古代エジプト・クフ王「第1の船」の復原に関する研究 : 現行復原の検証と新復原案の提示 kodai ejiputo kufuo daiichi no fune no fukugen ni kansuru kenkyu : genko fukugen no kensho to shin fukugen'an no teiji

この論文をさがす

著者

    • 吉村, 作治 ヨシムラ, サクジ

書誌事項

タイトル

古代エジプト・クフ王「第1の船」の復原に関する研究 : 現行復原の検証と新復原案の提示

タイトル別名

kodai ejiputo kufuo daiichi no fune no fukugen ni kansuru kenkyu : genko fukugen no kensho to shin fukugen'an no teiji

著者名

吉村, 作治

著者別名

ヨシムラ, サクジ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

乙第1463号

学位授与年月日

1999-03-04

注記・抄録

博士論文

制度:新 ; 文部省報告番号:乙1463号 ; 学位の種類:博士(工学) ; 授与年月日:1999-03-4 ; 早大学位記番号:新2837 ; 理工学図書館請求番号:2375

目次

  1. 序論 / p1 (0004.jp2)
  2. 第1章 研究に至る経緯と目的、意義 / p2 (0005.jp2)
  3. 1 クフ王ピラミッド脇に副葬された2隻の船 / p2 (0005.jp2)
  4. 2 「第1の船」現行復原の概要(用語解説) / p8 (0008.jp2)
  5. 3 「第1の船」現行復原の問題点 / p12 (0010.jp2)
  6. 4 「第2の船」発掘、復原プロジェクトの開始と本研究の目的、意義 / p14 (0011.jp2)
  7. 第2章 既往研究 / p16 (0012.jp2)
  8. 1 エジプト考古局による「第1の船」に関する報告 / p16 (0012.jp2)
  9. 2 他の研究者による補足研究 / p18 (0013.jp2)
  10. 3 古王国時代の大工が用いた符合のヒエラティック文字に関する研究 / p20 (0014.jp2)
  11. 4 古王国時代のレリーフ、壁画に描かれた船に関する研究 / p23 (0015.jp2)
  12. 第3章 用いる資料と研究方法 / p24 (0016.jp2)
  13. 1 「第1の船」復原担当者アーメドから入手した資料 / p24 (0016.jp2)
  14. 2 博物館での「第1の船」の観察 / p27 (0017.jp2)
  15. 3 未公表ヒエラティック文字の分析 / p28 (0018.jp2)
  16. 4 模型による復原シミュレーション / p29 (0018.jp2)
  17. 5 古王国時代のレリーフ、壁画を用いた新復原案の検討 / p30 (0019.jp2)
  18. 本論 / p31 (0019.jp2)
  19. 第1章 未公表ヒエラティック文字による部材配置の指示 / p32 (0020.jp2)
  20. 第1節 未公表ヒエラティック文字の概要 / p32 (0020.jp2)
  21. 1 未公表ヒエラティック文字の発見 / p32 (0020.jp2)
  22. 2 未公表ヒエラティック文字が印されていた部材 / p36 (0022.jp2)
  23. 3 未公表ヒエラティック文字の構成 / p38 (0023.jp2)
  24. 第2節 甲板梁に見る未公表ヒエラティック文字の番付システム / p40 (0024.jp2)
  25. 1 現状の甲板梁の配列に沿って並べた未公表ヒエラティック文字 / p40 (0024.jp2)
  26. 2 甲板梁の番付システム / p44 (0026.jp2)
  27. 第3節 天蓋梁に見る未公表ヒエラティック文字の番付システム / p45 (0026.jp2)
  28. 1 天蓋梁の分類と未公表ヒエラティック文字 / p45 (0026.jp2)
  29. 2 天蓋梁の番付システム / p47 (0027.jp2)
  30. 第4節 天蓋柱に見る未公表ヒエラティック文字の番付システム / p48 (0028.jp2)
  31. 1 天蓋柱の分類と未公表ヒエラティック文字 / p48 (0028.jp2)
  32. 2 天蓋柱の番付システム / p52 (0030.jp2)
  33. 第5節 肋骨に見る未公表ヒエラティック文字の番付システム / p54 (0031.jp2)
  34. 1 肋骨の未公表ヒエラティック文字 / p54 (0031.jp2)
  35. 2 肋骨の番付システム / p56 (0032.jp2)
  36. 第6節 小結 / p57 (0032.jp2)
  37. 第2章 「第1の船」の新復原案 / p64 (0036.jp2)
  38. 第1節 「第1の船」現行復原と新復原案の全体像の比較 / p64 (0036.jp2)
  39. 第2節 天蓋の新復原案 / p68 (0038.jp2)
  40. 1 現行復原による天蓋の問題点 / p68 (0038.jp2)
  41. 2 甲板室天蓋の新たな復原考察 / p71 (0039.jp2)
  42. 3 前甲板天蓋の新たな復原考察 / p74 (0041.jp2)
  43. 4 後甲板天蓋の新たな復原考察 / p78 (0043.jp2)
  44. 第3節 舵櫂、漕櫂の新復原案 / p80 (0044.jp2)
  45. 1 現行復原による舵櫂、漕櫂の問題点 / p80 (0044.jp2)
  46. 2 舵櫂の新たな復原考察 / p82 (0045.jp2)
  47. 3 漕櫂の新たな復原考察 / p85 (0046.jp2)
  48. 第4節 小結 / p86 (0047.jp2)
  49. 第3章 「第1の船」の建造手順 / p88 (0048.jp2)
  50. 第1節 船体下部の建造手順 / p88 (0048.jp2)
  51. 1 船底板と舷側板の組み立て / p88 (0048.jp2)
  52. 2 甲板梁の挿入、綱による縫合 / p92 (0050.jp2)
  53. 3 舳先、艣の装着 / p94 (0051.jp2)
  54. 4 肋骨、中央シャフト、舷墻の組み立て / p96 (0052.jp2)
  55. 第2節 船体上部の建造手順 / p99 (0053.jp2)
  56. 1 甲板の組み立て / p99 (0053.jp2)
  57. 2 甲板室の組み立て / p102 (0055.jp2)
  58. 3 船首楼と「踏み台」(現行復原の道板)の組み立て / p106 (0057.jp2)
  59. 4 天蓋の組み立て / p109 (0058.jp2)
  60. 5 舵櫂、漕櫂の組み立て / p111 (0059.jp2)
  61. 第3節 小結 / p113 (0060.jp2)
  62. 第4章 古王国時代のレリーフ、壁画に描かれた船と「第1の船」新復原案 / p116 (0062.jp2)
  63. 第1節 対象の概要 / p116 (0062.jp2)
  64. 1 船形式の限定 / p116 (0062.jp2)
  65. 2 対象の概要 / p119 (0063.jp2)
  66. 第2節 レリーフ、壁画に描かれた船の天蓋 / p123 (0065.jp2)
  67. 1 レリーフ、壁画に描かれた船の天蓋 / p123 (0065.jp2)
  68. 2 「第1の船」新復原案との比較 / p130 (0069.jp2)
  69. 第3節 レリーフ、壁画に描かれた舵櫂 / p131 (0069.jp2)
  70. 1 レリーフ、壁画に描かれた舵櫂 / p131 (0069.jp2)
  71. 2 「第1の船」新復原案との比較 / p145 (0076.jp2)
  72. 第4節 小結 / p147 (0077.jp2)
  73. 結論 / p149 (0078.jp2)
  74. あとがき / p161 (0084.jp2)
  75. 註 / p162 (0085.jp2)
  76. 参考文献 / p167 (0087.jp2)
  77. 資料編 ヒエラティック文字一覧表 資料編図I~X / (0089.jp2)
  78. 新復原案による部位別部材 資料編図XI~XXVII / (0109.jp2)
15アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173738
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174014
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000338052
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ