自然熱源による路面の融雪・凍結抑制システムに関する研究 シゼン ネツゲン ニヨル ロメン ノ ユウセツ トウケツ ヨクセイ システム ニカンスル ケンキュウ

この論文をさがす

著者

    • 宮本, 重信 ミヤモト, シゲノブ

書誌事項

タイトル

自然熱源による路面の融雪・凍結抑制システムに関する研究

タイトル別名

シゼン ネツゲン ニヨル ロメン ノ ユウセツ トウケツ ヨクセイ システム ニカンスル ケンキュウ

著者名

宮本, 重信

著者別名

ミヤモト, シゲノブ

学位授与大学

名古屋工業大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

乙第147号

学位授与年月日

1999-03-16

注記・抄録

博士論文

主査:梅原 秀哲

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 第1章 路面の融雪・凍結抑制の現状、課題と研究開発の目的 / p1 (0006.jp2)
  3. 1-1 路面融雪の現状と技術課題 / p1 (0006.jp2)
  4. 1-2 路面凍結抑制の現状と技術課題 / p2 (0007.jp2)
  5. 1-3 本研究開発の方向、視点、方法と課題 / p2 (0007.jp2)
  6. 1-4 本論文の内容と構成 / p4 (0008.jp2)
  7. 第2章 放熱管方式無散水融雪 / p5 (0008.jp2)
  8. 2-1 はじめに / p5 (0008.jp2)
  9. 2-2 モデル式 / p5 (0008.jp2)
  10. 2-3 雪と舗装表面の間の熱コンダクタンスの計測 / p6 (0009.jp2)
  11. 2-4 実験による融雪モデル式の検証(地盤部) / p8 (0010.jp2)
  12. 2-5 実験による融雪モデル式の検証(橋梁部) / p9 (0010.jp2)
  13. 2-6 舗装の高熱伝導化 / p12 (0012.jp2)
  14. 2-7 放熱管埋設舗装のプレキャスト化 / p12 (0012.jp2)
  15. 2-8 放熱管の配置 / p13 (0012.jp2)
  16. 2-9 放熱管の凍結時の破損・断熱材の使用など / p15 (0013.jp2)
  17. 2-10 低温度の水での融雪能力について / p15 (0013.jp2)
  18. 第3章 スプリンクラー散水による融雪の熱解析と実用化 / p18 (0015.jp2)
  19. 3-1 はじめに / p18 (0015.jp2)
  20. 3-2 モデル式 / p18 (0015.jp2)
  21. 3-3 実験装置と実験方法 / p20 (0016.jp2)
  22. 3-4 実験結果と考察 / p20 (0016.jp2)
  23. 3-5 融雪運転記録からのモデル式の検証 / p21 (0016.jp2)
  24. 3-6 ノズル散水との比較 / p23 (0017.jp2)
  25. 3-7 実用化と課題 / p24 (0018.jp2)
  26. 第4章 歩道無散水と車道散水の組み合わせによる融雪 / p25 (0018.jp2)
  27. 4-1 節水型の地下水利用システムの現状と課題 / p25 (0018.jp2)
  28. 4-2 カスケードな(二度使い)地下水利用による節水型融雪 / p25 (0018.jp2)
  29. 4-3 実施例 / p26 (0019.jp2)
  30. 第5章 融雪装置を制御するセンサー / p28 (0020.jp2)
  31. 5-1 融雪装置を運転するセンサーの現状 / p28 (0020.jp2)
  32. 5-2 フィードバック制御(積雪センサー)の提案と開発 / p28 (0020.jp2)
  33. 5-3 積雪センサーの効果 / p29 (0020.jp2)
  34. 5-4 積雪センサーと融雪装置の相互関係 / p31 (0021.jp2)
  35. 5-5 実施例 / p31 (0021.jp2)
  36. 第6章 基礎杭利用地熱融雪の概念・設計・施工・運転例 / p33 (0022.jp2)
  37. 6-1 はじめに / p33 (0022.jp2)
  38. 6-2 本融雪システムの説明 / p33 (0022.jp2)
  39. 6-3 開発の経緯と本論の構成 / p34 (0023.jp2)
  40. 6-4 設計・施工・運転の事例 / p34 (0023.jp2)
  41. 第7章 基礎杭利用地熱融雪の能力と数値シミュレーション / p39 (0025.jp2)
  42. 7-1 実験装置 / p39 (0025.jp2)
  43. 7-2 実験結果と考察 / p40 (0026.jp2)
  44. 7-3 モデル式 / p44 (0028.jp2)
  45. 7-4 杭内水1巡までの融雪の実測と数値シミュレーション / p45 (0028.jp2)
  46. 7-5 杭内水7巡までの融雪の実測と数値シミュレーション / p50 (0031.jp2)
  47. 7-6 実用施設・1シーズン融雪での実測と数値シミュレーション / p51 (0031.jp2)
  48. 7-7 豪雪時の数値シミュレーション / p55 (0033.jp2)
  49. 7-8 杭の設置間隔が融雪に及ぼす影響 / p56 (0034.jp2)
  50. 7-9 放熱管の種類、間隔などの融雪部条件が融雪能力に及ぼす影響 / p57 (0034.jp2)
  51. 第8章 熱交換杭の温度変化にともなう変位と応力 / p59 (0035.jp2)
  52. 8-1 モデル式 / p59 (0035.jp2)
  53. 8-2 実測杭頭変位からの逆解析 / p60 (0036.jp2)
  54. 8-3 豪雪時の応力と変位 / p61 (0036.jp2)
  55. 8-4 第6章から第8章のまとめ / p63 (0037.jp2)
  56. 第9章 橋梁路面の凍結と熱収支 / p65 (0038.jp2)
  57. 9-1 はじめに / p65 (0038.jp2)
  58. 9-2 実験と計測の方法 / p67 (0039.jp2)
  59. 9-3 鋼床版橋下面での熱移動 / p67 (0039.jp2)
  60. 9-4 下面を断熱した鋼床版橋の温度変化 / p67 (0039.jp2)
  61. 9-5 閉断面リブと開断面リブの違い / p69 (0040.jp2)
  62. 9-6 RC床版橋での熱移動 / p70 (0041.jp2)
  63. 9-7 まとめ / p70 (0041.jp2)
  64. 第10章 潜熱蓄熱材封入による凍結抑制―鋼床版開断面リブ橋での実測― / p71 (0041.jp2)
  65. 10-1 潜熱蓄熱材封入工法の原理 / p71 (0041.jp2)
  66. 10-2 潜熱蓄熱材・舗装の特性 / p72 (0042.jp2)
  67. 10-3 実験の方法 / p73 (0042.jp2)
  68. 10-4 代表的な降雪日の効果 / p73 (0042.jp2)
  69. 10-5 シーズン通じての降雪時の効果 / p75 (0043.jp2)
  70. 10-6 代表的な結露凍結日の効果 / p77 (0044.jp2)
  71. 10-7 シーズン通じての結露凍結時の効果 / p78 (0045.jp2)
  72. 10-8 結露凍結時の滑り抵抗での効果測定 / p79 (0045.jp2)
  73. 第11章 潜熱蓄熱材封入による凍結抑制―鋼床版Uリブ橋での施工と実測― / p81 (0046.jp2)
  74. 11-1 はじめに / p81 (0046.jp2)
  75. 11-2 施工方法 / p81 (0046.jp2)
  76. 11-3 計測対象の構造 / p83 (0047.jp2)
  77. 11-4 結露凍結時の代表的な温度変化と効果 / p85 (0048.jp2)
  78. 11-5 シーズン通じた結露凍結時の効果 / p85 (0048.jp2)
  79. 11-6 開断面リブとの比較 / p85 (0048.jp2)
  80. 11-7 まとめ / p86 (0049.jp2)
  81. 第12章 橋梁路面の凍結と潜熱蓄熱材によるその抑制の数値シミュレーション / p88 (0050.jp2)
  82. 12-1 はじめに / p88 (0050.jp2)
  83. 12-2 モデル式 / p88 (0050.jp2)
  84. 12-3 床版下面の熱伝達率 / p92 (0052.jp2)
  85. 12-4 潜熱潜熱蓄熱材の取り扱い / p93 (0052.jp2)
  86. 12-5 実測による数値シミュレーションの検証 / p94 (0053.jp2)
  87. 12-6 第9章から第12章のまとめ / p98 (0055.jp2)
  88. 第13章 結論 / p100 (0056.jp2)
  89. 参考文献 / p102 (0057.jp2)
  90. 本研究に関する筆者の発表論文など / p106 (0059.jp2)
  91. 謝辞 / p109 (0060.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173188
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000173464
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000337502
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ