受聴点近傍のインパルス応答の変化を考慮した室内音場の評価に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 鎌倉, 貴志 カマクラ, タカシ

書誌事項

タイトル

受聴点近傍のインパルス応答の変化を考慮した室内音場の評価に関する研究

著者名

鎌倉, 貴志

著者別名

カマクラ, タカシ

学位授与大学

日本大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第2677号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0004.jp2)
  3. 1.1 緒言 / p1 (0004.jp2)
  4. 1.2 既往の研究と問題点 / p3 (0005.jp2)
  5. 1.3 本論文で取り上げる研究課題 / p7 (0007.jp2)
  6. 第2章 音場における受聴点近傍でのインパルス応答の変化に関する考察 / p10 (0009.jp2)
  7. 2.1 受聴点近傍の応答の変化がモノラル音響指標値に及ぼす影響 / p11 (0009.jp2)
  8. 2.2 受聴点近傍の応答の変化が方向情報を用いた音響指標値に及ぼす影響 / p38 (0023.jp2)
  9. 2.3 第2章のまとめ / p53 (0030.jp2)
  10. 第3章 モノラル音響指標値算出におけるワンポイント応答の干渉による影響の低減方法 / p55 (0031.jp2)
  11. 3.1 マルチマイクロホンを用いた波形干渉の影響の低減方法 / p56 (0032.jp2)
  12. 3.2 低減方法の検証 / p57 (0032.jp2)
  13. 3.3 第3章のまとめ / p63 (0035.jp2)
  14. 第4章 方向情報の指向特性による評価手法 / p64 (0036.jp2)
  15. 4.1 方向情報の指向特性の算出方法 / p64 (0036.jp2)
  16. 4.2 実音場における指向特性による定量化手法の検証 / p67 (0037.jp2)
  17. 4.3 第4章のまとめ / p73 (0040.jp2)
  18. 第5章 受聴点近傍における初期反射音の分離と拡散性の成立に関する測定と評価 / p75 (0041.jp2)
  19. 5.1 拡散性の評価に関する既往の研究 / p76 (0042.jp2)
  20. 5.2 4chマイクロホンの相互相関による短時間拡散度の測定手法の提案 / p80 (0044.jp2)
  21. 5.3 正四面体頂点法を用いた拡散音の分離抽出方法の提案 / p86 (0047.jp2)
  22. 5.4 短時間指向拡散度との比較による分離反射音と拡散音の評価 / p91 (0049.jp2)
  23. 5.5 第5章のまとめ / p103 (0055.jp2)
  24. 第6章 総括 / p105 (0056.jp2)
  25. 謝辞 / p110 (0059.jp2)
  26. 参考文献 / p111 (0059.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174049
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174325
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000338363
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ