熱媒体の沸騰・凝縮現象を利用した形状安定化処理 -ポリエチレン粒子充填潜熱蓄熱システムに関する研究 熱 媒体 沸騰 凝縮 現象 利用 形状 安定化 処理 ポリエチレン 粒子 充填 潜熱 蓄熱 システム

この論文をさがす

著者

    • 李中民 リ, チユウミン

書誌事項

タイトル

熱媒体の沸騰・凝縮現象を利用した形状安定化処理 -ポリエチレン粒子充填潜熱蓄熱システムに関する研究

タイトル別名

熱 媒体 沸騰 凝縮 現象 利用 形状 安定化 処理 ポリエチレン 粒子 充填 潜熱 蓄熱 システム

著者名

李中民

著者別名

リ, チユウミン

学位授与大学

岡山大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第1902号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒言 / p1 (0007.jp2)
  3. 第2章 潜熱蓄熱技術に関する従来の研究 / p5 (0011.jp2)
  4. 第1節 沸騰・凝縮現象を利用した潜熱蓄熱技術及び蓄熱促進法に関する従来の研究 / p5 (0011.jp2)
  5. 1.1 潜熱蓄熱技術の特徴 / p5 (0011.jp2)
  6. 1.2 形状安定化処理潜熱蓄熱材 / p7 (0013.jp2)
  7. 1.3 沸騰・凝縮現象の潜熱蓄熱への利用 / p9 (0015.jp2)
  8. 1.4 潜熱蓄熱の促進法 / p11 (0017.jp2)
  9. 第2節 潜熱蓄熱に関する従来の数値解析方法 / p13 (0019.jp2)
  10. 第3章 形状安定化処理ポリエチレン粒状潜熱蓄熱材及びエチレングリコール水溶液熱媒体の物性評価 / p17 (0023.jp2)
  11. 第1節 緒言 / p17 (0023.jp2)
  12. 第2節 形状安定化処理粒状潜熱蓄熱材の構造 / p18 (0024.jp2)
  13. 第3節 形状安定化処理粒状潜熱蓄熱材の密度の測定法とその評価 / p19 (0025.jp2)
  14. 第4節 形状安定化処理粒状潜熱蓄熱材の比熱および潜熱の測定法とその評価 / p21 (0027.jp2)
  15. 第5節 形状安定化処理粒状潜熱蓄熱材の熱伝導率の測定法とその評価 / p22 (0028.jp2)
  16. 第6節 熱媒体としてのエチレングリコール水溶液の物性 / p25 (0031.jp2)
  17. 6.1 熱媒体の腐食性の検討 / p25 (0031.jp2)
  18. 6.2 エチレングリコール水溶液のサブクール沸騰現象 / p26 (0032.jp2)
  19. 第7節 本章のまとめ / p29 (0035.jp2)
  20. 第4章 熱媒体飽和蒸気の凝縮現象を利用した形状安定化処理粒状潜熱蓄熱材充填蓄熱槽の非定常蓄熱特性 / p33 (0038.jp2)
  21. 第1節 緒言 / p33 (0038.jp2)
  22. 第2節 実験装置及び実験方法 / p33 (0038.jp2)
  23. 2.1 蓄熱方法及び蓄熱装置の概要 / p33 (0038.jp2)
  24. 2.2 実験方法の説明 / p37 (0042.jp2)
  25. 第3節 実験結果及び考察 / p38 (0043.jp2)
  26. 3.1 各蓄熱要素における熱量の算出方法 / p38 (0043.jp2)
  27. 3.2 蓄熱完了時間の定義とその算出方法 / p39 (0044.jp2)
  28. 3.3 蓄熱槽内の温度分布と蓄熱量の経時変化 / p40 (0045.jp2)
  29. 3.4 蓄熱完了時間の無次元整理 / p47 (0052.jp2)
  30. 第4節 数値計算による蓄熱特性の検討 / p50 (0055.jp2)
  31. 4.1 数値計算モデルの導出 / p50 (0055.jp2)
  32. 4.2 蓄熱槽内の各物理量の経時変化 / p54 (0059.jp2)
  33. 第5節 本章のまとめ / p62 (0067.jp2)
  34. 第5章 沸騰・凝縮現象を利用した形状安定化処理粒状蓄熱材充填潜熱蓄熱槽の蓄熱特性 / p65 (0070.jp2)
  35. 第1節 緒言 / p65 (0070.jp2)
  36. 第2節 等熱流束加熱条件における蓄熱特性の検討 / p66 (0071.jp2)
  37. 2.1 実験装置と実験方法 / p66 (0071.jp2)
  38. 2.2 実験結果及び考察 / p70 (0075.jp2)
  39. 2.3 等熱流束加熱条件による蓄熱特性の整理 / p84 (0089.jp2)
  40. 2.4 蓄熱完了時間の無次元整理 / p87 (0092.jp2)
  41. 第3節 等温加熱条件における蓄熱特性の検討 / p91 (0096.jp2)
  42. 3.1 実験装置及び実験方法 / p91 (0096.jp2)
  43. 3.2 実験結果及び考察 / p94 (0099.jp2)
  44. 3.3 等温加熱条件による蓄熱特性の整理 / p109 (0114.jp2)
  45. 第4節 本章のまとめ / p112 (0117.jp2)
  46. 第6章 沸騰・凝縮現象を利用した形状安定化処理粒状蓄熱材充填潜熱蓄熱槽の蓄熱促進の検討 / p117 (0121.jp2)
  47. 第1節 緒言 / p117 (0121.jp2)
  48. 第2節 蓄熱促進用銅パイプの検討 / p118 (0122.jp2)
  49. 第3節 等熱流束加熱条件における蓄熱促進の検討 / p121 (0125.jp2)
  50. 3.1 実験装置の概略と実験方法の説明 / p121 (0125.jp2)
  51. 3.2 実験結果及び考察 / p122 (0126.jp2)
  52. 3.3 等熱流束加熱条件における蓄熱促進効果の整理 / p129 (0133.jp2)
  53. 第4節 等温加熱条件における蓄熱促進の検討 / p132 (0136.jp2)
  54. 4.1 実験装置及び実験方法 / p132 (0136.jp2)
  55. 4.2 実験結果及び考察 / p132 (0136.jp2)
  56. 第5節 本章のまとめ / p139 (0143.jp2)
  57. 第7章 形状安定化処理粒状蓄熱材充填潜熱蓄熱槽の非定常放熱特性 / p143 (0147.jp2)
  58. 第1節 緒言 / p143 (0147.jp2)
  59. 第2節 数値計算:基礎方程式及び数値計算法 / p143 (0147.jp2)
  60. 第3節 放熱実験 / p147 (0151.jp2)
  61. 3.1 放熱実験装置及び実験方法 / p147 (0151.jp2)
  62. 3.2 放熱量の算出方法 / p149 (0153.jp2)
  63. 第4節 計算結果及び考察 / p151 (0155.jp2)
  64. 4.1 蓄熱槽内の温度分布と放熱量の経時変化 / p151 (0155.jp2)
  65. 4.2 熱媒体入口空塔流速と放熱特性の関係 / p152 (0156.jp2)
  66. 4.3 熱媒体人口温度と放熱特性の関係 / p154 (0158.jp2)
  67. 4.4 粒状蓄熱材充填蓄熱槽内の流動抵抗 / p156 (0160.jp2)
  68. 4.5 放熱完了時間の無次元整理 / p157 (0161.jp2)
  69. 第5節 本章のまとめ / p161 (0165.jp2)
  70. 第8章 結言 / p165 (0169.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174284
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174560
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000338598
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ