運転者の心理的生理的反応に基づく林道幾何構造の評価

この論文をさがす

著者

    • 潘, 暁東 ハン, ギョウトウ

書誌事項

タイトル

運転者の心理的生理的反応に基づく林道幾何構造の評価

著者名

潘, 暁東

著者別名

ハン, ギョウトウ

学位授与大学

愛媛大学

取得学位

博士(学術)

学位授与番号

甲農博第220号

学位授与年月日

1998-03-16

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0007.jp2)
  3. 第1節 林道の機能 / p1 (0007.jp2)
  4. 第2節 研究の意義と背景 / p2 (0008.jp2)
  5. 第3節 研究の範囲 / p3 (0009.jp2)
  6. 第2章 林道幾何構造に関する既往の研究 / p5 (0011.jp2)
  7. 第1節 力学的な安定性に基づく林道幾何構造 / p5 (0011.jp2)
  8. 1.運材コストと道路構造 / p5 (0011.jp2)
  9. 2.林道線形と走行速度 / p5 (0011.jp2)
  10. 3.輸送能力を対象にした林道構造 / p7 (0013.jp2)
  11. 4.既設路線の分析に基づく林道規格の検討 / p8 (0014.jp2)
  12. 第2節 人間工学的視点による林道幾何構造の評価法 / p9 (0015.jp2)
  13. 1.産業労働医学の視点からの研究 / p10 (0016.jp2)
  14. 2.心拍数変動を評価尺度にした研究 / p11 (0017.jp2)
  15. 第3節 林道以外の公道における運転者の心理的生理的負担に基づく評価法 / p15 (0021.jp2)
  16. 第3章 心理的生理的反応,特に心拍数と血圧変動の特性 / p18 (0024.jp2)
  17. 第1節 心拍数変動の意味 / p18 (0024.jp2)
  18. 第2節 血圧変動の意味 / p19 (0025.jp2)
  19. 第3節 血圧と心拍数の日変動の標準的傾向 / p21 (0027.jp2)
  20. 第4節 血圧変動と心拍数変動の表現法 / p23 (0029.jp2)
  21. 1.心拍数変動の表現法 / p23 (0029.jp2)
  22. 2.血圧変動の表現法 / p24 (0030.jp2)
  23. 第4章 測定装置 / p25 (0031.jp2)
  24. 第1節 心拍数ならびに血圧の測定装置 / p25 (0031.jp2)
  25. 第2節 実験を供した自動車 / p28 (0034.jp2)
  26. 第3節 その他の測定装置 / p31 (0037.jp2)
  27. 第5章 林道幾何構造評価尺度の解析―山廻り単曲線による心拍数と血圧の変動― / p34 (0040.jp2)
  28. 第1節 実験対象林道と被験者 / p34 (0040.jp2)
  29. 第2節 実験装置と測定因子および実験要因 / p36 (0042.jp2)
  30. 1.測定装置 / p36 (0042.jp2)
  31. 2.測定因子と実験要因 / p37 (0043.jp2)
  32. 第3節 測定方法ならびに測定区間 / p37 (0043.jp2)
  33. 1.測定の方法 / p37 (0043.jp2)
  34. 2.測定区間と測定値 / p38 (0044.jp2)
  35. 第4節 走行速度と結果 / p38 (0044.jp2)
  36. 第5節 心拍数の変動 / p42 (0048.jp2)
  37. 1.測定値の分散分析結果 / p42 (0048.jp2)
  38. 2.走行速度 / p43 (0049.jp2)
  39. 3.走行方向 / p47 (0053.jp2)
  40. 4.曲線半径 / p51 (0057.jp2)
  41. 第6節 最高血圧の変動 / p54 (0060.jp2)
  42. 1.測定値の分散分析 / p54 (0060.jp2)
  43. 2.走行速度 / p55 (0061.jp2)
  44. 3.走行方向 / p58 (0064.jp2)
  45. 4.曲線半径 / p60 (0066.jp2)
  46. 第7節 心拍数変動と最高血圧変動の特徴 / p63 (0069.jp2)
  47. 第8節 摘要 / p66 (0072.jp2)
  48. 第6章 単曲線部における視距の影響 / p68 (0074.jp2)
  49. 第1節 平面曲線 / p68 (0074.jp2)
  50. 1.単曲線の表現法 / p68 (0074.jp2)
  51. 2.視距 / p69 (0075.jp2)
  52. 第2節 実験材料と方法 / p70 (0076.jp2)
  53. 第3節 結果と考察 / p71 (0077.jp2)
  54. 1.最高血圧の増加数と要因 / p71 (0077.jp2)
  55. 2.実測視距相当区間通過所要時間 / p71 (0077.jp2)
  56. 3.実測視距と制動停止視距の差 / p78 (0084.jp2)
  57. 第4節 摘要 / p83 (0089.jp2)
  58. 第7章 山岳林道の線形表現法と最高血圧の変動 / p85 (0091.jp2)
  59. 第1節 序 / p85 (0091.jp2)
  60. 第2節 線形の表現 / p85 (0091.jp2)
  61. 1.予備実験 / p86 (0092.jp2)
  62. 2.線形の表現法 / p89 (0095.jp2)
  63. 第3節 実験条件 / p90 (0096.jp2)
  64. 1.実験対象路線 / p90 (0096.jp2)
  65. 2.被験者と実験装置 / p91 (0097.jp2)
  66. 第4節 測定の方法 / p91 (0097.jp2)
  67. 1.実験対象路線区の線形の測定 / p91 (0097.jp2)
  68. 2.実験ならびに測定方法 / p93 (0099.jp2)
  69. 第5節 結果と考察 / p94 (0100.jp2)
  70. 1.走行速度 / p94 (0100.jp2)
  71. 2.各測定要因に対する重回帰分析 / p96 (0102.jp2)
  72. 3.視距率(区間累計視距/L) / p99 (0105.jp2)
  73. 4.曲線率₂(ΣCL/ΣIPtoIP) / p103 (0109.jp2)
  74. 5.交角総和(Σθ/L) / p108 (0114.jp2)
  75. 第6節 摘要 / p108 (0114.jp2)
  76. 第8章 総括 / p110 (0116.jp2)
  77. 引用文献 / p112 (0118.jp2)
  78. 謝辞 / p117 (0123.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173768
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174044
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000338082
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ