グアガム分解酵素遺伝子のクローニングと大腸菌での発現に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 吉田, 清司 ヨシダ, セイジ

書誌事項

タイトル

グアガム分解酵素遺伝子のクローニングと大腸菌での発現に関する研究

著者名

吉田, 清司

著者別名

ヨシダ, セイジ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士(農学)

学位授与番号

乙第10180号

学位授与年月日

1999-05-24

注記・抄録

博士論文

新制・論文博士

乙第10180号

論農博第2245号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0005.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  4. 第2章 グアガム分解菌の分離同定および諸性質 / p3 (0009.jp2)
  5. 第1節 グアガム分解菌の分離および同定 / p3 (0009.jp2)
  6. ・上中の細菌数 / p4 (0010.jp2)
  7. ・菌株の分離 / p6 (0012.jp2)
  8. ・菌株の同定 / p6 (0012.jp2)
  9. 第2節 グアガム分解菌Bacillus circulans K-1株の諸性質 / p7 (0013.jp2)
  10. ・K-1株の生長培養およびグアガムの分解 / p10 (0016.jp2)
  11. ・生育に対するpH、温度およびNaClの影響 / p12 (0018.jp2)
  12. ・水溶性高分子および糖類の分解資化性 / p13 (0019.jp2)
  13. ・他の細菌によるグアガムの分解 / p14 (0020.jp2)
  14. ・グアガム分解における糖量の測定 / p16 (0022.jp2)
  15. 第3章 Bacillus circulans K-1 株による酵素産生条件 / p20 (0026.jp2)
  16. 第1節 酵素活性の測定 / p20 (0026.jp2)
  17. ・粘度低下率と時間との関係 / p21 (0027.jp2)
  18. ・酵素量と酵素活性との関係 / p21 (0027.jp2)
  19. ・酵素量と粘度低下率との関係 / p21 (0027.jp2)
  20. ・酵素活性と粘度低下率との関係 / p21 (0027.jp2)
  21. 第2節 酵素の産生条件 / p24 (0030.jp2)
  22. ・酵素の分泌 / p25 (0031.jp2)
  23. ・炭素源および窒素源の影響 / p26 (0032.jp2)
  24. ・撹拌および培養温度による影響 / p28 (0034.jp2)
  25. ・pHおよびグアガム濃度による影響 / p29 (0035.jp2)
  26. 第4章 グアガム分解酵素の精製と性質 / p32 (0038.jp2)
  27. 第1節 グアガム分解酵素の精製 / p32 (0038.jp2)
  28. ・DEAEヒルロースカラムによる精製 / p33 (0039.jp2)
  29. ・Bio-gel,P-100による精製 / p34 (0040.jp2)
  30. ・連続溶出ゲル電気泳動による精製 / p34 (0040.jp2)
  31. ・精製ステップにおける精製概要 / p38 (0044.jp2)
  32. 第2節 グアガム分解酵素の諸性質 / p39 (0045.jp2)
  33. ・分子量と等電点 / p40 (0046.jp2)
  34. ・N-末端側のアミノ酸配列 / p42 (0048.jp2)
  35. ・酵素活性に及ぼすPHおよび温度の影響 / p44 (0050.jp2)
  36. ・酵素活性に及ぼす金属イオンおよび試薬の影響 / p44 (0050.jp2)
  37. ・基質特異性 / p45 (0051.jp2)
  38. 第5章 グアガム分解酵素遺伝子のクローニングと発現 / p48 (0054.jp2)
  39. ・グアガム分解酵素遺伝子のサブクローニング / p53 (0059.jp2)
  40. ・グアガム分解酵素遺伝子の全塩基配列の解析 / p53 (0059.jp2)
  41. ・グアガム分解酵素遺伝子の大腸菌での発現 / p56 (0062.jp2)
  42. ・アミノ酸配列のホモロジー検索 / p54 (0060.jp2)
  43. ・大腸菌で発現したグアガム分解酵素遺伝子の分子量およびN―末端側のアミノ酸配列 / p62 (0068.jp2)
  44. 第6章 総括 / p66 (0072.jp2)
  45. 謝辞 / p71 (0077.jp2)
  46. 参考文献 / p72 (0078.jp2)
10アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173436
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000173712
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000337750
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ