人工レセプターによるフラビンの機能制御に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 加治木, 武 カジキ, タケシ

書誌事項

タイトル

人工レセプターによるフラビンの機能制御に関する研究

著者名

加治木, 武

著者別名

カジキ, タケシ

学位授与大学

群馬大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

工博甲第116号

学位授与年月日

1999-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. フラビン酵素 / p1 (0006.jp2)
  4. フラビン酵素モデル / p4 (0009.jp2)
  5. 第1章 フラビンレセプターの合成とフラビンとの会合 / p12 (0017.jp2)
  6. 1-1 フラビンレセプターの設計 / p12 (0017.jp2)
  7. 1-2 フラビンレセプターの合成 / p16 (0021.jp2)
  8. 1-3 フラビンとレセプターの会合 / p23 (0028.jp2)
  9. 1-4 結論 / p41 (0046.jp2)
  10. 第2章 レセプター分子からの水素結合によるフラビンの反応性制御(1) / p44 (0049.jp2)
  11. 2-1 アポ酵素からフラビン補酵素への水素結合 / p44 (0049.jp2)
  12. 2-2 フラビンと基質の酸化反応に及ぼすレセプターの水素結合の効果 / p48 (0053.jp2)
  13. 2-3 結論 / p62 (0067.jp2)
  14. 第3章 レセプター分子からの水素結合によるフラビンの反応性制御~フラビンセミキノンラジカルの安定化~ / p66 (0071.jp2)
  15. 3-1 フラビンセミキノンラジカル / p66 (0071.jp2)
  16. 3-2 レセプターによる6-AzaFlのセミキノンラジカルの安定化 / p72 (0077.jp2)
  17. 3-3 グアニジニウムイオンを二つ有するレセプター6を用いた6-AzaFlのアニオンラジカルの安定化 / p78 (0083.jp2)
  18. 3-4 結論 / p80 (0085.jp2)
  19. 第4章 レセプター分子からの水素結合によるフラビンの反応性制御(2) / p82 (0087.jp2)
  20. 4-1 二つのグアニジニウムイオンによる6-AzaFlの反応性制御 / p82 (0087.jp2)
  21. 4-2 結論 / p89 (0094.jp2)
  22. 第5章 レセプター分子によるFMNの選択的認識 / p91 (0096.jp2)
  23. 5-1 多重認識による選択的なゲストの認識 / p91 (0096.jp2)
  24. 5-2 レセプターの合成 / p96 (0101.jp2)
  25. 5-3 レセプターとFMNの会合 / p103 (0108.jp2)
  26. 5-4 結論 / p110 (0115.jp2)
  27. 第6章 実験操作 / p113 (0118.jp2)
  28. 6-1 機器および試薬 / p113 (0118.jp2)
  29. 6-2 レセプターの合成 / p113 (0118.jp2)
  30. 6-3 フラビンの合成 / p141 (0146.jp2)
  31. 6-4 測定 / p145 (0150.jp2)
  32. 第1章の測定 / p145 (0150.jp2)
  33. 第2章の測定 / p146 (0151.jp2)
  34. 第3章の測定 / p150 (0155.jp2)
  35. 第4章の測定 / p150 (0155.jp2)
  36. 第5章の測定 / p152 (0157.jp2)
  37. 参考文献 / p153 (0158.jp2)
  38. 謝辞 / p157 (0162.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173531
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000173807
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000337845
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ