分子動力学法を用いた金属人工格子膜形成シミュレーションに関する研究

この論文をさがす

著者

    • 塚本, 新 ツカモト, アラタ

書誌事項

タイトル

分子動力学法を用いた金属人工格子膜形成シミュレーションに関する研究

著者名

塚本, 新

著者別名

ツカモト, アラタ

学位授与大学

日本大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第2684号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0004.jp2)
  3. 1.1 研究の背景 / p1 (0004.jp2)
  4. 1.2 研究の目的 / p3 (0005.jp2)
  5. 1.3 本論分の構成 / p5 (0006.jp2)
  6. 参考文献 / p6 (0007.jp2)
  7. 第2章 計算方法 / p8 (0008.jp2)
  8. 2.1 分子動力学法 / p8 (0008.jp2)
  9. 2.2 原子間ポテンシャル / p20 (0014.jp2)
  10. 参考文献 / p25 (0016.jp2)
  11. 第3章 人工格子膜形成過程のシミュレーション法 / p26 (0017.jp2)
  12. 3.1 原子間ポテンシャルのモデル化 / p26 (0017.jp2)
  13. 3.2 人工格子膜形成過程のモデル化 / p36 (0022.jp2)
  14. 3.3 計算条件 / p45 (0026.jp2)
  15. 参考文献 / p55 (0031.jp2)
  16. 第4章 モンテカルロ法によるスパッタ粒子輸送過程シミュレーション / p56 (0032.jp2)
  17. 4.1 はじめに / p56 (0032.jp2)
  18. 4.2 方法 / p57 (0032.jp2)
  19. 4.3 計算条件 / p65 (0036.jp2)
  20. 4.4 スパッタ粒子の入射エネルギーおよび入射角度分布のスパッタ条件依存性 / p66 (0037.jp2)
  21. 参考文献 / p73 (0040.jp2)
  22. 第5章 Co/Pd、Ni/Pd及びCo/Cu人工格子膜界面構造の検討 / p74 (0041.jp2)
  23. 5.1 Co/Pd人工格子の膜界面構造 / p74 (0041.jp2)
  24. 5.2 Ni/Pd人工格子膜の界面構造 / p101 (0054.jp2)
  25. 5.3 Co/Cu人工格子膜の界面構造 / p129 (0068.jp2)
  26. 第6章 結論 / p159 (0083.jp2)
  27. 謝辞 / p164 (0086.jp2)
  28. 本研究に関する発表 / p165 (0086.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174056
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174332
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000338370
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ