μ-dioxo型酸素錯体での酸素開裂とPolythiophenyleneの生成

この論文をさがす

著者

    • Agus, Haryono アグス, ハリヨノ

書誌事項

タイトル

μ-dioxo型酸素錯体での酸素開裂とPolythiophenyleneの生成

著者名

Agus, Haryono

著者別名

アグス, ハリヨノ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第1305号

学位授与年月日

1999-03-15

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0005.jp2)
  2. 第1章 μ-oxo架橋型複核錯体の特徴 / p1 (0008.jp2)
  3. 1.1 0xo架橋型複核錯体の多電子移動過程 / p1 (0008.jp2)
  4. 1.2 酸素分子の活性化と分子変換 / p8 (0012.jp2)
  5. 1.3 多電子移動の制御 / p13 (0014.jp2)
  6. 1.4 複核錯体の多電子移動過程を利用する酸化重合 / p17 (0016.jp2)
  7. 1.5 スルホニオ基を利用した可溶性前駆体 / p21 (0018.jp2)
  8. 参考文献 / p24 (0020.jp2)
  9. 第2章 酸素分子の活性化と多電子移動過程 / p29 (0022.jp2)
  10. 2.1 マンガン複核錯体に媒介される水の多電子酸化反応 / p29 (0022.jp2)
  11. 2.2 マンガン複核錯体の特徴と酸素開裂反応 / p40 (0028.jp2)
  12. 2.3 多核錯体構造と多電子移動過程 / p47 (0031.jp2)
  13. 2.4 酸素活性化を利用する有機化合物の酸化反応 / p52 (0034.jp2)
  14. 参考文献 / p55 (0035.jp2)
  15. 第3章 μ-oxo複核錯体に媒介される酸素4電子還元 / p61 (0038.jp2)
  16. 3.1 μ-oxo鉄複核錯体の合成と特徴 / p61 (0038.jp2)
  17. 3.2 結晶解析と酸素配位部位 / p67 (0041.jp2)
  18. 3.3 複核錯体の溶液物理化学 / p74 (0045.jp2)
  19. 3.4 酸素配位と4電子還元の観測 / p81 (0048.jp2)
  20. 3.5 酸素分子の開裂とその機構解明 / p88 (0052.jp2)
  21. 参考文献 / p89 (0052.jp2)
  22. 第4章 μ-oxo複核錯体を利用した酸素多電子過程の制御 / p93 (0054.jp2)
  23. 4.1 配位効果による多電子過程の制御 / p93 (0054.jp2)
  24. 4.2 酸素配位構造と多電子過程の相関 / p98 (0057.jp2)
  25. 4.3 高分子錯体複合膜の多電子過程を利用する酸素開裂反応 / p104 (0060.jp2)
  26. 参考文献 / p108 (0062.jp2)
  27. 第5章 酸素分子の活性化を利用した芳香族化合物の酸化重合 / p111 (0063.jp2)
  28. 5.1 芳香族スルホキシド化合物の酸化重合 / p111 (0063.jp2)
  29. 5.2 高分子量poIy(thiophenyIene)の生成反応 / p118 (0067.jp2)
  30. 5.3 スルホニオ基架橋型の共役オリゴ(p-フェニレン) / p126 (0071.jp2)
  31. 5.4 μ-oxo鉄複核錯体触媒を用いたピロールの酸素酸化重合 / p135 (0075.jp2)
  32. 参考文献 / p142 (0079.jp2)
  33. 第6章 ポリスルホニウム化合物の光化学特性 / p146 (0081.jp2)
  34. 6.1 フェニル基を有する新規ポリスルホニウムの合成 / p146 (0081.jp2)
  35. 6.2 長鎖アルキル基を有するポリスルホニウムの合成とその熱特性 / p160 (0088.jp2)
  36. 6.3 ポリスルホニウムの光開裂反応 / p166 (0091.jp2)
  37. 6.4 光プロトン酸発生の確認と光開始重合 / p174 (0095.jp2)
  38. 参考文献 / p181 (0098.jp2)
  39. 第7章 将来展望 / p184 (0100.jp2)
  40. 7.1 μ-oxo複核錯体を媒介する酸素4電子還元のまとめ / p184 (0100.jp2)
  41. 7.2 酸化重合への将来展望 / p185 (0100.jp2)
  42. 7.3 エネルギー変換系の展開に関する将来展望 / p185 (0100.jp2)
  43. 参考文献 / p187 (0101.jp2)
  44. 研究業績 / p188 (0102.jp2)
  45. 謝辞 / p192 (0104.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173584
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000173860
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000337898
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ