クォーク・反クォーク中間子系の質量スペクトルと構造

この論文をさがす

著者

    • 小田, 隆一 オダ, リュウイチ

書誌事項

タイトル

クォーク・反クォーク中間子系の質量スペクトルと構造

著者名

小田, 隆一

著者別名

オダ, リュウイチ

学位授与大学

日本大学

取得学位

博士(理学)

学位授与番号

甲第2697号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 はじめに / p1 (0004.jp2)
  3. 第2章 中間子の共変的記述法-Boosted LS結合形式 / p3 (0005.jp2)
  4. 2.1 共変振動子クォーク模型 / p3 (0005.jp2)
  5. 2.2 グルーオン交換相互作用-共変カラー・クーロンポテンシャルの導入 / p11 (0009.jp2)
  6. 第3章 クォーク・反クォーク中間子系の質量準位と波動関数-計算手法 / p15 (0011.jp2)
  7. 3.1 展開基底としての共変振動子波動関数 / p15 (0011.jp2)
  8. 3.2 静止系での質量2乗行列 / p16 (0012.jp2)
  9. 第4章 nn、cc、bb中間子系の解析 / p18 (0013.jp2)
  10. 4.1 最小2乗法による模型のパラメーター値の決定 / p18 (0013.jp2)
  11. 4.2 質量準位及び実験値との比較 / p19 (0013.jp2)
  12. 4.3 波動関数 / p29 (0018.jp2)
  13. 4.4 QCD結合定数[数式]の値について / p32 (0020.jp2)
  14. 第5章 重クォーク中間子系の光遷移への応用-簡略化した計算法 / p34 (0021.jp2)
  15. 5.1 電気的遷移過程での実効電流 / p34 (0021.jp2)
  16. 5.2 長波長近似での遷移幅と電気双極子モーメント / p37 (0022.jp2)
  17. 5.3 電気双極子モーメントの簡略化した2通りの計算法 / p42 (0025.jp2)
  18. 5.4 電気双極子モーメントの実験値と理論値の比較 / p45 (0026.jp2)
  19. 第6章 まとめと今後の課題 / p47 (0027.jp2)
  20. 6.1 結果のまとめ / p47 (0027.jp2)
  21. 6.2 今後の課題 / p48 (0028.jp2)
  22. 付録-A nn中間子の波動関数の展開係数 / p50 (0029.jp2)
  23. 付録-B cc中間子の波動関数の展開係数 / p52 (0030.jp2)
  24. 付録-C bb中間子の波動関数の展開係数 / p54 (0031.jp2)
  25. 参考文献 / p56 (0032.jp2)
  26. 謝辞 / p57 (0032.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174069
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174345
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000338383
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ