / p93 (0051.jp2)
  52. 実験の部 / p94 (0052.jp2)
  53. 参考文献 / p101 (0055.jp2)
  54. 第7章 総括 / p102 (0056.jp2)
  55. 投稿論文リスト / p104 (0057.jp2)
  56. 口頭発表リスト / p106 (0058.jp2)
  57. 謝辞 / p107 (0058.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173151
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000173427
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000337465
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ