AHPにおける支配型一斉法および個人・集団の意思決定ストレスに関する研究

この論文をさがす

著者

    • 中西, 昌武 ナカニシ, マサタケ

書誌事項

タイトル

AHPにおける支配型一斉法および個人・集団の意思決定ストレスに関する研究

著者名

中西, 昌武

著者別名

ナカニシ, マサタケ

学位授与大学

日本大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

乙第5481号

学位授与年月日

1999-03-15

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 第1章 研究の目的 / p1 (0003.jp2)
  3. 第2章 従来型AHP(Saaty型AHP)の発展経緯 / p3 (0004.jp2)
  4. 第1節 Saaty型AHPの発展と修正モデル案の展開 / p3 (0004.jp2)
  5. 第2節 Saaty型AHPの負荷問題と簡便的適用モデルの提案 / p11 (0008.jp2)
  6. 第3章 支配型AHP(木下・中西型AHP)の発展経緯 / p19 (0012.jp2)
  7. 第1節 支配的視点に基づく新しいAHP--支配代替案法の提案 / p19 (0012.jp2)
  8. 第2節 AHPの適用における支配的視点と普遍的視点の関係 / p28 (0017.jp2)
  9. 第3節 支配代替案法における追加情報処理への「一斉法」の適用 / p37 (0022.jp2)
  10. 第4章 意思決定ストレスと視点間ストレス(個人内のストレスの構造) / p47 (0027.jp2)
  11. 第1節 AHPにおける意思決定ストレスのモデル化 / p47 (0027.jp2)
  12. 第2節 視点間ストレスに着目したAHPの提案 / p60 (0034.jp2)
  13. 第5章 集団意思決定ストレスと集団合意形成(集団内のストレスの構造) / p75 (0042.jp2)
  14. 第6章 集団合意形成への適用 / p93 (0051.jp2)
  15. 第1節 問題解決シナリオに基づく集団意思決定ストレスとANP手法の合意形成への適用の試み / p93 (0051.jp2)
  16. 第2節 数量化III類による集団AHP見解のパターン解析の試み / p105 (0057.jp2)
  17. 第7章 結論 / p111 (0060.jp2)
  18. 謝辞 / p115 (0062.jp2)
  19. 注および参考文献 / p115 (0062.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174168
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174444
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000338482
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ