直結形バイナリタービンシステムの力学的挙動に関する研究 chokketsugata bainari tabin shisutemu no rikigakuteki kyodo ni kansuru kenkyu

この論文をさがす

著者

    • 丹澤, 祥晃 タンザワ, ヨシアキ

書誌事項

タイトル

直結形バイナリタービンシステムの力学的挙動に関する研究

タイトル別名

chokketsugata bainari tabin shisutemu no rikigakuteki kyodo ni kansuru kenkyu

著者名

丹澤, 祥晃

著者別名

タンザワ, ヨシアキ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第1282号

学位授与年月日

1998-06-18

注記・抄録

博士論文

制度:新 ; 文部省報告番号:甲1282号 ; 学位の種類:博士(工学) ; 授与年月日:1998-06-18 ; 早大学位記番号:新2665 ; 理工学図書館請求番号:2242

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 記号表 / p4 (0005.jp2)
  3. 1.緒言 / p1 (0008.jp2)
  4. 1・1 バイナリタービンシステムの概要 / p1 (0008.jp2)
  5. 1・2 背景 / p3 (0009.jp2)
  6. 1・3 本研究の目的 / p6 (0011.jp2)
  7. 1・4 本研究の概要 / p7 (0011.jp2)
  8. 2.バイナリタービンシステムの有効性 / p10 (0013.jp2)
  9. 2・1 各種タービンシステムとの比較 / p10 (0013.jp2)
  10. 2・2 作動媒体の選定に関する算定調査 / p19 (0017.jp2)
  11. 2・3 まとめ / p30 (0023.jp2)
  12. 3.実験用システムの定常特性 / p31 (0023.jp2)
  13. 3・1 実験用システムの概要 / p31 (0023.jp2)
  14. 3・2 主要構成機器の概要 / p34 (0025.jp2)
  15. 3・3 定常特性実験の概要 / p45 (0032.jp2)
  16. 3・4 実験結果とその検討 / p46 (0033.jp2)
  17. 3・4 まとめ / p60 (0040.jp2)
  18. 4.システムの動作性に関するモデル / p61 (0040.jp2)
  19. 4・1 モデル化の概要 / p61 (0040.jp2)
  20. 4・2 システムの回路モデルの構築 / p62 (0041.jp2)
  21. 4・3 システム全体の回路論的表現 / p74 (0047.jp2)
  22. 5.システムの動特性実験とモデルの妥当性の検討 / p76 (0048.jp2)
  23. 5・1 動特性実験の概要 / p76 (0048.jp2)
  24. 5・2 実験結果とその検討 / p79 (0049.jp2)
  25. 5・3 まとめ / p91 (0055.jp2)
  26. 6.構成要素の諸特性がシステムに及ぼす効果 / p92 (0056.jp2)
  27. 6・1 R11蒸発器のコンダクタンスの効果 / p93 (0056.jp2)
  28. 6・2 R11蒸発器の容積効果 / p96 (0058.jp2)
  29. 6・3 熱コンダクタンスの異なる熱交換器をR11蒸発器として用いた場合のシステムの特性 / p97 (0058.jp2)
  30. 6・4 まとめ / p102 (0061.jp2)
  31. 7.熱水による排熱回収系を付帯するシステム / p103 (0061.jp2)
  32. 7・1 システムの概要 / p103 (0061.jp2)
  33. 7・2 システムの定常特性 / p104 (0062.jp2)
  34. 7・3 算定モデルの概要 / p109 (0064.jp2)
  35. 7・4 動特性の評価 / p113 (0066.jp2)
  36. 7・5 まとめ / p116 (0068.jp2)
  37. 8.結言 / p117 (0068.jp2)
  38. 謝辞 / p120 (0070.jp2)
  39. 参考文献 / p121 (0070.jp2)
  40. 付録 / A-1 / (0075.jp2)
  41. 1.実験用バイナリタービンシステムの構成機器の仕様 / A-1 / (0075.jp2)
  42. 1・1 主要構成機器の仕様 / A-1 / (0075.jp2)
  43. 1・2 システム中の制御系について / A-5 / (0077.jp2)
  44. 1・3 その他の補機について / A-11 / (0080.jp2)
  45. 1・4 実験用システムの構成 / A-17 / (0083.jp2)
  46. 2.熱水による排熱回収系を付帯するシステム / A-27 / (0088.jp2)
  47. 2・1 システム構成の概要 / A-27 / (0088.jp2)
  48. 2・2 システムの構成機器 / A-27 / (0088.jp2)
  49. 3.R123を用いたシステムへの改変について / A-31 / (0090.jp2)
  50. 3・1 低沸点媒体R123について / A-31 / (0090.jp2)
  51. 3・2 R123とR11の比較 / A-31 / (0090.jp2)
  52. 3・3 R123の利用状況 / A-32 / (0091.jp2)
  53. 3・4 代替に伴うシステムの変更点 / A-32 / (0091.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173561
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000173837
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000337875
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ