新規HPLC用充填剤としてのニッケルフタロシアニン固定化シリカゲルとその応用

この論文をさがす

著者

    • 小野田, みどり オノダ, ミドリ

書誌事項

タイトル

新規HPLC用充填剤としてのニッケルフタロシアニン固定化シリカゲルとその応用

著者名

小野田, みどり

著者別名

オノダ, ミドリ

学位授与大学

岡山大学

取得学位

博士(薬学)

学位授与番号

甲第1933号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 HPLC用充填剤としての[化学式]カラムとそのπ-π電子相互作用の共鳴ラマンスペクトルからの評価 / p4 (0006.jp2)
  4. 1-1 緒言 / p4 (0006.jp2)
  5. 1-2 実験の部 / p7 (0007.jp2)
  6. 1-3 結果及び考察 / p10 (0009.jp2)
  7. 1-4 結語 / p16 (0012.jp2)
  8. 第2章[化学式]カラムの持つ分離特性についての検討 / p17 (0012.jp2)
  9. 2-1 緒言 / p17 (0012.jp2)
  10. 2-2 実験の部 / p18 (0013.jp2)
  11. 2-3 結果及び考察 / p24 (0016.jp2)
  12. 2-4 結語 / p39 (0023.jp2)
  13. 第3章[化学式]カラムに対するアシル(アリル)化についての検討 / p40 (0024.jp2)
  14. 3-1 緒言 / p40 (0024.jp2)
  15. 3-2 実験の部 / p42 (0025.jp2)
  16. 3-3 結果及び考察 / p45 (0026.jp2)
  17. 3-4 結語 / p57 (0032.jp2)
  18. 第4章 Ni-PCSn-C₂カラムの持つ分離特性についての検討 / p58 (0033.jp2)
  19. 4-1 緒言 / p58 (0033.jp2)
  20. 4-2 実験の部 / p59 (0033.jp2)
  21. 4-3 結果及び考察 / p61 (0034.jp2)
  22. 4-4 結語 / p71 (0039.jp2)
  23. 第5章[化学式]カラム及びアシル(アリル)化[化学式]カラムの医薬品分析への応用 / p72 (0040.jp2)
  24. 5-1 緒言 / p72 (0040.jp2)
  25. 5-2 実験の部 / p73 (0040.jp2)
  26. 5-3 結果及び考察 / p76 (0042.jp2)
  27. 5-4 結語 / p82 (0045.jp2)
  28. 結語 / p83 (0045.jp2)
  29. 参考文献 / p86 (0047.jp2)
  30. 謝辞 / p89 (0048.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174315
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174591
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000338629
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ