分光分析による表面結露の計測に関する基礎的研究

この論文をさがす

著者

    • 宮村, 壽 ミヤムラ, ヒサシ

書誌事項

タイトル

分光分析による表面結露の計測に関する基礎的研究

著者名

宮村, 壽

著者別名

ミヤムラ, ヒサシ

学位授与大学

金沢工業大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第33号

学位授与年月日

1999-03-11

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 研究目的と論文構成 / p2 (0006.jp2)
  4. 1.2 研究背景 / p4 (0008.jp2)
  5. 第2章 結露実験装置と実験方法 / p26 (0030.jp2)
  6. 2.1 表面結露の計測原理 / p27 (0031.jp2)
  7. 2.2 実験装置・計測システムの構築 / p27 (0031.jp2)
  8. 2.3 測定材料の選定 / p35 (0039.jp2)
  9. 2.4 実験方法の検討 / p37 (0041.jp2)
  10. 第3章 結露水量と分光放射輝度の関係に関する考察 / p40 (0044.jp2)
  11. 3.1 結露の進行に伴う計測データの変化 / p41 (0045.jp2)
  12. 3.2 結露水量と分光放射輝度の関係 / p54 (0058.jp2)
  13. 第4章 バンド間比を指標とした表面結露水量の計測 / p59 (0063.jp2)
  14. 4.1 結露水量推定の指標とするバンド間比の抽出 / p60 (0064.jp2)
  15. 4.2 バンド間比を用いた表面結露水量の1次関係式による推定 / p69 (0073.jp2)
  16. 第5章 バンド間比を指標とした表面結露の計測における結露水形態の影響 / p76 (0080.jp2)
  17. 5.1 バンド間比に影響する結露水の形態要因 / p77 (0081.jp2)
  18. 5.2 結露水の成長過程と形態要因の変化 / p87 (0091.jp2)
  19. 5.3 バンド間比による結露水量と結露水の形態指標の関係 / p96 (0100.jp2)
  20. 第6章 結論 / p100 (0104.jp2)
  21. 6.1 本論文のまとめ / p101 (0105.jp2)
  22. 6.2 今後の課題 / p104 (0108.jp2)
  23. 研究業績 / p117 (0121.jp2)
  24. 謝辞 / p123 (0127.jp2)
15アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173866
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174142
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000338180
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ