局所系の損傷過程と全体系の耐震特性を考慮した橋梁システムの耐震設計法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 土田, 貴之 ツチダ, タカユキ

書誌事項

タイトル

局所系の損傷過程と全体系の耐震特性を考慮した橋梁システムの耐震設計法に関する研究

著者名

土田, 貴之

著者別名

ツチダ, タカユキ

学位授与大学

岩手大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第9号

学位授与年月日

1999-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1-1.研究の背景 / p1 (0005.jp2)
  4. 1-2.研究の目的 / p3 (0007.jp2)
  5. 1-3.論文の概要 / p5 (0009.jp2)
  6. 参考文献 / p8 (0012.jp2)
  7. 第2章 耐震設計基準の変遷と耐震設計法の分類 / p10 (0014.jp2)
  8. 2-1.耐震設計基準の変遷 / p10 (0014.jp2)
  9. 2-2.耐震設計法の分類 / p16 (0020.jp2)
  10. 2-3.橋梁システムの概念 / p22 (0026.jp2)
  11. 参考文献 / p26 (0030.jp2)
  12. 第3章 全体系解析モデルを用いた等橋脚ラーメン橋の耐震設計法 / p29 (0033.jp2)
  13. 3-1.概説 / p29 (0033.jp2)
  14. 3-2.対象橋 / p29 (0033.jp2)
  15. 3-3.解析モデル / p31 (0035.jp2)
  16. 3-4.固有値解析 / p32 (0036.jp2)
  17. 3-5.非線形動的解析による弾塑性応答変位の算出 / p33 (0037.jp2)
  18. 3-6.プッシュオーバー解析による局所系の損傷過程と全体系の耐震特性の評価 / p38 (0042.jp2)
  19. 3-7.全体系解析モデルを用いた静的耐震設計法の適用性 / p46 (0050.jp2)
  20. 3-8.結論 / p53 (0057.jp2)
  21. 参考文献 / p54 (0058.jp2)
  22. 第4章 全体系解析モデルを用いた耐震設計法の不等橋脚ラーメン橋への応用 / p55 (0059.jp2)
  23. 4-1.概説 / p55 (0059.jp2)
  24. 4-2.対象橋 / p55 (0059.jp2)
  25. 4-3.解析モデル / p56 (0060.jp2)
  26. 4-4.プッシュオーバー解析による局所系の損傷過程と全体系の耐震特性の評価 / p60 (0064.jp2)
  27. 4-5.結論 / p69 (0073.jp2)
  28. 参考文献 / p70 (0074.jp2)
  29. 第5章 合成構造橋脚の部材特性評価と高橋脚ラーメン橋への適用 / p71 (0075.jp2)
  30. 5-1.概説 / p71 (0075.jp2)
  31. 5-2.鋼製エレメント合成構造橋脚の概要 / p72 (0076.jp2)
  32. 5-3.交番載荷試験による合成構造部材の部材特性評価 / p75 (0079.jp2)
  33. 5-4.対象橋 / p83 (0087.jp2)
  34. 5-5.解析モデル / p83 (0087.jp2)
  35. 5-6.固有値解析 / p84 (0088.jp2)
  36. 5-7.非線形動的解析による耐震安全性の評価 / p85 (0089.jp2)
  37. 5-8.経済的優位性の評価 / p89 (0093.jp2)
  38. 5-9.結論 / p90 (0094.jp2)
  39. 参考文献 / p92 (0096.jp2)
  40. 第6章 橋台固定式橋梁における局所系の損傷過程と全体系の耐震特性を考慮した耐震設計法 / p93 (0097.jp2)
  41. 6-1.概説 / p93 (0097.jp2)
  42. 6-2.対象橋 / p95 (0099.jp2)
  43. 6-3.解析モデル / p96 (0100.jp2)
  44. 6-4.固有値解析 / p103 (0107.jp2)
  45. 6-5.橋軸方向における局所系の損傷過程と全体系の耐震特性 / p105 (0109.jp2)
  46. 6-6.橋軸直角方向における局所系の損傷過程と橋脚系の耐震特性 / p116 (0120.jp2)
  47. 6-7.変動軸力による局所系の耐震特性の変化が橋脚系の耐震性評価に及ぼす影響 / p124 (0128.jp2)
  48. 6-8.結論 / p130 (0134.jp2)
  49. 参考文献 / p132 (0136.jp2)
  50. 第7章 総括 / p134 (0138.jp2)
  51. 謝辞 / p138 (0142.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173961
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174237
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000338275
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ