集合行動論の展開 shugo kodoron no tenkai : hakushi ronbun

この論文をさがす

著者

    • 土屋淳二 ツチヤ, ジュンジ

書誌事項

タイトル

集合行動論の展開

タイトル別名

shugo kodoron no tenkai : hakushi ronbun

著者名

土屋淳二

著者別名

ツチヤ, ジュンジ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士(文学)

学位授与番号

甲第1326号

学位授与年月日

1999-02-09

注記・抄録

博士論文

制度:新 ; 文部省報告番号:甲1326号 ; 学位の種類:博士(文学) ; 授与年月日:1999/2/9 ; 早大学位記番号:新2759

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. □まえがき / p1 (0006.jp2)
  3. 第1部 シカゴ学派集合行動論の展開 / (0011.jp2)
  4. □第1章 R.E.パークの社会過程論と集合行動―古典的群集心理学から社会学へ― / p6 (0012.jp2)
  5. 1.視座の設定 / p6 (0012.jp2)
  6. 2.社会過程論における集合行動の位置 / p11 (0017.jp2)
  7. 3.小括 / p16 (0022.jp2)
  8. □第2章 R.E.パークの『群集と公衆』論―「集合行動論」としての視座の展開― / p20 (0026.jp2)
  9. 1.群集の性格特性 / p20 (0026.jp2)
  10. 2.公衆の性格特性 / p22 (0028.jp2)
  11. 3.パークにみる視座の特質 / p28 (0034.jp2)
  12. □第3章 H.ブルーマーにみる視座の継承と発展―非シンボリック/シンボリック相互作用論― / p33 (0039.jp2)
  13. 1.社会的感染論を越えて / p33 (0039.jp2)
  14. 2.集合行動と社会的相互作用 / p35 (0041.jp2)
  15. 3.集合行動と秩序変動 / p39 (0045.jp2)
  16. 4.初期シカゴ学派集合行動論の視座 / p41 (0047.jp2)
  17. □第4章 創発規範理論の展開―シカゴ学派集合行動論の新たな地平にむけて― / p49 (0055.jp2)
  18. 1.視座の設定 / p49 (0055.jp2)
  19. 2.理論モデルの構成 / p55 (0061.jp2)
  20. 3.創発規範理論の問題点 / p61 (0067.jp2)
  21. □第5章 シカゴ学派集合行動論の現代的位相―理論的潮流の形成と戦略― / p67 (0073.jp2)
  22. 1.理論化への軌跡 / p68 (0074.jp2)
  23. 2.視座の継承と発展 / p74 (0080.jp2)
  24. 3.社会運動研究へのシカゴ・アプローチ / p83 (0089.jp2)
  25. 4.展望 / p87 (0093.jp2)
  26. 第2部 理論の精緻化にむけて / (0101.jp2)
  27. □第6章 N.J.スメルサーの価値付加理論―社会変動と集合行動の理論化にむけての問題― / p95 (0102.jp2)
  28. 1.価値付加理論のモデル構成 / p95 (0102.jp2)
  29. 2.集合行動へのマクロ的視点 / p101 (0108.jp2)
  30. 3.価値付加図式の問題点 / p106 (0113.jp2)
  31. 4.演繹的理論としての問題 / p112 (0119.jp2)
  32. □第7章 S.B.I.アプローチの展開―集合行動論の方法論的精緻化にむけて― / p118 (0125.jp2)
  33. 1.集合行動の定義問題 / p119 (0126.jp2)
  34. 2.行為の集合化プロセス / p122 (0129.jp2)
  35. 3.S.B.I.アプローチのモデル構成 / p126 (0133.jp2)
  36. 4.モデル展開の可能性 / p138 (0145.jp2)
  37. □第8章 社会運動研究における視座の展開 ―資源動員論への対抗戦略と理論的統合への可能性― / p143 (0150.jp2)
  38. 1.資源動員論―社会運動への組織論的アプローチ― / p145 (0152.jp2)
  39. 2.集合行動論批判 / p147 (0154.jp2)
  40. 3.批判の評価と資源動員論の問題点 / p150 (0157.jp2)
  41. 4.展望―理論的統合への可能性― / p160 (0167.jp2)
  42. 第3部 災害社会学と集合行動論―実証への試み― / (0179.jp2)
  43. □第9章 災害研究における集合行動論的視座の展開 / p172 (0180.jp2)
  44. 1.災害研究における視座の設定 / p172 (0180.jp2)
  45. 2.災害緊急時行動としての集合行動 / p175 (0183.jp2)
  46. 3.危機的社会と集合行動 / p178 (0186.jp2)
  47. 4.組織論的アプローチの接合 / p182 (0190.jp2)
  48. 5.災害研究における視座の拡張 / p184 (0192.jp2)
  49. □第10章 災害ボランティア類型論再考―災害ボランティア研究序説― / p191 (0199.jp2)
  50. 1.災害ボランティア行動の特質 / p191 (0199.jp2)
  51. 2.創発集団としての災害ボランティア / p195 (0203.jp2)
  52. 3.集合行動類型図式 / p197 (0205.jp2)
  53. 4.類型モデルの精緻化にむけて / p198 (0206.jp2)
  54. □第11章 災害ボランティア研究への視角―阪神・淡路大震災事例(1)― / p205 (0213.jp2)
  55. 1.災害ボランティアの定義 / p205 (0213.jp2)
  56. 2.災害ボランティア類型 / p206 (0214.jp2)
  57. 3.災害ボランティア行動への影響要因 / p213 (0221.jp2)
  58. 4.展望 / p218 (0226.jp2)
  59. □第12章 災害ボランティア行動の展開過程―阪神・淡路大震災事例(2)― / p222 (0230.jp2)
  60. 1.事例 / p222 (0230.jp2)
  61. 2.活動ライフ・ヒストリー / p234 (0242.jp2)
  62. 3.展望 / p243 (0251.jp2)
  63. □第13章 災害ボランティア行動にみる資源問題―阪神・淡路大震災事例(3)― / p248 (0256.jp2)
  64. 1.資源としての災害ボランティア / p248 (0256.jp2)
  65. 2.被災地における社会問題とニーズの変容過程 / p250 (0258.jp2)
  66. 3.災害ボランティア行動の展開過程 / p253 (0261.jp2)
  67. 4.資源動員問題 / p255 (0263.jp2)
  68. □あとがき / p260 (0268.jp2)
50アクセス

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173605
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000173881
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000337919
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ