ガラス体液が誘導する血管内皮細胞の細胞死

この論文をさがす

著者

    • 花嶋, かりな ハナシマ, カリナ

書誌事項

タイトル

ガラス体液が誘導する血管内皮細胞の細胞死

著者名

花嶋, かりな

著者別名

ハナシマ, カリナ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士(理学)

学位授与番号

甲第1358号

学位授与年月日

1999-03-15

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / (0005.jp2)
  3. 1-1 ガラス体血管新生抑制因子に関する従来の研究 / p2 (0006.jp2)
  4. 1-2 アスコルビン酸に関する従来の研究 / p5 (0009.jp2)
  5. 第2章 牛ガラス体液による細胞死 / (0012.jp2)
  6. 2-1 方法 / p9 (0013.jp2)
  7. 2-2 牛ガラス体液による血管内皮細胞の細胞死 / p12 (0016.jp2)
  8. 第3章 細胞死誘導因子の同定 / (0021.jp2)
  9. 3-1 方法 / p18 (0022.jp2)
  10. 3-2 牛ガラス体液中の細胞死誘導因子の性状の解析 / p21 (0025.jp2)
  11. 3-3 ガラス体液の粗分画 / p24 (0028.jp2)
  12. 3-4 クロマトグラフィーによる細胞死誘導因子の精製 / p28 (0032.jp2)
  13. 3-5 細胞死誘導因子の同定 / p35 (0039.jp2)
  14. 3-6 アスコルビン酸の細胞死誘導活性 / p41 (0045.jp2)
  15. 第4章 細胞死機構の検討 / (0048.jp2)
  16. 4-1 方法 / p45 (0049.jp2)
  17. 4-2 アスコルビン酸毒性の機序 / p46 (0050.jp2)
  18. 4-3 アスコルビン酸による細胞死の機構 / p53 (0057.jp2)
  19. 第5章 血管新生阻害活性の検討 / (0061.jp2)
  20. 5-1 方法 / p58 (0062.jp2)
  21. 5-2 培養細胞のアスコルビン酸に対する感受性 / p61 (0065.jp2)
  22. 5-3 酸素濃度とVEGFのアスコルビン酸毒性に対する影響 / p66 (0070.jp2)
  23. 5-4 アスコルビン酸の管腔形成阻害効果 / p70 (0074.jp2)
  24. 第6章 考察 / (0077.jp2)
  25. 6-1 研究結果 / p74 (0078.jp2)
  26. 6-2 アスコルビン酸の細胞毒性 / p75 (0079.jp2)
  27. 6-3 アスコルビン酸の細胞死誘導構 / p76 (0080.jp2)
  28. 6-4 ガラス体内におけるアスコルビン酸の機能 / p79 (0083.jp2)
  29. 6-5 アスコルビン酸と眼内血管新生の関連 / p84 (0088.jp2)
  30. 6-6 無血管組織とアスコルビン酸との関連 / p88 (0092.jp2)
  31. 6-7 今後の展望 / p90 (0094.jp2)
  32. 謝辞 / p91 (0095.jp2)
  33. 参考文献 / p92 (0096.jp2)
  34. 研究業績 / p103 (0107.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173637
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000173913
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000337951
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ