企業社会と日本的経営についての研究

この論文をさがす

著者

    • 判野, 啓一 バンノ, ケイイチ

書誌事項

タイトル

企業社会と日本的経営についての研究

著者名

判野, 啓一

著者別名

バンノ, ケイイチ

学位授与大学

帝京大学

取得学位

博士(経済学)

学位授与番号

乙第2号

学位授与年月日

1999-04-01

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p4 (0006.jp2)
  2. はじめに / p1 (0003.jp2)
  3. 第I部 企業社会とはいかなる社会か / (0009.jp2)
  4. 第1章 企業社会論へのアプローチ / p1 (0010.jp2)
  5. 第1節 従来からの会社主義論の検討 / p1 (0010.jp2)
  6. 第2節 従来からの企業社会論の考察 / p6 (0015.jp2)
  7. 第3節 企業社会とは何か / p9 (0018.jp2)
  8. 第4節 会社人間に根づく集団にこだわる意識 / p12 (0021.jp2)
  9. 注 / p16 (0025.jp2)
  10. 第2章 企業社会分析の視点 / p19 (0028.jp2)
  11. 第1節 新たな日本的経営の視点 / p19 (0028.jp2)
  12. 第2節 企業社会の本質をどう捉えるか / p25 (0034.jp2)
  13. 注 / p29 (0038.jp2)
  14. 第3章 企業社会の特質と逆機能 / p32 (0041.jp2)
  15. 第1節 歴史的視点をどう捉えるか / p32 (0041.jp2)
  16. 第2節 ドーアのみる日本的慣習 / p35 (0044.jp2)
  17. 第3節 後発効果-教育問題への接近 / p39 (0048.jp2)
  18. 注 / p42 (0051.jp2)
  19. 第4章 企業社会を演出する集団にこだわる意識 / p44 (0053.jp2)
  20. 第1節 競争原理の社会的浸透 / p44 (0053.jp2)
  21. 第2節 JIT-集団にこだわる意識の一つの到達点 / p48 (0057.jp2)
  22. 第3節 QCサークルの定着-集団にこだわる意識の効果 / p50 (0059.jp2)
  23. 注 / p53 (0062.jp2)
  24. 第5章 企業社会における文化の考察 / p55 (0064.jp2)
  25. 第1節 企業文化は存在しうるか / p55 (0064.jp2)
  26. 第2節 日本文化と現代社会との確執 / p58 (0067.jp2)
  27. 注 / p61 (0070.jp2)
  28. 第6章 集団にこだわる意識の功と罪 / p63 (0072.jp2)
  29. 第1節 集団にこだわる意識のもたらす一般的光景 / p63 (0072.jp2)
  30. 第2節 本質としての小集団帰属 / p65 (0074.jp2)
  31. 第3節 もう一つの到達点-豊かさの喪失 / p67 (0076.jp2)
  32. 注 / p70 (0079.jp2)
  33. 第II部 企業社会はなぜ形成されたのか-日本的経営の生成と成熟 / (0080.jp2)
  34. 第7章 企業社会の基盤の誕生 / p71 (0081.jp2)
  35. 第1節 温情主義にみる「忠誠」と「競争」のコントロール / p71 (0081.jp2)
  36. 第2節 江戸時代-基盤としての家の社会的広がり / p75 (0085.jp2)
  37. 第3節 経営体の基軸としての商家 / p82 (0092.jp2)
  38. 第4節 藩-武家社会の構造と機能 / p86 (0096.jp2)
  39. 第5節 身分を超越する文化 / p92 (0102.jp2)
  40. 注 / p96 (0106.jp2)
  41. 第8章 黒船来たる-西欧近代国家主義への抵抗 / p100 (0110.jp2)
  42. 第1節 下級武士が推進した近世から近代への転換 / p100 (0110.jp2)
  43. 第2節 近世から近代ヘ-組織基盤としての家を巡る議論 / p104 (0114.jp2)
  44. 第3節 近代工業化への布石 / p108 (0118.jp2)
  45. 第4節 日本的経営-経営家族主義の誕生 / p112 (0122.jp2)
  46. 注 / p117 (0127.jp2)
  47. 第9章 近代から現代への進展 / p121 (0131.jp2)
  48. 第1節 戦前の家族主義の意味 / p121 (0131.jp2)
  49. 第2節 戦後につづく家の論理 / p124 (0134.jp2)
  50. 第3節 家を基盤に-離れられずに-高度成長ヘ- / p128 (0138.jp2)
  51. 第4節 企業社会構築の現実的問題 / p132 (0142.jp2)
  52. 注 / p137 (0147.jp2)
  53. 終章 企業社会の将来をどう見るか / p139 (0149.jp2)
  54. 第1節 何が問題か / p139 (0149.jp2)
  55. 第2節 企業の不祥事の続発の意味 / p142 (0152.jp2)
  56. 第3節 会社人間の質的変化 / p144 (0154.jp2)
  57. 第4節 日本的経営は変わるのか / p146 (0156.jp2)
  58. 第5節 企業社会は生まれ変われるのか / p148 (0158.jp2)
  59. 注 / p150 (0160.jp2)
  60. おわりに / p151 (0161.jp2)
14アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173795
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174071
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000338109
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ