カイウミヒドラの発生制御に関与するペプチド性シグナル分子群の研究

この論文をさがす

著者

    • 勝倉, 由樹 カツクラ, ユキ

書誌事項

タイトル

カイウミヒドラの発生制御に関与するペプチド性シグナル分子群の研究

著者名

勝倉, 由樹

著者別名

カツクラ, ユキ

学位授与大学

石巻専修大学

取得学位

博士(理学)

学位授与番号

甲第2号

学位授与年月日

1999-03-15

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 要旨 / p1 (0006.jp2)
  3. 第1章 序論 / p4 (0009.jp2)
  4. 第2章 材料と方法 / p18 (0023.jp2)
  5. 1.カイウミヒドラ / p19 (0024.jp2)
  6. 2.カイウミヒドラの変態誘導 / p19 (0024.jp2)
  7. 3.ペプチド性シグナル分子 / p21 (0026.jp2)
  8. 4.ペプチド活性試験 / p22 (0027.jp2)
  9. 5.遺伝子発現制御分析 / p23 (0028.jp2)
  10. 6.cDNAクローン分離 / p25 (0030.jp2)
  11. 7.定量的RT-PCR法 / p26 (0031.jp2)
  12. 第3章 実験結果 / p29 (0034.jp2)
  13. 1.プラヌラ形成期に対するHydra-RFamideIの作用 / p30 (0035.jp2)
  14. 2.プラヌラ形成期に対するHym-54の作用 / p31 (0036.jp2)
  15. 3.プラヌラ形成期に対するHydra-RFamideIとHym-54の拮抗作用 / p32 (0037.jp2)
  16. 4.変態期に対するHydra-RFamideIの作用 / p33 (0038.jp2)
  17. 5.遺伝子発現制御 / p35 (0040.jp2)
  18. 6.cDNAクローン分離 / p36 (0041.jp2)
  19. 7.遺伝子発現の比較 / p36 (0041.jp2)
  20. 第4章 考察 / p56 (0061.jp2)
  21. 1.発生制御機構 / p57 (0062.jp2)
  22. 2.ペプチド放出機構 / p59 (0064.jp2)
  23. 3.二重機能ペプチド / p60 (0065.jp2)
  24. 4.標的遺伝子 / p62 (0067.jp2)
  25. 5.まとめと今後の課題 / p63 (0068.jp2)
  26. 引用文献 / p67 (0072.jp2)
  27. 謝辞 / p73 (0078.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173864
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174140
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000338178
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ