レーザ照射によるアルミナ溶射皮膜とC/Cコンポジットの熱衝撃強度の評価に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 斉, 祝民 サイ, シュクミン

書誌事項

タイトル

レーザ照射によるアルミナ溶射皮膜とC/Cコンポジットの熱衝撃強度の評価に関する研究

著者名

斉, 祝民

著者別名

サイ, シュクミン

学位授与大学

群馬大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

工博甲第131号

学位授与年月日

1999-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒言 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 セラミック材料の熱応力破壊 / p2 (0006.jp2)
  4. 1.2 熱衝撃破壊抵抗 / p3 (0007.jp2)
  5. 1.3 熱応力破壊の統一理論 / p4 (0008.jp2)
  6. 1.4 クェンチング法による熱衝撃強度の評価法 / p6 (0010.jp2)
  7. 1.5 レーザ照射法における熱衝撃強度の評価法 / p15 (0019.jp2)
  8. 1.6 これまでの溶射皮膜の熱衝撃強度に関する研究 / p15 (0019.jp2)
  9. 1.7 研究目的と方法 / p19 (0023.jp2)
  10. 1.8 参考文献 / p19 (0023.jp2)
  11. 第2章 実験方法・実験結果 / p22 (0026.jp2)
  12. 2.1 Al₂O₃セラミック溶射試験片の作成 / p24 (0028.jp2)
  13. 2.2 レーザ照射実験装置 / p26 (0030.jp2)
  14. 2.3 レーザ照射実験 / p29 (0033.jp2)
  15. 2.4 まとめ / p36 (0040.jp2)
  16. 2.5 参考文献 / p36 (0040.jp2)
  17. 第3章 熱伝導・熱応力の解析方法の導入 / p38 (0042.jp2)
  18. 3.1 軸対称問題 / p39 (0043.jp2)
  19. 3.2 熱伝導方程式(軸対称) / p40 (0044.jp2)
  20. 3.3 熱弾性方程式(軸対称) / p41 (0045.jp2)
  21. 3.4 研究問題に対するモデル化 / p43 (0047.jp2)
  22. 3.5 レーザ出力密度P(W/mm²)の時間履歴 / p45 (0049.jp2)
  23. 3.6 材料物性値と熱伝達係数 / p45 (0049.jp2)
  24. 3.7 FEMの応用について / p46 (0050.jp2)
  25. 3.8 複合体のモデルにおける要素分割方法 / p47 (0051.jp2)
  26. 3.9 まとめ / p48 (0052.jp2)
  27. 3.10 参考文献 / p48 (0052.jp2)
  28. 第4章 FEMによる熱伝導・熱応力の計算 / p50 (0054.jp2)
  29. 4.1 熱伝導解析による温度分布 / p52 (0056.jp2)
  30. 4.2 熱弾性解析による応力分布 / p63 (0067.jp2)
  31. 4.3 まとめ / p90 (0094.jp2)
  32. 4.4 参考文献 / p90 (0094.jp2)
  33. 第5章 レーザ出力密度Pと直径Dの熱応力に及ぼす影響 / p92 (0096.jp2)
  34. 5.1 レーザ照射変化による熱伝導解析 / p93 (0097.jp2)
  35. 5.2 レーザ照射変化による熱応力解析 / p98 (0102.jp2)
  36. 5.3 最大引張・圧縮応力の発生位置 / p104 (0108.jp2)
  37. 5.4 レーザビーム径と最大応力の関係 / p104 (0108.jp2)
  38. 5.5 熱衝撃破壊臨界曲線 / p106 (0110.jp2)
  39. 5.6 実験による熱衝撃破壊臨界曲線の検討 / p107 (0111.jp2)
  40. 5.7 残留応力の検討 / p112 (0116.jp2)
  41. 5.8 まとめ / p112 (0116.jp2)
  42. 5.9 参考文献 / p113 (0117.jp2)
  43. 第6章 レーザ熱衝撃によるC/Cコンポジットの評価 / p115 (0119.jp2)
  44. 6.1 C/Cコンポジット試験片のモデル化 / p116 (0120.jp2)
  45. 6.2 FEMによる熱伝導・熱応力の計算結果 / p117 (0121.jp2)
  46. 6.3 熱衝撃実験 / p121 (0125.jp2)
  47. 6.4 C/Cコンポジット試験片の熱衝撃破壊臨界曲線 / p122 (0126.jp2)
  48. 6.5 まとめ / p124 (0128.jp2)
  49. 6.6 参考文献 / p125 (0129.jp2)
  50. 第7章 結言 / p127 (0131.jp2)
  51. 付録(Appendix) / p130 (0134.jp2)
  52. A.1 プラズマ溶射について / p131 (0135.jp2)
  53. A.2 軸対称における熱伝導基礎方程式の導入 / p139 (0143.jp2)
  54. A.3 軸対称における熱弾性基礎方程式の導入 / p144 (0148.jp2)
  55. A.4 有限要素法における要素の形状関数 / p152 (0156.jp2)
  56. A.5 軸対称体の有限要素方程式及び解法 / p159 (0163.jp2)
  57. A.6 有限要素法における軸対称体の熱伝導と熱応力の数値解析法 / p171 (0175.jp2)
  58. A.7 熱伝導解析をするユーザ・サブルーチン / p174 (0178.jp2)
  59. A.8 MARCで熱伝導解析をするデータとプログラム / p175 (0179.jp2)
  60. A.9 MARCで熱応力解析をするデータとプログラム / p176 (0180.jp2)
  61. A.10 参考文献 / p177 (0181.jp2)
  62. 謝辞 / p178 (0182.jp2)
  63. 研究業績リスト / p179 (0183.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173546
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000173822
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000337860
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ